Microsoft謹製Windows 8タブレット「Surface Pro」、6/7国内発売、Officeがついて128GBで99,800円


Surface Pro (Microsoft)

image

MicrosoftがWindows 8発売に併せて発売した自社ブランドタブレット「Surface」。国内ではARMプロセッサ専用OS「Windows RT」を採用した「Surface RT」がすでに発売されていますが、今回Core i5プロセッサとPC用のWindows 8を採用した「Surface Pro」が6/7から発売されることが発表されました。

発売されるSurface Proは128GB版と256GB版(256GB版は世界初の発売とのこと)。Office Home & Business 2013が標準搭載されて、価格は128GBで99,800円、256GBは119,800円となります。

モノとしては魅力的なのですが、Intelの次世代CPU「Haswell」が発表される直前のこのタイミングで、従来CPU「Ivy Bridge」搭載というのは微妙なところか。Haswellはより低消費電力となり、スタンバイ状態で通信を待ち受けるWindows 8の「Connected Standby」にも対応するなど、Windowsタブレットの使い勝手を一段高いところに引き上げるのは確実なので、可能ならばそちらがほしいところ。もちろん次期SurfaceはHaswell搭載となるのでしょうが。

Surface RTといいProといい、国内導入が遅れることで商機を逃しているような気がするのですが、やはりよく言われるように国内PCメーカーへの配慮とかあるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.