EMOBILE、LTEを37.5Mbpsから75Mbpsへ増速するために、HSPAを42Mbps→21Mbpsに減速


LTEサービス 下り(受信時)最大75Mbps対応エリア拡大に伴う下り(受信時)最大42Mbps対応エリアの21Mbps化について (イー・アクセス)
イー・アクセス、EMOBILE LTEの下り最大75Mbpsエリアの拡大を推進!3Gエリアは下り最大21Mbpsへと速度半減に注意 (S-MAX)

EMOBILEの携帯電話サービスは、1.7GHz帯の15MHz幅×2で提供されており、従来はHSPA(いわゆる3G)に5MHz幅×2、LTEに5MHz幅×2、残り5Mbps幅は場所によってHSPAとLTEのどちらかで使用されていました。この残り5MHz幅×2がHSPAで使われればHSPA:42Mbps、LTE:37.5Mbps、LTEで使われればHSPA:21Mbps、LTE:75Mbpsのサービスになります(いずれも下りの理論最高速度です)。

で、従来はHSPAが10MHz幅×2、LTEが5MHz幅×2で運用されている地域が多かったのですが、これからは随時LTEを10MHz幅×2にして75Mbpsに増速する代わりに、HSPAを5MHz幅×2にして21Mbpsに減速しますよという話題です。

世間の高速通信サービスへのニーズが増えていること、SoftBankのグループ企業となり同社のiPhone 5のトラヒックをLTEで受け付けていること(いわゆる「ダブルLTE」)などから、LTEをより重要視するべきと判断したのでしょう。しかし従来の42Mbpsサービス利用者(対応端末:「GP02」、「GP03」、「GD01」、「D41HW」)にしてみれば、まったく使えなくなるわけではないもののサービスレベルの低下を意味するわけで、何らかの救済策が用意されてしかるべきでしょう(実際LTEサービスの乗り換えについて案内される予定)。

LTEサービス(特に国内)は、従来の3G向け周波数帯を転用して導入している関係上、LTEの帯域幅が増えるのと同じタイミングで3Gの帯域幅が減っていくことになります。より高速な新サービスが提供されるのは望ましいことですが、ユーザーが置き去りにならないような配慮だけはお願いしたいところです。

とはいえ、個人的にはもっとドラスティックでもいいと思っていて、EMOBILEは3Gのトラヒックを全部SoftBankに任せてしまって、自社の1.7GHz帯は15MHz幅をすべてLTEに転換してSoftBankにも使わせれば、EMOBILE/SoftBank双方にとってハッピーなのではと感じています。もちろんユーザーには端末交換などで対応することが前提ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.