「v6プラス」のルーター交換工事前にIPv6 IPoEだけ先に有効になった


@nifty光ライフ with フレッツ (@nifty)
IPv6接続サービス「v6プラス」の提供開始について (@nifty)
フレッツ 光ネクスト IPv6 IPoE対応プロバイダ (NTT東日本)

【5/27】@niftyに電話して6/1付の加入手続きを依頼

【6/5】@niftyスタートキットが届き、とりあえずIPv4(PPPoE)を@niftyに切り替え

【6/11】支払方法の登録が完了したものの料金コースが「常時接続開通待ちコース」のまま。7月まで待ち

【7/2】料金コースが「@nifty光ライフ with フレッツ」に変更されたので「v6プラス」申し込み

【7/4】NTT東日本から電話が来ていろいろ案内され、ルーター交換日とv6プラス開始日が確定

【7/4夜】自宅から「フレッツ・v6オプション」を申込

【7/6】IPv6 IPoEが使えるようになっていた←今ここ

@nifty(サービス提供元はJPNE)のIPv4 over IPv6サービス「v6プラス」の工事(というか対応ルーターへの交換)を控えた今日(7/6)、IPv6インターネットへの接続(IPv6 IPoE)だけ先に有効になっていました。v6プラス対応ルーターでなくてもIPv6部分だけは使えるようになるみたいですね。

というわけでしばらくぶりにKDDIのWebページで「via IPv6」が表示されるようになりました。まあ使い勝手は変わらないんですけどね。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.