UQ、「WiMAX 2+」を2013年10月末開始、当初下り110Mbps、2017年には1Gbps超へ


UQコミュニケーションズに2.5GHz帯BWA追加割当認定!TD-LTE互換のWiMAX 2+で2017年には1Gbpsサービス実現へ (S-MAX)
2.5GHz帯新規周波数割当てに伴うWiMAX 2+サービスの提供開始について (UQコミュニケーションズ)

2.5GHz帯の新周波数帯(20Mbps)を用いて2013年10月末に「WiMAX 2+」を開始。最初は下り最大110Mbpsからスタートし、通信方式の拡張や使用帯域の拡大で2017年には下り1Gbpsを超えるサービスを目指すとのこと。端末はWiMAX 2+と従来WiMAXのデュアルモードが提供されるようですが、TD-LTEとの互換性があるWiMAX 2+ですから、TD-LTEオンリーの(たとえばauの)スマートフォンが乗り入れてくることは容易に想像できますね。

実際に1Gbpsが出るわけではもちろんないでしょうが、1/10の100Mbpsくらいは安定して出るようにならないかなあと。それにしても移動系がここまで増速されると、固定系(光ファイバーサービス)にも何かブレークスルーがほしいところですね。(現状の1Gbps共有ではなく)1Gbps占有とかでもいいから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.