SoftBankの「ダブルLTE」を今さら実感してみる


すっかり手あかのついたノウハウですが、iPhoneでは「*3001#12345#*」に発信することでフィールドテストモードを起動でき、現在受信している電波の種類や周波数を知ることができます。

iphone_field_test

SoftBankが「プラチナバンド」(3G・900MHz帯)を始めた時にはよく調べていたのですが、LTEになってからしばらく放っていたのでふと調べてみたところ、SoftBankが売りにしているイー・モバイルの1.7GHz帯LTEを利用した「ダブルLTE」が機能している様子を観測できました。

まずこちら。Freq Band Indicatorが1(=2.1GHz帯)なのでSoftBank網ですね。周波数幅は5MHzです。

image

札幌中心部ではLTEの周波数幅が10MHzになっている様子も観測されました。SoftBankはiPhone 5s/5cの発売タイミングで「倍速ダブルLTE」と称してLTEの帯域幅を(イー・モバイル網も含めて)10MHzにする予定ですが、一部では先行して10MHz化されているようです。

image

こちらはFreq Band Indicatorが3(=1.7GHz帯)なのでイー・モバイル網ですね。私の行動範囲では、イー・モバイル網で10MHz化されているところはありませんでしたが、今後の「倍速ダブルLTE」施策で順次10MHz化されていくのでしょう。

image

ダブルLTEは首都圏都市部からのスタートと発表されていたためすっかり油断していました。発表されたのがこの3月ですから、半年でずいぶん広がったということでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.