グループ企業の強み、SoftBank・EMOBILE・WILLCOMの相互通話定額サービス開始へ


「ウィルコム/イー・モバイル通話定額」サービス、11月28日提供開始 (SoftBank)
「ソフトバンク/ウィルコム通話定額」サービス提供開始について (EMOBILE)
「ソフトバンク/イー・モバイル通話定額」の提供について (WILLCOM)

SoftBankが、いまやグループ企業となったEMOBILE(イー・アクセス)、WILLCOMと相互に通話が定額になるサービスを開始します。

基本的には月額210円(税込)、無料となるのは午前1時~午後9時となりますが、細かいところで色々とあるようです。

【SoftBank】

以下条件のいずれかに合致する場合は定額料が無料となります。
・ソフトバンク株主であること
・契約年数が10年以上であること

【EMOBILE】

対象となるのは「EMOBILE 4G-S」回線となります。4G-SはもともとSoftBankの回線によるサービスで、SoftBank回線とはもともと通話定額(午前1時~午後9時)を提供していましたが、追加210円/月を払うことで4G-S以外のEMOBILEやWILLCOM回線とも通話定額になるというサービスです。つまりサービス名は「ソフトバンク/ウィルコム通話定額」ですが、実体を正しく言い表すならば「EMOBILE 4G-S以外のイー・モバイル/ウィルコム通話定額」となります

【WILLCOM】

以下条件に合致する場合は定額料が無料となります。
・契約年数が10年以上であること

一番わかりづらいのはEMOBILEですね。サービス名と実体が全く一致していないのはどうかと(かと言って実態に合わせるとそれはそれでおかしな事になりますがw)。それにしてもこういうサービスを見るとSoftBankは今や巨大通信グループなのだと実感しますね。

グループ企業の強み、SoftBank・EMOBILE・WILLCOMの相互通話定額サービス開始へ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.