セブン銀行のサービス変更でフィーチャーフォンが大量サポート外に


セブン銀行口座に関するサービス内容の変更(臨時休止・一部サービスの終了を含む)のお知らせ (セブン銀行)

セブン-イレブンのATMでおなじみのセブン銀行がサービス内容をいろいろと変更するそうで、それに伴いサービスの臨時休止が案内されています。今回注目したいのは、モバイルバンキングを利用できなくなる携帯電話(フィーチャーフォン)の機種。Webページではこちらに案内されています。自宅には封書でお知らせが届きました。

sevenbank_001

sevenbank_002

本筋に関係ないですが「softbank」ではなく「SoftBank」だろと思ってしまいます。

さて内容を見ていくと、docomoについてはiモードブラウザ1.0の機種がまるっと切り捨てられている感じです。このタイミングでクイックログオン機能が廃止されるとアナウンスされているので、Cookieが使えないiモードブラウザ1.0端末はサポートできないのでしょう。いっぽうauとSoftBankは結構最近の機種まで列挙されており、auにいたっては2013年9月発売の最新機種GRATINAまでリストされています。ブラウザが読み込めるページサイズとかいろいろ都合はありそうですが、フィーチャーフォンのサポートコストを圧縮したいというのが本音なのではないでしょうか。

こんなところにもフィーチャーフォンを軽視する空気が感じられ、少々さびしい気もしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.