月別アーカイブ: 2014年7月

【残念】IODATAの新型ホテルルーター:大きすぎ


I-O DATA 11ac対応 5GHz+2.4GHz同時接続可能 無線LANホテル用ルーター WN-AC583TRK (Amazon.co.jp)

IODATAの新型ホテルルーター「WN-AC583TRK」は、5GHz帯802.11ac(433Mbps)と2.4GHz帯802.11nテクノロジー(150Mbps)を同時に利用できる初のホテルルーターということで、Amazonで予約していたのですが、本日(7/19)Amazonより先にヨドバシで販売されていました。

……予想以上に大きかったですorz。

ちょっとしたモバイルルーターくらいの大きさで、常に持ち歩く感じではなくなってしまっていました。5GHz帯と2.4GHz帯の同時利用ができるホテルルーターではELECOMのWRH-H300WHが(802.11nまでの対応ですが)いい感じの大きさになっていたので、これが802.11ac対応してくれたらなと思ったり。

Y!mobile船出、Webページがさびしい


ワイモバイル、新サービス・新商品発表会を開催!新料金プランやスマホ2機種&PHSケータイ4機種など新機種7機種――8月1日より「Y!mobile」ブランドもスタート (S-MAX)

今日(7/17)はイー・アクセスとウィルコムを合併させたワイモバイルが「Y!mobile」ブランド、新機種、サービスを一斉に発表しました。その辺の話題はS-MAXを読んでいただくとしてw、

ワイモバイル株式会社

新ブランドの船出なのに何でこんなにWebページがシンプルなの?

image

なんとなくこのページは本来のトップページではないのだろうという推測はつきますが、現状「http://ymobile.jp」とかたたいてもこのページに転送されてしまいます。新ブランドの使用は8/1からということなので、そのタイミングで大々的にお披露目されることを期待。

SANSUNGがGALAXY Tab SのWi-Fiモデルをキャリアを通さずに販売


サムスン電子、ハイスペックタブレット「GALAXY Tab S」を8月1日に日本国内で発売!7月18日よりGALAXY SHOPにて事前予約および先行タッチ&トライも実施 (S-MAX)

974ea6a8

SAMSUNGのタブレット「GALAXY Tab S」が8/1から全国のGALAXY SHOPにて販売されます。GALAXY Tab自体は日本でもそれほど珍しい存在ではないのですが、キャリアを通さないWi-FiモデルをSAMSUNG自身が販売するのは国内初めてなんですね。

ラインナップは10インチと8.4インチの2種類が用意され、10インチが59,800円程度、8.4インチが49,800円程度。Nexus 7 (2012)がだいぶん見劣りするようになってきたので、8.4インチにちょっと興味が。

それはそうとこのサイズの有機EL、品質(特に色むらとか焼き付きとか)どうなんでしょうね。ちょっと店頭で見てみたい感じ。

【S-MAX・記事掲載報告】Android Wearでスクリーンショット取得


スマートウォッチでも画面を保存したい!Googleの「Android Wear」でスクリーンショットを撮る方法【ハウツー】 (S-MAX)

c8d3f309

「LG G Watch」などのAndroid Wearスマートウォッチ端末でスクリーンショットを取得する方法の記事です。基本的にはAndroidスマートフォンやタブレットと同じく、開発者向けオプションを有効→ADBデバッグを有効→開発環境に接続という手順なのですが、Windowsでやろうとするとデバイスドライバーがないという事態に。記事ではMacまたはLinuxを推奨していますが、ドライバーさえ何とかなればWindowsでも同じことができます。

上の写真は記事見出しですが、何気に拙作「札幌地下鉄Push」を紛れ込ませています。このアプリでは通知をAndroid Wearに最適化済みですのでよろしければお試しください(ニッチ過ぎるという話もありますねw)。

【CodeZine・記事掲載報告】Wijmo(ウィジモ)のWebスプレッドシートSpreadJS


Webでスプレッドシートが使える「Wijmo(ウィジモ)」のSpreadJS (CodeZine)

wijmo_spreadjs

CodeZineに掲載しているJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の連載記事、今回はWebページにExcelのようなスプレッドシートを表示できるコンポーネント「SpreadJS」の紹介です。

Google ドキュメントやOffice OnlineのようにWebブラウザでスプレッドシートを表示することは珍しくなくなりましたが、それを自分で作れるかというと話は別。こういうソフトウェア部品を使うと開発の幅がグッと広がります。とりあえずサンプルコードを実行すれば動くようにしておいたので、よろしければお試しください。