月別アーカイブ: 2014年8月

【S-MAX・記事掲載報告】Android Wearの定義済み音声コマンド


腕時計でタクシーを呼ぶ未来は設計済み!Googleのスマートウォッチ「Android Wear」の音声コマンドをサンプルアプリで試してみる【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】 (S-MAX)

4e874048

今回の連載記事はGoogleのスマートウォッチ「Android Wear」の音声コマンドについて。タクシーを呼ぶコマンドがOSレベルで定義されているのが興味深いなと思ったのでいろいろ試してみました。

今回は音声コマンドのIntentを受けてそれっぽく表示するサンプルアプリを作ってみました。今後は記事で作ったサンプルアプリは可能な限りGitHubに公開したいなと。S-MAXの読者層にどれだけ響くかわかりませんが。

個人的にAndroid Wearに搭載されてほしいAPIのNo.1は「OK, Google」のカスタマイズ機能。「行け、鉄人!」とか「キット!」とかにしたい人多そうなんですけど、まあGoogleがそんなことするとも思えませんね。

「Yahoo! カーナビ」が意外と実用的で震える


Yahoo! カーナビ (Yahoo!)

image

Google マップやNAVITIMEなど、今までもスマートフォンにカーナビをさせるアプリはいくつかありましたが、このジャンルに新星「Yahoo! カーナビ」が登場しました。車にスマホホルダーがようやく装備されたので実際に試してみましたが、もう笑っちゃうくらい市販カーナビですねw。画面表示から操作性から案内の仕方から、スマホのカーナビアプリというよりはもう「スマホのプラットフォームにカーナビのソフトを作りこんだ」感じです。

個人的に象徴的だと思っているのは、地図のズームイン・ズームアウトボタン。スマホの地図アプリでズームイン・アウトを行うならばピンチイン・アウトが自然な動作ですが、運転しながらの操作でピンチイン・アウトは現実的ではありません。Yahoo! カーナビが「カーナビ風」ではなく本当に「カーナビ」を志向していることをよく表しています。

image

実際にスマホ(Xperia Z SO-02E、Nexus 5)で使ってみましたが、少なくともポータブルナビゲーション程度の実力は持っているのではと思いました。車の方向や位置に関しては車から情報をもらえる据え付けナビにはかないませんが、決しておもちゃではなく、きちんと実用的に使えるカーナビになっています。

Yahoo! はこれでどうマネタイズするつもりなのでしょうか。このアプリの地図オフライン版を作って、アプリごとカーナビメーカーにライセンスするとかどうでしょうかね。

どちら向きでも挿せる「USB Type-C」規格で従来のUSB機器はごみと化す?


表裏なしのUSBコネクタ「Type-C」登場へ、仕様確定 (アプリオ)

USBの新コネクタ規格である「Type-C」は、PC側と周辺機器側で形が異なったり、標準・mini・microのような大きさの違う規格が合ったりした従来のUSBコネクタをすべて置き換えることができる新規格です。現状スマートフォンの充電によく使われるマイクロBコネクタとほぼ同じサイズで、USB 3.0(および3.1以降)の規格に対応し、AppleのLightningコネクタのように表裏なくどちら向きにも挿せるようになります。

Type-Cコネクタを採用したスマートフォンを早く手にしたいところですが、気になるのは従来コネクタの行方。片方が従来コネクタ、もう片方がype-Cというケーブルや、従来コネクタとType-Cの変換アダプタが仕様書に記載されているので、少なくともこの数年は心配することはないかと思います。ただ長期的にはみんなType-Cになってしまうんでしょうねぇ。

Android Wearスマートウォッチ「LG G Watch」がアップデートしたので端子電圧を測ってみた


image

経緯はこちらをご参照ください。LG G Watchの充電端子が裏側(肌に触れる面)についていて、かつ常に電圧がかかっているため、汗で通電して腐食するという話題です。

それで、その不具合を修正したアップデート(ビルド番号:KMV78Y)が来たので、問題の端子電圧を測ってみました。まずアップデート前はこちら。端子に上から1番~5番と番号を付けて、テスターを当てて測定しています。

プラス極 マイナス極 観測値(V)
1 2 -1.48
1 3 -1.78
1 4 0.00
1 5 0.00
2 3 0.00
2 4 1.42
2 5 1.43
3 4 0.00
3 5 1.71
4 5 0.00

次にアップデート後はこちら。変化があった場所に色を付けてみました。

プラス極 マイナス極 観測値(V)
1 2 -1,47
1 3 0.00
1 4 0.00
1 5 0.00
2 3 1.35
2 4 1.36
2 5 1.43
3 4 0.00
3 5 0.00
4 5 0.00

なんだか全部が全部0Vになるわけじゃないんですね。1-3や3-5が0Vになった一方で、従来0Vだった2-3に電圧がかかるようになったり、よくわからない状況です。電圧がかかることで腐食が起こるのなら、この状況でも腐食するように思うのですが大丈夫なのでしょうか? 素肌につけるものなので少々怖い感じです。この事態が判明してからLG G Watchを装着するのをやめていますが、もうしばらくこのままかなと。

【S-MAX・記事掲載報告】MR03LNとIIJmioの組み合わせでIPv6


モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR03LN」がアップデートでIPv6に対応!IIJmioのIPv6サービスを堪能しつつ、セキュリティ問題に思いをはせる【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】 (S-MAX)

12ee448e

最初からモバイルネットワークでIPv6が使いたくてIIJmioを選んでいましたが、MR03LNのIPv6対応アップデートがずいぶん遅れてこんな時期になってしまいました(さらにすぐに公開停止になってしまうし……)。

モバイルWi-Fiルーターは例外なくIPv6対応してほしいところですが、記事に書いたように「IPv6を意識しないことによるセキュリティリスク」も存在するのでサポート的に難しいのでしょうか。