BUFFALOの802.11ac新製品、まずはローエンドから


高速Wi-Fi「11ac」への移行・通信改善に便利。 お求めやすい11ac対応無線LAN親機及び パソコン用USB3.0接続11ac対応無線LAN子機を発売 (BUFFALO)

親機の「WHR-1166DHP」は、CESで発表していた製品のうちローエンド品ですね。無線部は802.11acの866Mbpsまで対応です。面白いのは有線部で、WAN側だけがは1000BASE-T(1Gbps)で、LAN側は100BASE-TX(100Mbps)/10BASE-T(10Mbps)までの対応となっています。単純に無線アクセスポイントにするならWAN側しか使わないわけで、合理的な割り切りと思います。ただしビームフォーミングやアドバンスドQoSには非対応。割り切りのかいあって9,000円(税別)とお手頃価格になっています。

whr-1166dhp_m1

なお866Mbps対応のUSB子機「WI-U3-866D」も同時に発表されています。

wi-u3-866d_m1

自宅のWi-Fiはどうせスマートフォンやらタブレットやらしかつながっていないので、802.11ac対応するにしてもローエンド品で十分かもしれません。ただやはりハイエンド品のモデルチェンジも見てみたいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.