SkyDriveは「OneDrive」へ


Microsoft OneDrive (Microsoft)

onedrive

ちょっと前の話題ですが、Microsoftのオンラインストレージサービス「SkyDrive」が名称変更して「OneDrive」となりました。Web画面やドメイン、iOSやAndroidアプリなどが一斉にOneDriveに変更されるという見事な手さばき。感覚的には1日以内のタイムラグですべてOneDriveになった印象です。

ただしiOSやAndroidのアプリはSkyDriveアプリのアップデートでOneDriveになったため、内部的なアプリ識別名称には従来通りSkyDriveの文言を含むよう。AndroidについてはGoogle PlayのWebサイトURLから容易に判別することができます。

image

PC用のSkyDrive同期アプリも知らないうちにOneDriveに名称が変わっていました。同期フォルダの「C:\Users\<ユーザー名>\SkyDrive」も「~\OneDrive」に変更される用意周到ぶり。ただしこのフォルダ名はエイリアス的なもののようで、コマンド プロンプトからたどっていくと「~\SkyDrive」フォルダが見えます。いったんログアウトして同期をやり直せば本当にフォルダ名がOneDriveに変わります。

現時点で(私が知る限り)唯一SkyDriveの名称が変わっていないのはWindows 8.1に組み込まれたSkyDrive機能。OSの一部ということで簡単にアップデートできないのかもしれません。

image

image

名称に関する訴訟でSkyDriveの名称が使えなくなったMicrosoftですが、OneDriveという名称も悪くないと思います。Microsoftには「災い転じて福となす」を体現して、OneDriveをより良いサービスとしてほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.