【買った】バッファローの802.11ac対応ホテルルーターは小さい!軽い!


QRsetup エアステーション 11ac/n/a/g/b 433/150Mbps 無線LAN親機 ブルー WMR-433-BL (Amazon.co.jp)

ホテルの有線LANに接続して使うことが想定された超小型Wi-Fiルーターにバッファローから新顔が。「WMR-433」は5GHz帯802.11ac(最大433Mbps)と、2.4GHz帯802.11n(最大150Mbps)に対応した製品です。

wmr-433

802.11ac対応超小型ルーターはこれまでエレコムとNECから製品が発売されていますが(2014/4/30追記:プラネックスも出していますね)、今回のバッファローはこれらより小さく軽く、持ち歩きにうれしい仕様に仕上がっています。またこの手の製品には珍しい5色ラインナップなのも物欲をそそるところ。今回は青をチョイスしてみました。

ホテルルーターとしての割り切りか、設定項目はそれほど多くありません。ルーターモードとブリッジモードの切り替え、SSIDやセキュリティの設定が可能です。PPPoEクライアント機能は持っていませんので、フレッツ光の場合はすでに他のルーターでPPPoE接続が確立されていることが前提となるためでご注意を。

どこにも情報のないIPv6関連の話題としては、ブリッジモード・ルーターモードともIPv6利用可能です(ルーターモードはIPv6パススルーが常にONで、OFFにする設定項目はなし)。

なお初期ファームウェアでは、WPS接続を行うとSSID・暗号化キーが勝手に変更される制限事項があるようです。発売直前に判明して、偉い人が大した問題ではないとかいって販売を強行した雰囲気。

WMR-433(ファームウェア Ver.1.00)でのWPS接続時の注意事項 (バッファロー)

しばらく使った限りでは発熱量もそれほど多くなく、(上記の制限事項は置いておいて)動作は安定している印象です。ただし一度ブリッジモードに切り替えると、設定画面を出すのにクライアント側IPアドレスを手動で設定しなければならず面倒なので、事実上ルーターモードで利用する機器と考えておいたほうがよいでしょう。

image(取扱説明書より)

個人的には気に入ったので、カバン内常備Wi-FiルーターをロジテックのLAN-W300N/RSからこれに入れ替えて運用しようかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.