新言語SwiftはObjective-Cアレルギーの開発者に福音か


Swift Programming Language (Apple Developer)

image

アップルの開発者会議「WWDC」で発表された新プログラミング言語「Swift」。従来のObjective-Cの制限から脱却してよりモダンな言語体系になったというもっぱらの評判です。以下NDAに抵触しないよう気をつけながら、雑談レベルでいろいろ書いてみたいなと。

Objective-Cもそれはそれで次第に書きやすくなってはきていたんですよね。プロトタイプ宣言の省略やプロパティ記述の簡易化、ARCの導入によりretain、release、autorelease関連のわかりづらさもなくなりましたし、iOSの初期から開発をしていた身としては「後から開発を始める人は資料も環境もそろっていて楽だな」といつも思っていたものです。

※iOS以前の開発者の皆様の前では私もまだまだひよっこなのは承知しています。

SwiftはObjective-Cと大きく変わっているようで、実はMacやiOSのAPI(Cocoa、Cocoa Touch)はすべてObjective-Cと同じように呼び出せ、SwiftとObjective-Cをファイル単位で混ぜてアプリを作ることもできます。なので実際に使うと見た目ほど変わっていないのではないかとも思っています。Xcodeの入力支援をうまく使えば言語仕様をあまり知らなくても見よう見まねで使えてしまうのではと甘い期待もしていたり。

ただこれから参入しようとするエンジニアにとっては、(少なくとも見た目の)記法が独特だったObjective-Cより、どこかで見たことがあるようなSwiftのほうが心理的抵抗感が少ないのはそうだろうなと思います。iOSアプリ開発でObjective-Cがハードルになるとという話題は意外とよく聞こえてくるので、SwiftがiOSアプリ開発者のすそ野を広げることは十分ありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.