携帯電話各社の音声定額導入でLTEシフトへの障害が心配


KDDI、au向け国内通話定額とと6つのデータ定額オプションの新料金プラン「カケホとデジラ」を発表!国内初の家族でデータを贈れる「データギフト」も導入 (S-MAX)

auの新料金「カケホとデジラ」音声通話定額と一人ひとりに合った選べる6つのデータ定額サービス (KDDI)
カケホーダイ&パケあえる (docomo)
スマ放題 (SoftBank)

KDDIが通話定額プラン「カケホとデジラ」を発表して、結局大手三社が基本使用料2,700円で通話定額+通信量で選択可能なパケット定額というパターンに落ち着きました。各社細かい違いはありますが、ほぼ横並びと言っていいでしょう。

複数台持ちのガジェクラさんにしてみれば、持っている端末全部が全部通話定額である必要もないわけで、むしろ現在の基本使用料(980円くらい)+選択可能なパケット定額という線のほうが使いやすそうですが、世の中ガジェクラさんがマジョリティではないので仕方ないのかと。

でもLTEシフトで音声(3G)の帯域を削っているところに音声定額とか大丈夫なんですかね。VoLTEとか言ってもみんながみんなすぐVoLTEになるわけでもないし。これがもとで3Gの帯域を削れないとかなったらちょっといやかも。だから早くVoLTEを。とにかくVoLTE。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.