Android Wearスマートウォッチ「LG G Watch」、充電端子の腐食問題でソフトウェアアップデートへ


LG issues update for G Watch to stop corrosion in terminal pins (Android Central)

Googleが提案するスマートウォッチ「Android Wear」の第一弾として登場した「LG G Watch」に、充電端子の腐食問題が出ているようです。

G Watchの充電(+データ通信)端子はボディ裏側の左下にあります。ど真ん中ではないのですが、皮膚に当たる可能性のある場所にあるのは事実。この端子に常に電圧がかかっているため、汗(=塩分を含んだ水)により腐食が進んでしまうようです。確かに自分のG Watchも気が付いたら少し腐食が始まっていました。

そこで実際に端子にテスターを当ててみました。端子に上から1番~5番と番号を付けると、それぞれの電圧は以下の通り。組み合わせにより結構な電圧がかかっているのがわかります。

プラス極 マイナス極 観測値(V)
1 2 -1.48
1 3 -1.78
1 4 0.00
1 5 0.00
2 3 0.00
2 4 1.42
2 5 1.43
3 4 0.00
3 5 1.71
4 5 0.00

ソフトウェアアップデートによりこの(電圧が常にかかっている)状況が改善されるとのこと。私の個体にはまだアップデートが来ていないので、それまではG Watchを腕につけるのは避けつつ、アップデートが来たらまた測定してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.