iPhone 6が到着したのでケースについて考える


予約開始直後にソフトバンクオンラインショップで予約したiPhone 6が今日(9/21)到着しました。宅配なので発売日直後に手にできないという問題はありますが、並ぶ必要がなかったり店頭でのいざこざを考えなくてよかったりと、急がないならばこちらのほうが楽ですね。

iPhoneといえば悩ましいのがケース問題。自分は基本的にスマートフォンはケースを使わない派なのですが、iPhoneだけはiPhone 4のデスグリップ問題、iPhone 5の傷問題への対応でケースを使ってきました。iPhone 6にもカメラのでっぱり問題があり、ケースをつけるとうまいことごまかせそうなのでやはりケースを使います。

iPhone 4の時代にはTUNEWEARのCarbonLOOKを愛用していたのですが、iPhone 5のCarbonLOOKが厚すぎで電源スイッチの操作に支障をきたしたのをきっかけに、ray-outのシンプルなプラスチックケースに切り替えました。iPhone 6でのray-outのケースがいい感じです。

自分が今回チョイスしたのはこちら。

レイ・アウト iPhone6 (4.7インチ)用 ハードコーティング・シェルジャケット パールブラック RT-P7C8/B (Amazon.co.jp)

ray-outのケースは側面のスイッチ操作部が解放されている(穴ではなく切り欠きになっている)のが操作感を損なわず、個人的に好きです(その分保護される面積が減るためこの辺は好みだと思います)。パールブラックはiPhone 6のスペースグレイと違和感なく溶け込むいい色だと思います。このシリーズは伝統的にストラップ穴がついていますが自分は使っていません。まあこの辺が重要な人もいるということで。

装着するとこんな感じになります。iPhone 6では側面が丸くなったので、ケースのフィット感がいいですね。iPhone 5ではケースのふちが液晶画面より盛り上がってしまい操作感を損ねていましたが、iPhone 6ではそんなこともなく快適です。

20140921_122133

個人的にはメインとして長い間使っていけるケースだと思いますが、将来的にもっと凝ったケースが登場するまでのつなぎとしても悪くないと思います。Amazonのリンクを下に置いておきますのでよろしければどうぞ。なお今回チョイスしなかったCarbonLOOKも置いておきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.