Nexus 7 (2012) が遅くて仕方がないのでAndroid 5.0のファクトリーイメージを焼いてみた


自宅用タブレットとしてNexus 7 (2012) を使用していますが、最近こいつが遅くて遅くて仕方がないのです。どれくらい遅いかというと、Chromeのアイコンをクリックしてからアプリが起動するまで数秒、それからブラウザ画面が表示されるまでさらに数秒といった具合。

アプリをたくさん入れて不要なごみファイルが残っているからではということで一度フルリセットしたのですが、あまり状況は改善しなかったので、もう一度フルリセットするついでにAndroid 5.0のファクトリーイメージを焼いてみました。

NexusシリーズのファクトリーイメージはGoogle Developersでダウンロードできます。やり方の解説はしませんが、ざっくりいうと開発環境にデバイスをUSB接続して書き込みます(本当にざっくりだw)。自分の場合ブートローダーの書き込みにエラーが出ましたが、OSの書き換え自体は成功した様子。書き換え後のタブレット情報はこんな感じ。

Screenshot_2014-11-16-16-44-36

で、肝心の速度はというと……それほど変わっていないような気がしますorz。フリーズして再起動しなければいけないことはそれなりにありますし、アプリの起動時間はそれほど変わらず。まあダメ元だったので、最新OSを試せただけいいことにします。

Nexusシリーズの最新タブレットは9インチ(それも4:3)になっちゃいましたし、Nexus 7のコンセプトを引き継いだ7~8インチクラスのNexusタブレットがほしいなあと。他者でもいいんですけど、今から購入するならどうせならAndroid 5.0が使いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.