フレッツ光を「ハイスピードタイプ」から「ギガラインタイプ」に切り替えてみる


フレッツ 光ネクスト ファミリー/マンション・ギガラインタイプ (NTT東日本)

NTT東日本の光ファイバー「フレッツ光」では、Wi-Fi機器を抱き合わせた「ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」のみが上下1Gbpsのサービスを提供していましたが、Wi-Fi機器が不要な利用者に向けて「ギガラインタイプ」というのが開始されました。戸建ての場合、前者が5,700円/月(税別)に対して後者は5,400円/月(税別)。ちなみに下り200Mbps/上り100Mbpsの従来プラン(ハイスピードタイプ)は5,200円(税別)/月です。

自分は自宅でハイスピードタイプを使用していたのですが、1Gbpsサービスにあこがれつつ機器交換ということでスマートタイプに二の足を踏んでいたところに今回のギガラインタイプが登場。200円アップならいいかとさっそく申し込んでみました。機器交換なしで工事費は2,000円(税別)。自宅で使っているひかり電話の切替費用もなしのようです。

【経緯:自分用メモ】

12/3:申込

12/4:NTT東日本から工事のお知らせ。切替日は12/9予定。

なおプロバイダ(@nifty)には先立ってギガラインタイプの対応状況を問い合わせているのですが、

・通常接続(IPv4 PPPoE)は対応済み。手続きも不要。
・v6プラスについては情報がまだない

という状況でした。v6プラスは後で何とでもなりそうだし、最悪なしでもインターネットにはつながるので、確定情報がない状態で申し込んでしまいましたw。

いろんな意味で、どうなるか楽しみなところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.