フレッツ光がギガラインタイプに切り替わった


【変更前】

・フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ
・@nifty
・IPv6 IPoE、v6プラスを利用

【経緯】

12/3:申込

12/4:NTT東日本から工事のお知らせ。切替日は12/9予定。

12/9:工事

当日は朝7時にインターネットがつながらなくなったので、HGWの電源を抜いてしばらく(6分以上という指示がありました)してから電源を投入しなおすと再びインターネットにつながるように。工事というか事前に7時に切り替わるようにタイマーが仕掛けられている雰囲気でした。

IPv4 PPPoE、IPv6 IPoE、v6プラス、いずれも以前のまま使えています。

気になる速度は今(21時すぎ)Radishで測定したところ下り600Mbps、上り200Mbps程度。下りはv6プラス(=ファミリー・ハイスピードで下り1Gbpsを実現可能)で以前からその程度でしたし、上りが100Mbpsオーバーになっているところを見ると、ギガラインタイプの効果はそれなりにあるといえるでしょう。

NTT東日本のフレッツ公式を見る限り、@niftyではギガラインタイプにおけるIPv6 IPoEは非対応ということになっていますが、資料の反映遅れなのだろうと思います。とはいえこれから申し込むという人は事前に@niftyに問い合わせておいたほうが無難。自分のように「使えなくなったらそれはそれでネタとして面白い」とか思わないようにw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.