USB PD対応モバイルバッテリーやACアダプターは意外とPD以外の急速充電に対応している


USB PD(Power Delivery)は、USBケーブルを利用して最大100W(20V/5A)の電力を供給できる規格です。スマートフォンなど、比較的電力の小さい機器への給電に利用されることが多いUSBですが、PDを利用すれば、より電力の大きいノートパソコンなどへも給電でき、スマートフォンの充電時間が短くなることも期待できます。最近ではスマートフォンのほか、AppleのMacBookやMacBook Proなどのノートパソコンにも、PD対応機器が増えてきています。

さて、最近購入したPD対応のモバイルバッテリーやACアダプターを利用して、PD未対応のスマートフォン(HUAWEI P9)を充電すると、なぜか急速充電になりました。PDとは別の急速充電規格であるQualcomm Quick Charge対応機器でもP9が急速充電になり、ちょっとわけがわからなくなったので、自分で調べてみることにしました。

調査に利用する機器はこちら。接続したモバイルバッテリーやACアダプターが対応する急速充電規格を調べることができます。

AVHzY USBテスター 電流電圧テスターチェッカー クイックバッテリー充電器検出器 DC6A26V充電器 容量テスター PPSトリガー 急速充電PD/QCに適応 日本語オペレーティングシステム 日本語説明書付き (Amazon.co.jp)

以下、黙々と結果を掲載していきます。

ケース1:Omarsのモバイルバッテリー

Omars USBC モバイルバッテリー10000mAh Power Delivery 対応 Quick Charge 3.0 対応 パソコン 充電 バッテリー(USB-Cケーブル付) LCD残量表示 MacBook/ノートパソコン/iPhone/iPad/Android/Nintendo Switchなど対応可能 (インクブルー) (Amazon.co.jp)

 

PDはバージョン3.0対応で、5V/2A、9V/2A、12V/1.5Aを通知します。製品スペック上、5Vの場合は3Aのはずなのですが…。PDで18W対応を名乗るには、規格上5V/3Aと9V/2Aへの対応が最低限必要なので、5V/3A非対応の状況は問題があります。PD以外に、Quick Charge 2.0/3.0、Quick Charge同様に電圧を上げるHuaweiの急速充電規格FCP(Fast Charger Protocol)にも対応していました。なお、Quick Charge 3.0対応をうたうUSB Type-Aポートは、PDを除きType-Cと同じ対応状況でした。

ケース2:cheeroのモバイルバッテリー

Power Delivery 3.0 対応 大容量 モバイルバッテリー cheero Power Plus 4 13400mAh / Type-C/最大出力 18W 超急速充電/軽量 ・ コンパクト/PSEマーク付 (Amazon.co.jp)

 

Type-Aポートを含めて、ケース1とまったく同じ結果となりました。こちらも5Vの場合は3Aになるはずで、18W対応の仕様を満たしません。こちらの商品はQuick Chargeへの対応はアナウンスされていませんが、実際には(Type-Cポート、Type-Aポートの両方で)利用可能です。完全に想像ですが、ケース1のモバイルバッテリーと同じ部品を使っているのでは?

ケース3:OmarsのACアダプター

Omars USB C急速充電器「PSE認証済」29W PD3.0 急速充電対応( PD18W)小型チャージャー (c to c ケーブル付き)iPhone X/8/8 Plus,Samsung Galaxy S9/S9Plus/S8/S8 Plus/ iPad/iPad pro/iPad mini/S7/S6,Macbook, Nexus 6P/5X, LG G5,Google Pixel 2 XL, Moto Z , HTC,Sony 等対応 2ポート) (Amazon.co.jp)

 

PDはバージョン2.0で、5V/3A、9V/2A、14.5V/1.2Aは製品スペック通り。それ以外にも、Quick Charge 2.0/3.0、SamsungやHuaweiの独自規格にも対応しています。特に、電圧を下げて電流を増やすHuaweiのSCP(Smart Charge Protocol)に対応しているのは注目です。ちなみにType-Aポートの対応状況は以下の通りで、Appleの2.1A、Samsungの5V/2Aに対応しています。

ケース4:上海問屋のACアダプター

DN-915106 USB PD対応 2ポート急速充電器[TypeC・2.4A・最大出力42W・Power Delivery] (上海問屋)

 

PDはバージョン2.0で、5V/3A、9V/3A、12V/2.5A、15V/2A、20V/1.5Aを通知します。このうち、12V/2.5Aは製品スペックに含まれていません。Quick Charge 2.0/3.0、SamsungやHuaweiの独自規格にも対応。Type-Aポートの対応は以下の通り。

なお、上海問屋では、ほとんど同じ形のQuick Charge 3.0対応ACアダプターもラインナップしていますが、PD以外の対応状況は、上記のPD ACアダプターと同一でした。

おまけ:Ankerの5ポートACアダプター

Anker PowerPort 5 (40W 5ポート USB急速充電器) 【PowerIQ搭載】(ホワイト) (Amazon.co.jp)

 

Ankerの5ポートACアダプターはベストセラー製品で、ガジェット好きの必須アイテムといってもよいでしょう。自分が所有しているのは、ロゴが新しくなる前の旧モデルです。Type-CポートがないのでPDに対応しないのはもちろん、Quick Chargeのような電圧を上げる急速充電には非対応ですが、AppleやSamsungの独自規格で電流を増やす急速充電に対応しています。ただ、自分が所有する4台のうち、1台の1ポートだけ、急速充電に対応しないポートがありました(写真=右)。初期不良か故障か、今となっては判断がつかないのですが、通常のUSB充電はできるので、普通に使っている分には気づけないですね。

まとめ:現状はけっこういい加減

USB PD対応のモバイルバッテリーやACアダプターについて、テスターを使ってPDやそれ以外の急速充電への対応状況を調査しました。結果、PD対応としかうたっていないType-Cポートでも、想像以上にQuick Chargeなどの独自急速充電規格に対応していることがわかりました。

USB Type-Cでは、Quick Chargeなどのように、USB PD以外の方法で電圧を変動させる方法は規格違反になります。規格違反の充電方法で、USBケーブルに内蔵されたICチップ(eMarker)が破損する可能性も指摘されています。とはいえ、安全であることを前提に、複数規格に対応すること自体は便利という考え方もあるでしょう。規格への厳密な準拠をどれだけ重要視するかは利用者次第ですが、安全に使えることだけは、各社にお願いしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.