SoftBankのSIMカードをeSIMに変更してみた


ふと思い立って、iPhone 12に入れてあったSoftBankのSIMをeSIMに変更してみることにしました。eSIM(Embedded SIM)とは、SIMカードの実体がなく、端末に契約情報を直接インストールするタイプのSIMです。iPhoneはXS以降、eSIMの利用に対応しています。

SoftBankのSIMは種類が細かくて、iPhone向けのSIMはAndroidに(公式には)対応しなかったり、Android向けのSIMはSIMフリー端末に対応しなかったりと勝手が悪いんですよね。だったらいっそeSIMにしてしまって、iPhoneのSIMスロットを空けようと。

SoftBankのSIMをeSIMに切り替えるには、オンラインでは行えず、ソフトバンクショップでの手続きが必要です。SIMの切り替えとはいえ、SoftBank的には新規契約的な手続きになるようで、契約時の注意ビデオを見せられたりと、結構時間がかかりました。eSIMインストール後、最初はアンテナが立たなかったのですが、これは自分で作ったLINEMO用IPv6対応プロファイルが入っていたためで、プロファイルを削除すると無事eSIMが有効になりました。プロファイルは盲点になりがちなので注意が必要です。

SoftBankの新サービスが9/14に発表される予定で、iPhone 13の発表も間近なこのタイミングでいろいろ手続きするのは、少々おっかないのですが、iPhone 13発表後は発表後でショップが混み合う気もするので、ショップでの手続きが必須なSoftBankのeSIM化はいいタイミングだったかもしれません。

さて、空いたSIMスロットにはdocomoのSIMを入れてみました。ついでにdocomoの契約を5G対応に変更。こちらもオンラインでは変更できず、151に電話をかけて手続き。プランは5Gをまずは目いっぱい評価してみようということで、通信料制限のない5Gギガホプレミアにしてみました。

残念ながら自宅はdocomo 5G圏外でしたが、エリアマップを見る限り札幌はdocomo 5Gのエリアがそこそこ広そうなので楽しみ。

ところでSoftBankのeSIMは、同じ端末に再インストールする場合は「再発行」となりますが、違う端末にインストールする場合は「機種変更」となり、手続きが異なります。結局やることは一緒のような気もするのですが、事務手続きの都合か何かでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.