タグ別アーカイブ: イオン

イオンモバイルのカタログをもらってきた


2/26からイオン自身がMVNOとなってサービスを開始した「イオンモバイル」。今日(2/28)イオン札幌苗穂店でカタログをもらってきました。

表紙はこんな感じ。内容も機種や料金プラン、申し込みに必要な書類の説明など、全体にMNOを強く意識したデザインレイアウトになっており、イオンに来店したお客様にとってのMNOのような存在になろうというイオンの強い意志を感じます。

aeonmobile_001

カタログ内容の詳細は以下をご覧ください。

aeonmobile_001aeonmobile_010

aeonmobile_002aeonmobile_003

aeonmobile_004aeonmobile_005

aeonmobile_006aeonmobile_007

aeonmobile_008aeonmobile_009

イオンモバイルの他MVNOに対する強みとして、イオン実店舗で申し込み受付が可能なことが挙げられますが、自分が行ったときにはシステムトラブルで申し込みができない旨張り紙がありました。

Webページでも以下のようなお知らせが。

イオンモバイル システムメンテナンスのお知らせ (イオンデジタルワールド)

申し込んでみようかという気持ちもちょっとだけあったので、出鼻をくじかれた感じで残念。

日本通信がイオンでUSIMカードを販売、月額980円から


イオンと日本通信が協業してできたイオン限定サービス メール・SNS向きのデータ通信を国内初の「月額定額980円」で展開! (日本通信)

docomoのMVNOとしてSIMフリー端末やUSIMカードを販売している日本通信が、あのスーパーのイオンと協業して、イオン専用のUSIMカードを販売するとのこと。

パッケージもおなじみイオンカラーです。

aeon_SIM_sample

「月額980円から」と書いてしまいましたが、980円のものは通信速度が最大100kbpsに制限というオチです。この他に最大400kbps(月額2,980円)と「ベストエフォートMbps」(月額4,980円)というラインナップがあります。「ベストエフォートMbps」というのがなんとも微妙な書き方ですが、必要な通信速度で料金が決まるというのはそれなりに分かりやすい感じです。

それよりなにより「イオンでUSIMカードを買う人いるの?」という素朴な疑問。確かにイオンの中には家電品コーナーを持つ店舗がありますが、携帯電話とセットならともかくUSIMカード単品でというのはちょっと厳しいのでは。組み合わせて使えるSIMフリー端末を隣で販売するなどの工夫が必要かと。

ただちょっと面白い試みではありますね。この調子で色々な業態とコラボしてUSIMカードを売るといいかも。例えばUSIMカードに投票券が1枚付属したAKB4…ゲフンゲフン。