エリアマップ」タグアーカイブ

楽天モバイルの自社回線(MNO)エリアマップに見つけた不自然なサービスエリアの穴


2019年10月から「無料サポータープログラム」と称して5,000人限定で自社回線の携帯電話サービスを開始した楽天モバイル。東名阪の自社回線エリア内に在住している人が対象ということで、地方住みとしては指をくわえて見ているだけなのですが、エリアマップを眺めていてあることに気づきました。

こちらは札幌市のエリアマップです。楽天モバイルは自社のエリアが整備されていない箇所は暫定的にau(KDDI)のネットワークにローミングしますが、札幌駅の北側に不自然なサービスエリアの穴があります。

このような穴は福岡と那覇でも確認できました。

札幌・福岡・那覇のいずれも、KDDIが公開しているauのサービスエリアではこの穴はありませんでした。そもそも、どの個所も都市の中心部で、auが今さら圏外になることは考えられません。

これはもしかして、このエリアの穴がある場所に、 楽天モバイルの自社回線が もうすぐ整備されるということでしょうか?無料サポータープログラムではいろいろとトラブルも報告されているようですが、自分も早く試してみたいところです。 使えないからと文句は言わないので、地方住みもサポーターに加えてはいただけないでしょうか->楽天モバイル様。

【独り言】SoftBank 4G LTEのエリア拡大が物足りない


image

久しぶりに各社のエリアマップを見て回っていたのですが、800MHz帯LTEの力技でべた塗りのau、LTEエリア拡大・増速の将来見通しを地図切替して確認できるdocomoと比べて、SoftBankのLTE(「4G LTE」)エリアマップが何か物足りないなと。iPhone 5発売直後に見て「意外と広いな、頑張ったな」という状態からあまり変わっていないような気もします(もちろん実際には着実な進歩があるのでしょうが)。日高方面とか苫小牧-室蘭間とかが空白地帯のままで、他社に差がつけられているなと。

思うに900MHz帯LTEが吹ける状態になるのを待っているのでしょう。周波数移行が終わって900MHz帯「プラチナLTE」が全国的に実現するのはいつのことでしょうか。今年の春→今年の夏と延期してきているのでそろそろ期待したいのですが。

docomoのエリアマップがぐ~りぐりな件について


image

しばらく見ないうちに、docomoがWebサイトで公開しているエリアマップが、AJAXばりばりに新しくなっていました。マウスでぐりぐりと地図を動かしながらエリアマップを調べることができます。FOMAの他にmovaのマップを切り替え表示できるので、「やっぱりmovaのエリアの広さは偉大だったなぁ」と、FOMAと比較しながら思いにふけることもできますw。