タグ別アーカイブ: ケース

「髪の毛が挟まる」対策でiPhone 6のケース選びに苦戦中、バンパーに手を出してみた


POWER SUPPORT Arc バンパーセット for iPhone6(ダークグレー) PYC-51 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]  (Amazon.co.jp)

事の次第は「iPhone 6のボディと画面の間に微妙な隙間があって、通話時に耳に端末を当てると耳付近の髪の毛が挟まって痛い、場合によっては毛が抜ける」ということでした。このあたりの経緯はこちらの記事をご覧いただきたいのですが、この事象を回避したいがためにケース選びにいろいろ苦戦しています。基本的に(iPhone 5世代のケースのように)上部に切り欠きが入っているケースはダメで、上部のボディと画面の間を全部覆い隠してくれるケースが必要です。

直近では極薄iPhoneレザー(正確には合皮)ケースを購入してみました。最初は上面がきちんと隠れてよさそうだったのですが、よくよく見ると微妙な隙間があって、髪を切った直後の短い状態だと挟まってしまうことが判明。そこで今回は趣を変えてバンパーにしてみました。今回購入したパワーサポートのバンパーは上面がすべて隠れて髪の毛が挟まることは今のところなく、バンパーで懸念される電源ボタンやボリュームボタンの操作性も良好。唯一マナーモードスイッチは奥まったところに入ってしまうため、少し爪を立てて操作する感じになります。またiPhone 6の3色に合わせたカラーバリエーションがそろっているため、本体とのデザインマッチングも良好。

ただ改めて強調したいのですが、ケースがなくてもきちんと使えるようにしてほしいのです。デスグリップ(握り方によって電波感度が悪くなる)のiPhone 4、傷がつきやすいiPhone 5、カメラがでっぱり髪の毛が挟まるiPhone 6と、個人的には不本意ながらケースを使っている現状なので。

【買った】極薄iPhoneレザー(正確には合皮)ケース


【日本正規代理店品】Thinnest Leathercase iPhone 6用ケース 4.7インチ Brown レザー 最薄

会社に行きたくない衝動を打ち消すため2015年のスタートを切る意味で、iPhoneのケースを新しくしてみました。色は4種類の中からブラウンをチョイス。

最初に言っておきますが「Leathercase」と書いてある割に素材は本革ではない点に注意が必要です(パッケージ裏面には「Environment-friendly PU with leather texture」と書かれています。皮風に加工したポリウレタンですね)。ただケース整形自体はよくできていて、非常に薄いケースがiPhone 6のボディにフィットします。またボディ上部に切り欠きがないタイプのケースなので、iPhoneのガラスとボディの間に髪の毛が挟まる問題を軽減してくれるのもポイント。今日つけたばかりなので実際どの程度髪の毛が挟まるかは不明ですが、目視した限り上部のガラス-ボディ間はケースで隠れるため期待できます。

名前でだましている感があるのは少々残念ですが、それを差し引いても悪くないケースだと思います。

iPhone 6のケースに髪の毛が挟まるので違うのに変えてみた


ELECOM iPhone6 シェルカバー ラバー ブラック PM-A14PVRBK (Amazon.co.jp)

先日、レイ・アウトのiPhone 6ケースを購入したばかりなのですが、通話時に本体とケースの隙間に髪の毛が挟まるという事象が発覚しました。

色やデザインなど気に入っているのですが、iPhoneよりケースより髪の毛は大事なので、急きょ違うケースを手配してみました。

こちらのケースはラバーコートされたハードケースで、色は黒と赤(自分は黒を入手)。レイ・アウトのケースより若干サイドの高さが低いため、ケースとしての保護能力は低いものの、ちょうどiPhone 6側面の金属部分とケースサイドの高さが合う感じです。

自分が試した限り髪の毛が挟まる事象は起きていないのですが、もう少し様子を見ます。これでも髪の毛が挟まるようだったらもうケース使うのやめますw。

iPhone 6が到着したのでケースについて考える


予約開始直後にソフトバンクオンラインショップで予約したiPhone 6が今日(9/21)到着しました。宅配なので発売日直後に手にできないという問題はありますが、並ぶ必要がなかったり店頭でのいざこざを考えなくてよかったりと、急がないならばこちらのほうが楽ですね。

iPhoneといえば悩ましいのがケース問題。自分は基本的にスマートフォンはケースを使わない派なのですが、iPhoneだけはiPhone 4のデスグリップ問題、iPhone 5の傷問題への対応でケースを使ってきました。iPhone 6にもカメラのでっぱり問題があり、ケースをつけるとうまいことごまかせそうなのでやはりケースを使います。

iPhone 4の時代にはTUNEWEARのCarbonLOOKを愛用していたのですが、iPhone 5のCarbonLOOKが厚すぎで電源スイッチの操作に支障をきたしたのをきっかけに、ray-outのシンプルなプラスチックケースに切り替えました。iPhone 6でのray-outのケースがいい感じです。

自分が今回チョイスしたのはこちら。

レイ・アウト iPhone6 (4.7インチ)用 ハードコーティング・シェルジャケット パールブラック RT-P7C8/B (Amazon.co.jp)

ray-outのケースは側面のスイッチ操作部が解放されている(穴ではなく切り欠きになっている)のが操作感を損なわず、個人的に好きです(その分保護される面積が減るためこの辺は好みだと思います)。パールブラックはiPhone 6のスペースグレイと違和感なく溶け込むいい色だと思います。このシリーズは伝統的にストラップ穴がついていますが自分は使っていません。まあこの辺が重要な人もいるということで。

装着するとこんな感じになります。iPhone 6では側面が丸くなったので、ケースのフィット感がいいですね。iPhone 5ではケースのふちが液晶画面より盛り上がってしまい操作感を損ねていましたが、iPhone 6ではそんなこともなく快適です。

20140921_122133

個人的にはメインとして長い間使っていけるケースだと思いますが、将来的にもっと凝ったケースが登場するまでのつなぎとしても悪くないと思います。Amazonのリンクを下に置いておきますのでよろしければどうぞ。なお今回チョイスしなかったCarbonLOOKも置いておきますね。

単3電池ケースでニッケル水素電池をスマートに持ち歩き


サンワサプライ 電池ケース(単3形用・ブルー) DG-BT3BL (Amazon.co.jp)
サンワサプライ 電池ケース(単3形用・クリアー) DG-BT3C (Amazon.co.jp)

個人的に携帯電話を充電するモバイルバッテリーはニッケル水素電池派なのですが、予備の単3電池を持ち歩こうとするとカバンの中でバラバラになってしまうため、このようなケースを買ってみました。ヨドバシカメラマルチメディア札幌にて1個160円なり。

battery_case_001

単3利用のモバイル電源と併せて持ち歩けば、充電回数を必要なだけ増やすことができます。ちょっとしたアイテムですがいい感じ。単3電池マニア(何それ?w)必携です。