タグ別アーカイブ: ケーブル

【S-MAX・記事掲載報告】両面挿しマイクロUSBケーブル


マイクロUSBコネクターで向きを気にするのはもうイヤ!どっちでも挿せる「リバーシブルmicroUSB充電・データ転送ケーブル」をいろいろなデジタルガジェットで試してみた【レビュー】 (S-MAX)

c3c7bb7e

このケーブルについては過去に当ブログで取り上げていました。

【銭失い】MicroB側も両面挿しUSBケーブル
【再評価】MicroB側も両面挿しUSBケーブル

最初は挿し込むときの固さに使うのが怖くなったので「銭失い」とか書きましたが、挿し込む相手によってはそれほど固くないこともわかり、いろいろな機器で評価していたところです。どうせだったら自分のブログで細々やるより目立つところに乗せてもらおうという思いでまとめてみました。安心して使えるかどうかはその人の感じ方次第なので、メーカーさんは店頭で試せる環境を作るとよいかも。

ちなみにこのケーブル、今回の記事でパッケージ写真を撮るために購入したのが3本目だったりしますw(50cmが2本、1mが1本)。なんというか、あれはダメだダメだといいつつなんとなく気になる的な感じです。手元の機種ではFREETELの極が比較的挿し込みが固くないので、ぼちぼちとつかっていければ。

【再評価】MicroB側も両面挿しUSBケーブル


グリーンハウス USB側もMicroUSB側も 両面挿しできる USB2.0 2A高出力 microUSB充電データ転送ケーブル 50cm ブラック GH-UCSMBW50-BK (Amazon.co.jp)

興味に任せて買ってみたものの差し込みが固くて使うのが怖いと以前ブログ記事で書いたMicroB側も両面挿しのUSBケーブルですが、機材によっては意外とすんなり差し込める模様。スマートフォンやタブレットは固いのですが、ウォークマンやホテルルーター、モバイルバッテリーといった機種でしっくりくるものがいくつかありました。

いうほど悪いものではないかもしれないと思い始めたこのケーブル、利用方法を限定してもう少し使ってみようかと。

【銭失い】MicroB側も両面挿しUSBケーブル


グリーンハウス USB側もMicroUSB側も 両面挿しできる USB2.0 2A高出力 microUSB充電データ転送ケーブル 50cm ブラック GH-UCSMBW50-BK (Amazon.co.jp)

裏表を気にせず差し込めるといえばLightningやUSB Type-Cが思い浮かびますが、こちらは独自規格で、A側もMicroB側も両面挿しできるとうたったケーブルです。

興味本位で買ってみたのですが、結論から言えば特にMicroB側の差し込みがかたくて、使うのが怖すぎます。向きを気にしなくてよいというメリットと引き換えに、差し込み相手の機器にダメージを与えるのではと思ってしまいました。そもそもMicroBの差し込みにはもう慣れてしまっていて、今さら向きを気にしなくてよいといわれてもあまりメリットがないことに今気づきましたorz。

やはり両面挿しは規格化されたType-Cを待ちましょうということで。

【年末年始の自由研究】LANケーブルを自分で作ってみる その2


ELECOM RJ45コネクタ Cat6対応 単線ヨリ線共通 つめ折れ防止コネクタ 10個入り LD-6RJ45T10/T (Amazon.co.jp)
サンワサプライ ADT-6RJ-10 カテゴリ6RJ-45コネクタ (Amazon.co.jp)

前回LANケーブルにRJ45コネクタを作ったときは「より戻し」の長さをあまり意識していなかったのですが、カテゴリー6準拠にするためにはより戻しの長さを6.4mm以下にしなければならない決まりがあることを後で知り、もう一度チャレンジ。

今度はより戻しを短くしやすいローダーと呼ばれる部品がついたタイプのRJ45コネクタを入手してやってみました。教科書は相変わらずLAN工事ドットコム。こういう便利系コンテンツをまとめてくれる人には本当に感謝しかありませんね。

基本的にはマニュアル通りにやるだけなのですが、ローダーに線を通す作業が細かくて大変です。線は固いしローダーの穴は小さい(かつ接近している)しで、慣れるまで根気がいりました。暇つぶしには好適ですが、仕事ではあまりやりたくないかも。

出来上がったケーブルは無事に1Gbpsのリンクを確立できましたが、カテゴリー6の仕様を満たすかどうかは(測定器も、10Gbpsの機器も手元にないため)わからず。家庭ベースではどちらにせよ1Gbpsの性能が出れば十分なので、より戻しの長さを気にすることはあまりないのかもしれません。

よっぽど大量にケーブルが必要、あるいは中途半端な長さのケーブルが必要というのでなければ、コネクターつきのケーブルを買ってきたほうが手間もかからず品質もよさそうという身もふたもない結論に達してしまいましたw。ただ結果としてかしめ工具は手元に残ったので、いざというときに作業できるスキル(というほどのものでもないですが)が習得できたのはよかったかと。

【年末年始の自由研究】LANケーブルを自分で作ってみる


いやなんてことはない、LANケーブルにRJ45コネクターを自分でつけただけなんですけどね。エンジニアの端くれならこのくらいできなきゃと一念発起。

材料はこちら。LANケーブルは以前自宅に引き回した余りを流用しました。

ELECOM LD-KKTR RJ45コネクタ用かしめ工具 (Amazon.co.jp)
ELECOM LD-6RJ45T10 CAT6対応RJ45コネクタ(10個) (Amazon.co.jp)

作り方はこの辺でサクッと調べました。自分のような初心者にとって詳しい解説が助かりました。プロの方は配線の順番とかそらで行けるんでしょうけどね。

試行錯誤して自宅用ケーブルを何とか2本作れました。不慣れのため線のよりを戻す長さが少し長くなってしまいましたが、結果として1Gbpsでリンクアップしたのでまあいいか。

しかしこれ、これこだわりだすと深そうですね。「このケーブルの味が」とか「より戻しを究極まで短く」とか、オーディオケーブル的なこだわりができそうです(そのこだわりに意味があるかどうかはともかく)。工具にもこだわれそうですし(今回は一番安いのを購入しましたが、もっと高いのも打っていました)、意外と沼要素あり?