マイクロフォーサーズ」タグアーカイブ

2009年を振り返ってだらだら書いてみる(その2)


だらだら書いてみるその2は、デジカメ関係のトピックを。

デジイチデビュー!

Web媒体に記事を寄稿する時に、いままでは簡易撮影スタジオ+コンパクトデジカメで頑張っていたのですが、やはりデジイチを使っている他の人との品質の差は否めず、投資の意味を込めてデジイチを買ってしまいました。Canon EOS Kiss X3はエントリークラスのデジイチですが、今の私の利用シーンには必要十分で期待に違わぬ絵を出してくれます。2ちゃんねるデジカメ板を見ていると、レンズやボディーに何十万もかけているひとが普通にいるようですが、私の趣味はケータイ、カメラは趣味を実現する手段と日々唱えて、そういう世界に引きずり込まれないようにしていますw。

マイクロフォーサーズの台頭

オリンパスやパナソニックから、レフミラーを省略したレンズ交換式カメラシステム「マイクロフォーサーズ」の機種が複数発売され、それなりに市場に受け入れられているようです。私もデジイチ購入の時に検討したのですが、メイン目的である物撮りでは従来型デジイチの方が使い易いという結論になり見送った経緯があります。カメラを趣味として捉えるならば面白そうですね(と、買わないように伏線をはっておくw)。

EOS 7D残像騒動

CanonのAPS-Cハイエンド機種「EOS 7D」の初期ファームウェアで、連写時に前のコマの残像が映り込むという不具合が発生しました。私には全く手の届かないカメラですが、そんな基本的なことで不具合がでるのかという衝撃を受けました。当面カメラを買い換える予定はありませんが、一応Canonユーザーとして上位機種に夢は持っておきたいもの。そんな私にとって複雑な思いを抱かせる不具合でした。

—-

デジカメ関係は商品のライフサイクルが長いので、携帯電話ほど心に残ったトピックはない感じです。その3はPC・インターネット関係で。

マイクロフォーサーズの新LUMIX「GF1」


DMG-GF1 (Panasonic)

image

今度のPanasonicのマイクロフォーサーズ一眼カメラは、ファインダーレスのシンプルスタイルで登場です。このスタイルだとどうしてもOLYMPUS PENとの比較になりますが、こちらはPENが持っていないストロボを内臓していたり、AVCHD Lite対応(ただし内蔵マイクはモノラル)だったりというところが差別化要因となるのでしょうか。

image

ただ写真で見るとどっちもいい感じなのですが、よくよく考えてみると結構大きいんですよね…。なまじ外見がコンデジ風なので、実際に手にしたときのギャップは大きいです(PENを手にしたときにちょっとびっくりしました)。レンズ交換式だとこの大きさになるというのは頭ではわかっているんですけどねぇ。

でもモノとしての魅力はどちらも十分です。物欲を抑えるのが大変そうw。

デジタル時代のOLYMPUS PEN


OLYMPUS E-P1 (OLYMPUS)

OLYMPUSからマイクロフォーサーズ規格のデジタルカメラ「E-P1」が発表されました。

image

マイクロフォーサーズは、デジタルカメラ専用の交換レンズ/マウント規格で、従来のフォーサーズ規格と互換性を維持しつつ、ファインダー用のミラーを使用しないことを前提としてフランジバックを短縮し、小型化を狙った規格です。すでにパナソニックがマイクロフォーサーズ1号機となる「DMC-G1」と、動画対応にした「DMC-GH1」を発売しています。パナソニックの2機種が一眼レフ風のスタイルを採用し、デジタル式のビューファインダーも備えたのに対し、E-P1は「OLYMPUS PEN」という歴史あるカメラのスタイルを継承し、ビューファインダーを備えず(光学式のものを外付け可能)、画像は背面液晶で確認するコンパクトデジカメスタイルになっています。

「コンパクトデジカメのように使えるレンズ交換カメラ」を待望していた私にとって福音となる…はずだったのですが、気になる点が2点。OLYMPUS PENのスタイルを継承したからかどうかわかりませんが、ストロボを内蔵していないのはちょっとなあと。もちろん写真を専門にしている人から言わせれば「内蔵ストロボなんて飾りです。偉い人には(ry」なのでしょうが、コンデジ相当くらいの簡易ストロボは付いていてほしかったなと。

もう1点は大きさです。写真だけ見ていると小さく見えますが、冷静にマウントのサイズなどを考えると「結構大きくない?」という感じです。こればかりは実際に手に取ってみなければ何とも。

物欲は非常にそそるのですが、今使っているコンパクトデジカメを置き換えられるかどうかは微妙なところ。そういうカメラでないのは分かっているのですがねぇ。まずは店頭で実機を触るのを楽しみにしておきます。

2008年萌えたガジェット


主に携帯電話について書くことが多い「バリいくつ?」ですが、この記事では携帯電話以外の新製品で印象深かったもの(購入した・しないに関わらず)をいくつか列挙してみたいと思います。

Intel ATOMプロセッサ

NetBook等への利用が想定された低消費電力・低価格のプロセッサです。本来の利用方法以外に、Atomが搭載されたMicroITXのマザーボードが1万円程度で売られたことで、ちょっとした小型PC自作ブームになりました。私は小型ではありませんが、Atomマザーボードでマシンを1台作り、VMware ESXiをインストールしてホームサーバーにしています

JR北海道 ICカード乗車券「Kitaca」

kitaca003

10月25日からJR北海道の札幌圏で導入されたICカード乗車券です。まあ「Suicaの北海道版」ですね。売り上げが予想以上に好調だったため制限がかかり、12月現在Kitaca定期券以外のKitaca(記名・無記名)は購入することができません。2009年3月14日からSuicaとの相互利用および電子マネーサービスが始まる予定です。モモンガかわいいよモモンガ。

オリンパス・パナソニック「マイクロフォーサーズ」

デジタル一眼カメラのレンズマウント規格「フォーサーズ」をより小型化した規格です。マイクロフォーサーズ1号機としてはパナソニックよりDMC-G1が発売されています。フランジバックが短く(そのためミラーボックスを搭載しないことが前提)従来の1眼レフカメラとは異なった新しい商品カテゴリの創出が期待されます。個人的にはフォトキナで発表されたオリンパスのマイクロフォーサーズカメラが気になっています。

olympus_microfourthirds

無線LAN機能付きSDカード「Eye-Fi」

12月22日より出荷開始されました。デジカメにセットして写真を撮ると、無線LANで自動的にPCや写真共有サイト(FlickrやPicasaなど)に画像を送信してくれるという優れものです。私も早速購入して便利に利用しています(1,2,3,4)。

Google Chrome

Google製のWebブラウザです。レンダリングエンジンはWebKit、JavaScriptエンジンはV8を採用し、高速な動作が売りです。9月にベータ版が公開され、12月12日に正式版に移行しました。個人的にはFirefoxをメインブラウザとしており、Gmail ManagerやTwitterFox、FoxmarksのようなプラグインがChromeで使えるようにならない限り移行は考えられないのですが、検証用として自分のPCにはもれなくChromeがインストールされています。

ジャストシステム「ATOK定額制サービス」

ATOKといえば網説明の必要もないであろう日本語入力エンジンですが、このATOKを月額300円の定額制で利用できるようにしたサービスです。ここ最近のMS-IMEの頭の悪さに業を煮やして導入して以来、ATOKの虜になっています。自分が利用するパソコンであれば最大10台までインストールできるライセンス体型になっているので、自宅と職場の両方で利用できて便利な限りです。

 

いやぁこうやってみると、携帯電話以外にもおもしろそうなものがいろいろとありましたね。マイクロフォーサーズ辺りは来年我慢しきれずに買ってしまうかもしれません。こういう世界情勢ですが、暗い雰囲気に負けずに来年もおもしろいモノがたくさん出てきて欲しいと思う限りです。

DMC-G1にハァハァしてみる


dmg-g1

新レンズ規格「マイクロフォーサーズ」採用デジタル一眼カメラ。マイクロフォーサーズは従来のフォーサーズよりさらにレンズを小型化。フランジバックを短くしたため一眼レフの「レフ」に相当するミラーを内蔵せず、ファインダー部分は電子式(だから「一眼レフ」ではなく「レンズ交換式デジタル一眼カメラ」らしい)。

個人的にカメラに関してはこういう新規格、初物に非常に弱くてついついハァハァしてしまうのです。思えばAPSの初代IXYも発売日の朝にヨドバシに行って買ったし(あの頃のカメラコーナーは大きかったなあ)。でも結局マイナー規格ということであまり使われずに終わってしまいました。

今回のマイクロフォーサーズ、デジタルに最適化されているという意味で個人的には普及してほしいのですが、すでに各社各様のマウントでビジネスしてしまっている現状だと難しいのでしょうか。だったら「マイクロ」を生かして、思い切ってコンパクトカメラに採用するとかどうでしょうか。ハイエンド指向のカメラとしておもしろそうですが…。