タグ別アーカイブ: 日本通信

「LG G2 mini」はMVNOの定番になるか? 日本通信に続きIIJも導入へ


IIJが「LG G2 mini」の取り扱いを開始 ハイホーも「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート」とセットで販売 (ITmedia)

8/1から日本通信がAmazon.co.jpを通して販売することが発表済みの「LG G2 mini」。IIJも8/1より扱いを開始するとのこと。家電量販店などで取り使うということなので、同社がSIMカードを提供しているビックカメラとかで売るんでしょうかね。

日本通信の時にも書いたような気がしますが、やはり日本の携帯電話市場は「端末と契約がセット」のほうが受け入れられやすいんでしょうかね。個人的には端末単体で気軽に買えるようになってほしいのですが。

格安スマホの選択肢が増えるも個人的には端末単品販売を充実してほしい


日本通信、Amazonで格安スマホ販売 「メジャーリーグ級」のLG「G2 mini」、月額2980円から (ITmedia)

日本通信が8/1からAmazon.co.jpを通してLGの「G2 mini」と通信サービスをバンドルして販売するとのこと。

……端末単品販売はやらないのねorz。なにやら割賦販売のみっぽいし(一括払いの明記がない)。このあたりもう少し自由にならないかなと思ったり。やっぱり日本では端末+通信サービスという販売形態のほうが受け入れられるのでしょうか……。

日本通信の発表を見てMVNOにちょっと興味が


日本通信、データ通信無料SIMで宣戦布告 (日本通信)
日本通信、MVNOの価格競争に終止符を打つ、フリーData −MVNOとしての真骨頂にむけて− (日本通信)

最初下のニュースリリースを読んだとき、結局何を言いたかったのかよくわからなかったのですが、上のリリースならまだわからなくもない感じです。まあ上のリリースにしてもタイトルは「宣戦布告」なのに本文で「終止符を打ちます」とか書いてあったりしますが。

一言で言ってしまえば、音声通話(従量制)+データ通信(200kbps、無料使い放題)を1,560円で提供して、データ通信の速度制限を外したければ1,560円/3GBで提供しますよという内容ですね。発表内容のアレさ加減とはうらはらにサービス自体はなかなかかと。自分の場合Wi-Fi利用が多いこともあってスマホのデータ通信は3GB/月で収まっているので、1,560+1,560=3,120円でスマホっぽい使い方ができるわけです。

GM_スマホ電話SIM_datafree_micro_ol

日本通信自身が言っているように、Nexus 5などSIMフリースマホと相性が良いサービスですね。個人的にNexus 5はEMOBILE版を購入することにしてしまったのですが、それとは別に何か端末を確保して使ってみたいサービスではあります。

イオン、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpでも販売されるそうですのでお好みのお店でどうぞ。

bmobile002

なお5カ月の契約期間(いわゆる縛り)があるのに注意。でもこの内容なら5カ月くらい普通に使うんじゃないかと。

日本通信のLTEモバイルルーターと「カメレオンSIM」サービス


日本通信、最小・最軽量の4Gルータを発売 (日本通信)
日本通信、4G対応SIMを「カメレオンSIM」の名称で発売 (日本通信)

おもにdocomoから回線を借り受けてサービスしている日本通信からLTE絡みの新商品が発表されています。

まずは「最小・最軽量」を打たるLTEモバイルルーター「b-mobile4G WiFi2」。容積55cc、重さ95gの小型軽量ボディが特徴です。通信時間が5時間(LTE)と、最近リリースされたEMOBILE LTEのルーターより見劣りしますが、そこはバッテリーより軽さ/小ささをとったということなのでしょう。

b-mobile4GWiFi2_L

同時に発表されたLTE対応SIMが「カメレオンSIM」。

chameleonSIM_normal_L

最初に5,800円で21日間速度制限なしで利用した後は、

1. U300定額(2,480円、30日間)
2. 高速定額(5,400円、30日間)
3. 1GB フェア(8,800円、120日間)

を有効期間ごとに切り替えながら使えます。コロコロと切り替えられるからカメレオンというわけですね。ずっとフルフルに使うならば(例えばEMOBILE LTEの3,880円/月に比べて)割高ですが、使わない時は安いプランに逃せるので工夫次第でお得に使えるかも。

日本通信といえば、過度なMNPインセンティブにぶち切れて抗議して自社の音声プランに解約金を導入したり何かと話題ですが、今回のように製品で話題になってほしいなと個人的には。

日本通信がイオンでUSIMカードを販売、月額980円から


イオンと日本通信が協業してできたイオン限定サービス メール・SNS向きのデータ通信を国内初の「月額定額980円」で展開! (日本通信)

docomoのMVNOとしてSIMフリー端末やUSIMカードを販売している日本通信が、あのスーパーのイオンと協業して、イオン専用のUSIMカードを販売するとのこと。

パッケージもおなじみイオンカラーです。

aeon_SIM_sample

「月額980円から」と書いてしまいましたが、980円のものは通信速度が最大100kbpsに制限というオチです。この他に最大400kbps(月額2,980円)と「ベストエフォートMbps」(月額4,980円)というラインナップがあります。「ベストエフォートMbps」というのがなんとも微妙な書き方ですが、必要な通信速度で料金が決まるというのはそれなりに分かりやすい感じです。

それよりなにより「イオンでUSIMカードを買う人いるの?」という素朴な疑問。確かにイオンの中には家電品コーナーを持つ店舗がありますが、携帯電話とセットならともかくUSIMカード単品でというのはちょっと厳しいのでは。組み合わせて使えるSIMフリー端末を隣で販売するなどの工夫が必要かと。

ただちょっと面白い試みではありますね。この調子で色々な業態とコラボしてUSIMカードを売るといいかも。例えばUSIMカードに投票券が1枚付属したAKB4…ゲフンゲフン。