日本通信」タグアーカイブ

26,800円のSIMフリースマートフォン「IDEOS」、日本通信から


IDEOS (日本通信)

ちょっと前の話なのですが、日本通信からHUAWEI製スマートフォン「IDEOS」が発表されています。12/24からオンライン販売が開始されており、12/28からは家電量販店などの店頭でも買えるようになります。

image

まず注目すべきはその価格。回線契約の縛り無しで26,800円というのは日本市場では破格の安さ。もちろん端末スペックもそれなりで、画面はQVGA(240×320)という最低スペックですが、とにかく安くAndroid端末を使いたいという人にはひとつの選択肢かもしれません。SIMロックがかかっていないいわゆるSIMフリーの状態で販売されますので、端末だけ買って手元のSIMで使うという方法もOKです。WCDMA 2100/800/1700MHzに対応するので、国内だとdocomo、SoftBank、EMOBILEの回線で使えることになります。

IDEOSと同時に、050電話番号を用いたIP電話サービスも発表されています。IDEOSのデータ通信を用いて、050電話番号をあたかも携帯電話のように使えるサービスを月額490円(税込)で提供します(2011年1月開始予定)。携帯電話の不安定なデータ通信でIP電話がどれだけ実用的になるのか、非常に興味がありますね。

さらにIDEOSに関しては、端末開発元であるHUAWEIの日本法人が「うちが関係した端末ではない」という発表を行っています。要するに日本通信が海外から輸入してきているというわけですね。何から何まで前例のない端末です。ちなみにEMOBILEから発売が予定されている同型機種「Pocket WiFi S(S31HW)」は日本法人が関係しているということで、なにやら大人の事情が見え隠れ。

この端末については、12/24のオンライン販売開始以来ずっと買おうかどうか迷っています。ここまで待ってしまったので、とりあえず12/28の店頭販売開始の様子を見てみようかと思います。

日本通信からiPhone用microSIMの優先案内が来たけど…


データ通信だけの「b-microSIM U300」については8/26に、音声通話もできる「talking b-microSIM プラチナサービス」については今日(8/29)に、それぞれ優先申込の案内が来たのですが、ヤフオクなどを見る限りSIMフリーのiPhone 4が10万円オーバーするんですよね…。プラチナサービスだと普通に1回線分の料金(月額6,260円)持って行かれるので、ちょっと冗談で契約するわけにもいかないですしw、残念ですがスルーですかねぇ。

日本通信のiPhone 4向けmicroSIM、カギは通信速度の最適化?


日本通信、SIMフリー版「iPhone 4」対応のmicroSIMカード (Impress)

ちょっと興味深い記述があったので。

「talking b-microSIM プラチナサービス」では、iPhone 4を快適に利用できる通信環境を用意するため、主要なアプリについて快適に使える通信速度や応答速度などを調査し、アプリ毎に最適な通信速度が割り当てられている。

アプリごとに通信速度を変えるといっても、全てのiPhoneアプリに対して帯域を設定することも出来ないでしょうから、基本一番遅い速度(300kbps?)でやっておいて、YouTubeやらUSTREAMやら帯域を食うアプリの時だけ速度を上げて、全体として帯域の消費を最適化するという感じなのでしょうかね。なるほどこの発想はMNOから帯域を買うMVNOならではですね。

このアプリごとに速度を変えるという仕組みのため、「プラチナサービス」のmicroSIMはiPhone 4専用(Androidや他の携帯電話では使えない)になるとのこと。SIMフリーiPhone 4を手に入れないことには試すことも出来ないというわけですねorz。でもそれが快適な利用のための条件となっているのもまた事実です。

日本通信がdocomo網でSIMフリーiPhone 4が使えるmicroSIMカードを発売


日本通信、ドコモ網でiPhone 4を快適に使えるマイクロSIMを発表 (日本通信)

前々から発表が予告されていた日本通信のiPhone 4用microSIMカードですが、今日(8/23)正式に提供が発表されました。

提供されるのは、音声通話もできる「talking b-microSIM プラチナサービス」(6,260円~/月)と、データ通信のみの「b-microSIM U300」(1ヶ月2,980円、6ヶ月パッケージ14,900円、1年パッケージ29,800円)の2種。プラチナサービスはiPhoneでの通信は速度制限なし(テザリングは上限300kbps)、U300は従来通り300kbpsです。利用には海外で発売されているSIMフリーのiPhone 4が必要です(iPhone以外の端末には対応しないという噂も)。

内容を考えれば妥当な価格なのでしょうが、6,260円というのはもうメインでガンガン使わないと割りに合わないあ価格で、興味で申し込んでおこうという感じではなくがっかり。SIMフリーのiPhone 4を手に入れられるようなリテラシーの高い(言い換えればマニアな)人向けでしょうね。決して一般ユーザーが気軽に手を出す感じではないでしょう。

個人的に興味があるのはSoftBankの動き。いわば日本通信が「SoftBankは品質が悪いからうちにおいで」と言っているようなものなので、ここで一発意地を見せて品質改善や価格面の見直しを期待したいところ。

日本通信のiPhone 4用microSIMカードに手を出すのか自分?


iPhone4用microSIMカード 優先リザーブメール登録フォーム (日本通信)

いや、購入可能になったときに知らせてくれるだけでしょ的な軽いノリで、昨日(8/9)登録したのですが、今日(8/10)になって日本通信のヘルプデスクからメールが来て、「音声通話もできるのとデータ専用の2種類から選べるけどあなたはどっちにする?」的なメールが届いてしまいました。えっ、そこまで具体的なの?

このアンケートは日本通信側があらかじめ数量を把握するためのもので、このメールをもって購入を確定するわけではないのですが、なんだか危ない階段を一歩登った感じがしますw。ちなみに自分は音声通話もできるタイプを所望しておきました。やはり携帯電話であるからには音声通話も出来なきゃね(iPhoneで通話なんてほとんどしたことないけどw)。