楽天モバイル」タグアーカイブ

【完結】楽天モバイルの解約済み電話番号で過去に登録したRakuten Linkネームが消えずに残っていたが、最近削除された件


楽天モバイルの電話アプリ「Rakuten Link」には、電話番号に紐づけたニックネーム「Rakuten Linkネーム」が登録できますが、そのデータが解約後も残っているという話題がありました。

【Twitterまとめ】楽天モバイルの解約済み電話番号で過去に登録したRakuten Linkネームが消えずに残っている件

具体的には、電話番号を入力して電話帳に登録しようとすると、解約前に登録していたRakuten Linkネームが名前の候補として表示されていました。それが最近になって、データが削除されているのを見つけたのでご報告。

続きを読む

【Twitterまとめ】楽天モバイルの解約済み電話番号で過去に登録したRakuten Linkネームが消えずに残っている件


話の発端は以下のツイートでした。

その後、楽天モバイルのサポート担当者様といろいろやり取りをして、最終的に以下のようなご案内をいただきました。

「お客様の解約済みの回線情報は削除予定のリストに含まれており、現在最終的な削除の確認中です」とのこと。いつかは消えるということのようです。ただ、最初に事象に気づいてからそろそろ2か月が経過しようとしている今日(2021年5月5日)現在、まだ情報は消えていません。ひょっとしてこの電話番号が次の契約者に割り当てられたときに消える(上書きされる)とかでしょうか?

ともあれ、Rakuten Linkネームには無難に電話番号を入れておくのがおすすめです。

#ついでだからmy 楽天モバイルの解約済み回線表示も消してくれませんかね。

AQUOS sense3 plus SH-M11で話題のネット専業ブランド「povo」を使う


自分がKDDIのネット専業ブランド「povo」を利用しているのは、SHARPのSIMフリースマホ「AQUOS sense3 plus SH-M11」です。

povoが公開している対応端末リストには含まれていませんが、特に引っかかることなく普通に使えています。理論上auに対応していればpovoでも使えるはずですが、利用は自己責任でお願いいたします。

なお、自分の場合はSIM1にpovo、SIM2に楽天モバイル(MNO)のSIMを入れて、気分で使い分ける予定です。

【朗報】札幌駅の屋内・地下施設が楽天モバイル自社エリアになった様子


今や札幌のそこそこの範囲で自社エリアが整備された楽天モバイルですが、屋内の整備は遅れがち。札幌駅に接続する施設の屋内や地下は最近までエリア外(auローミング)でした。

ところがいつからかこの屋内や地下が自社エリアになった様子。確認した限り、大丸やエスタのほか、JRと地下鉄の駅をつなぐ地下通路、札幌と大通をつなぐ地下歩行空間(チ・カ・ホ)などで楽天モバイルの自社エリアが展開されていました。個人的にこの辺が自社エリア化されると、楽天モバイルの使い勝手が一気によくなるのでうれしい限り。

ただ通信速度はあまり振るわず、良くて10Mbps程度、

悪い時には2Mbps以下になることも。

エリア整備されたのはうれしいのですが、速度的にはもう少し改善を期待したいところです。