秒速5センチメートル」タグアーカイブ

ガジェットで味わう「秒速5センチメートル」(その4:漫画版第9話編)


さて「月刊アフタヌーン」での連載が大詰めを迎えている「秒速5センチメートル」、本編そのものの感想は全部読むまで控えることにして(しかも私、漫画の第6話と第7話読んでませんorz。単行本待ち)、今日(1/25)発売の3月号に掲載された第9話に登場したガジェットを見ていくことにしましょう。

※この話題は1/8にまとめた三部作の続きです。こちらもご覧ください。
※ネタバレちょっとだけあります。

その1:時系列まとめと第1話「桜花抄」編
その2:第2話「コスモナウト」編
その3:第3話「秒速5センチメートル」編

***

さて第9話では、映画版・小説版では描かれることがなかった、大人になった明里が携帯電話を使う場面が2回登場します(夫となる男性・祐一からのメール着信と、同じく祐一との待ち合わせで通話する場面)。これがまた絶妙で、どのシーンでも端末本体は手に隠されるような描写になっていて、かろうじて背面が分かるのみ。あとメール着信時の画面に「メッセージR」「メッセージF」とあるのでDoCoMo端末ということはすぐに分かるのですが、なかなか特定が難しい感じになっています。あたかも特定厨への挑戦状のようなw。

しかし大きなヒントがありました。通話する場面をよく見ると、この端末はスライド式だということがわかります。第3話の舞台となる2007年~2008年の冬でdocomoでスライド式といえば、今はなき三菱(D)シリーズしかありません。Dのスライドはどれも同じような形をしているので難しいところもありますが、でもきちんと根拠を持って特定しましたよ!

明里が使っていたのは「D905i」です。発売時期も2007年11月とぴったりですね。前回特定した貴樹のP705i、理沙のW61CAといい、(ケータイマニアではない)普通の人にしては携帯電話が新しすぎる感じもしますがw、きっと作者が(物語の舞台である)2007年頃の携帯電話という条件設定でググッたのでしょうw。

D905i

以下に根拠をいくつか列挙します。

1) 劇中に描かれている端末の背面(露出したカメラ、LEDライトの配置など)が酷似。
2) 端末正面上部、スピーカーの左右に丸が描かれている。D905iにおいては左側の丸が照度センサー、右側の丸がインカメラ。特に左側の照度センサーが存在するのはD905iのみ。
3) 端末正面下部、分かりづらいがボタンが楕円形になっており、D905iとよく一致する。発売時期が近い端末で言うとD904iとD705iいずれも四角ボタン。

但し、劇中では端末がD905iより若干丸みを持って描かれています(D903iくらい?)。なので作者がD905iをベースに女性らしいフォルムとしてD903iの曲線を取り入れた可能性はありそうです。

スライドは特に女性に人気ありましたからね。しかしD905iは「ワンセグ・HSDPA・国際ローミング」の全部入りハイエンド端末。しかも新料金プラン導入直後の端末なので、バリューコースで買うと6万円近い値段だったはずです。そこまでして最新端末を買ったのはなぜか?「新婚旅行は海外だから国際ローミングできるのがいい」とかいう理由だとストーリー上激しく欝になりますw。でもありそうww。夫となる人に勧められたりしてwww。妄想が過ぎますね。

***

さて漫画版ももう少しで完結しそうな雰囲気です。読みそこねている第6~7話を含めて、早くコンプリートしたい気持ちともう終わってしまうという気持ちが綯い交ぜになっており、非常に複雑な心境です。少しでも救いのあるエンディングを迎えてくれるといいですね。

ガジェットで味わう「秒速5センチメートル」(その3:第3話「秒速5センチメートル」編)


私が正月休みでたまたまYouTubeで動画を見てしまって以来「前に進めなくなって」しまった「秒速5センチメートル」。この記事ではいよいよ第3話「秒速5センチメートル」に登場するガジェットを見ていきましょう。

※この話題は三部作(プラスアルファ)となっております。こちらもご覧ください。

その1:時系列まとめと第1話「桜花抄」編
その2:第2話「コスモナウト」編
その4:漫画版第9話編

***

【第3話「秒速5センチメートル」】

物語の舞台となっている(2007年~)2008年は、携帯電話で言えば

・アメリカでiPhone発表
・SoftBankの「ホワイトプラン」
・EMOBILEサービス開始

と、だいぶ最近の出来事になり、DoCoMoでいうと2007年の年末に「ワンセグ・国際ローミング・HSDPA」を全部載せして大ヒットとなった905iシリーズが発売されています。

そんな事を踏まえて、劇中の携帯電話を見ていきます。まず映画版には貴樹と、3年間付き合って別れた女性・理沙の携帯電話が登場します。このくらいの時期になるともうだいぶ記憶もはっきりしていて特定しやすいですね。まず貴樹の携帯電話ですが、WILLCOMの「WX310K」です。

wx310k
映画版第3話で貴樹が使う「WX310K」

貴樹はウィルコマーだったんですねw。SEだったということで会社支給かなと思いつつ、理沙からメールが着信して電話を取り上げる場面に離職証明書が写っている(つまり退職後)ので私物の様子。端末には「WILLDOM」というキャリア名w。でもロゴはWILLCOMのまんまw。ちなみに同じ画面には「C++プログラマのためのCOM入門 Windowsシステムプログラミング」という本も写っています。貴樹は小説版では携帯電話関係の開発をしていたことになっているので、この本は自己啓発でしょうかw。

一方の理沙が使っているのは、これも特徴のあるau by KDDIの「talby」ですね。

p_besshi_01
映画版での理沙の携帯「Talby」

さらにちなみに、貴樹のメールアドレスは「pdz.ne.jp」で終わっており、理沙のメールアドレスは「risa1219@ezwev.ne.jp」と、実在のドメインとは微妙に違っています(そりゃそうだw)。メールアドレスから推測するに理沙の誕生日は12/19でしょうかねw。

ここでちょっと気になるのが端末の発売時期。WX310Kは2005年11月25日、talbyは2004年11月23日の発売。物語の舞台が2008年ということを考えると、貴樹も理沙も物持ちがいい感じです。まあウィルコマーの貴樹は変えたい端末がなかっただけかもしれませんし、talbyユーザーは長く使いそうですしね。

一方の漫画版では、貴樹の携帯電話がDoCoMoの「P705i」(2008年1月25日発売)、理沙がau by KDDIの「W61CA」(2008年2月1日発売)となっています。

image
漫画で貴樹が使っていた「P705i」

news023
同じく漫画での理沙の携帯「W61CA」

これらの端末だと、機種変更したばかりと想定すればぎりぎり舞台の設定に間に合う感じです。漫画版にするにあたってそのへん見なおしたんでしょうかね。ちなみに漫画版で貴樹と理沙が電車内でメールをやり取りする場面で、件名が「Re:Re:」となっていたのはP端末の挙動ですかね。このままやりとりを続けると「Re:Re:Re:…」とすごいことになりますw。

***

以上、ブログ記事3本にわたって、「秒速5センチメートル」に登場したガジェットを追ってきました。こういう取り上げ方しか出来ないのは、自分がまだ完全に「秒速5センチメートル」のなんともやるせない物語を受け入れきれていないことの現れでもあります。現在進行中の漫画版では映画・小説では描かれていなかった内容も描写されているようですし、今までより救いのあるエンディングを迎えて欲しいと思ったりしています。ただあの欝エンディングあっての「秒速5センチメートル」という話もありますからね…漫画版がどのように着地するか、今から楽しみです。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。「これはおかしい!」とかありましたら、ツッコミいただければ随時再検証して修正をかけていきたいと思います。

ガジェットで味わう「秒速5センチメートル」(その2:第2話「コスモナウト」編)


私が正月休みでたまたまYouTubeで動画を見てしまって以来「前に進めなくなって」しまった「秒速5センチメートル」。この記事では第2話「コスモナウト」に登場したガジェットを紹介します。

※この話題は三部作(プラスアルファ)となっております。こちらもご覧ください。

その1:時系列まとめと第1話「桜花抄」編
その3:第3話「秒速5センチメートル」編
その4:漫画版第9話編

***

【第2話「コスモナウト」】

第2話「コスモナウト」は舞台が1999年夏~秋の種子島です。携帯電話で例えると、1999年2月に言わずと知れた「iモード」がスタートした時期です。そんなタイミングを考慮してガジェットを見ていきましょう。

高校生になった貴樹は、「出すあてのないメールを打つ癖」が付いており、時折メールを打っては消していました。さてまず映画版から行きましょう。貴樹が使っていた携帯電話は折りたたみ式の白黒画面端末で、画面はmovaの頃のPanasonic端末のようで、ただ端末には古いEZwebロゴのボタンがあったり、明らかにauをもじったロゴが付いていたりと、この端末も特定に苦労しました。しかしちゃんと調べましたよ!

映画版で高校生の貴樹が使っていたのはauの「C3003P」です。

c3003p01
映画版で高校生の貴樹が出すあてのないメールを打っていた「C3003P」

スクリーンショットがこちら。一瞬映る待ち受け画面下のアイコン、メール送信画面のレイアウトなど完全に一致します。特に待ち受け画面において、DoCoMoのmova端末とはソフトキーの左右が逆(movaは左が電話帳、右が履歴)であるところなども映画ではきちんと表現されています。

a01b07

「あれでも待てよ、この端末は画面がカラー」…ということで調べたところ、この端末は発売が2002年3月。きっとメールを打ち終わって端末を折りたたむ操作を表現したくて、(1999年当時の端末はまだまだストレートが主流だったので)C3003Pの画面だけ白黒にして時代感を合わせたのでしょう。

一方漫画版では、DoCoMoの「N501i」が使用されています。こちらは独立した方向キーが特徴的だったので特定は楽でしたね。

N501i
漫画版で高校生の貴樹が使っていた「N501i」

このN501i、発売が1999年3月18日なので、「コスモナウト」の時点で貴樹が持っていても不思議ではないですね。ただこの当時はまだまだ携帯電話の基本料金も高く、高校生が手軽に持てるものでなかったこともまた事実。まあ小学生の時にもスーパーファミコンありましたし、貴樹の家は比較的裕福だったのでしょうw。

さて次はいよいよ第3話「秒速5センチメートル」です。漫画版は現在進行中ですが、今分かっているところまできちんとまとめたいと思います。

ガジェットで味わう「秒速5センチメートル」(その1:時系列まとめと第1話「桜花抄」編)


正月休み期間中にたまたま「HD」というキーワードでYouTubeを検索して動画と出会い、その後の正月休みを(いい意味で)やるせなくさせてしまった「秒速5センチメートル」。映画の公開は2007年と少し前なのですが、現在漫画の連載が「月刊アフタヌーン」で佳境をむかえています。このタイミングでこの作品に出会えたのは「それだけでもう十分に奇跡だと」思います。私はもうしばらくは(この作品から離れて)前に進むことはできないと思いますがw。

現状の私のステータスとして、映画のDVDと小説はコンプリートしました。漫画は単行本(1~5話)と雑誌(8話)を読んだ状態です。作品自体の感想は、自分自身まだ心の整理が付いていないこともあり、漫画をコンプリートした後で語りたいなと思っています。漫画ではもう少し救いのあるエンディングになることを祈って。

※この話題は三部作(プラスアルファ)となっております。こちらもご覧ください。

その2:第2話「コスモナウト」編
その3:第3話「秒速5センチメートル」編
その4:漫画版第9話編

***

さて、「秒速5センチメートル」は描写が細かいので、明らかに実在するガジェットが物語のキーとして描かれているのですが、そういう観点でまとめているサイトは(Google先生に聞く限り)あまり無かったので、「バリいくつ?」の名にかけて(?)まとめてみようと思い立ち、数日かけて調査しました。特定厨だって、ええそうですが何かw。

【前提】

物語のタイムラインを以下のように推定します(多分当たっていると思います)。とりあえずガジェットが関係しているところだけ。

  時期 イベント 根拠(映画から)
第1話
「桜花抄」
1995年
3月4日
貴樹、明里の待つ岩舟駅へ 小説の帯より「一九九五年の冬の終わり…」
第2話
「コスモナウト」
1999年
夏~秋
物語全般、ロケット打ち上げ 花苗が告白しようとした日、種子島コーヒーの賞味期限が「99.10.18」
第3話
「秒速5センチメートル」
2008年
2月
貴樹、理沙に振られて無職でぶらぶら 理沙からのメールのタイムスタンプが「2008/02/02 15:15」
2008年
3月
貴樹、踏切で明里とすれ違う 部屋のホワイトボードに「2008年3月」の打ち合わせ予定が書かれている

実はこのタイムラインにはちょっと矛盾があって、映画や漫画では第1話で貴樹が明里に会いに行った当日のカレンダーが金曜日と映しだされるのですが、実際の1995年3月4日は土曜日です。まあ誤差ということで。ともあれ以後の話は上記のタイムラインを前提として進めさせていただきます。

【第1話「桜花抄」】

物語の舞台となる1995年3月。まず携帯電話ですが、DoCoMoが800MHz帯PDC(第2世代デジタル)携帯電話のサービスを全国に拡大中という状態です。当時の携帯電話はまだ誰もが持てるという状態ではなく、当然劇中にも携帯電話は登場しません。

他のガジェットに目をやると、中学入学を間近に控えて明里から転校のことを聞かされショックを受ける貴樹の部屋に、スーパーファミコンが見えます。タイムラインから逆算するとこのときは1994年新春といったところ。1992年には「ストリートファイターII」「スーパーマリオカート」「ドラゴンクエストV」など、1993年には「スターフォックス」などの作品が発売され、スーパーファミコンが家庭用ゲーム機の主流となったタイミングに一致します。

また、雪で電車が遅れて貴樹が焦る様子を象徴的に描写していた腕時計ですが、小説によると「中学入学祝いに買ってもらった黒いGショック」となっています。映画版・漫画版ともに同じ外見で、ほぼ間違いなくカシオのGショックなのですが、ぴったり合致するモデルがなかなか見つからず。実はこのGショック探しが今回一番大変だったのですが、「バリいくつ?」の名にかけて見つけ出しましたよ!

これが13歳の貴樹の腕時計「CASIO G-SHOCK G-2500-3V」です!

G2500-3V
中学生の貴樹がしていた腕時計「CASIO G-SHOCK G-2500-3V」

著作権の都合上映画のスクリーンショットなど掲載できないのが残念ですが、比較していただければもう完全に一致することがわかるかと思います。GショックマニアのWebページはたくさんありますが、そういうところでいくら探しても見つからないと思ったら、このGショックは海外モデルで2001年3月に発売されているとのこと。そりゃ見つからないわけだわ。楽天市場でも売り切れているようなので、貴樹マニアwの方は探してみても面白いかもしれません。

さてこの記事はここまで。次の記事では引き続き第2話「コスモナウト」と第3話「秒速5センチメートル」に登場したガジェット(携帯だけですがw)の数々を紹介しますよ!

【読書開始】小説・秒速5センチメートル


小説・秒速5センチメートル (ダ・ヴィンチブックス) (Amazon.co.jp)

正月の間にすっかり魅了されてしまい、Amazonで次々と関連商品をIYHしてしまった「秒速5センチメートル」。もはや3年以上前の作品なので、世間一般的には何を今更なのでしょうが(゚ε゚)キニシナイ!!

というわけでまずは小説が手元に届きました。じっくりと読み進めたいと想います。感想はまた後日。