純増数」タグアーカイブ

2009年3月純増数


今日(4/7)、2009年3月の携帯電話キャリア純増数が発表されました。

キャリア 純増数 備考
docomo 278,200 2in1:1,100
モジュール:-21,100
KDDI 223,100 モジュール:7,700
SoftBank 381,700 ダブルナンバー:2,700
モジュール:24,100
EMOBILE 121,900  
WILLCOM 6,100  

IP接続サービスは以下の通り。

サービス 純増数
iモード 232,700
EZweb 213,000
Yahoo!ケータイ 272,400
EMnet 1,300

MNP転入出は以下のとおり。

キャリア MNP転入出
docomo -31,900
KDDI 5,600
SoftBank 33,400
EMOBILE 0

今月は各社とも好調だったようで、全キャリアの純増数合計が100万を突破しています。そんな中で細かく見ていくと、docomoのMNP転出数とモジュール純減数が気になるところ。SoftBankのモジュール純増数(24,100)と、docomoのモジュール純減数(-21,100)が拮抗していることから、どこか大きな会社のモジュールが丸ごとdocomoからSoftBankに乗り換えされたのではと推測しますがどうでしょうか。docomoは純増数が確保できているからと油断すると、このあたりで足元をすくわれるかもしれません。

KDDIがdocomoと同数程度の純増を確保したこともトピックです。一時期調子の出なかったKDDIも、年度末商戦にはそれなりの結果を残せたようです。これからはiidaも控えていますし、もう一段の飛躍を期待しておきます。

SoftBankはまたも純増首位を確保しています。ただ純増数における関東管轄の割合が72%近くになっており(docomoは42%、KDDIは38%、管轄が微妙に違っているので単純比較はできませんが)、とにかく数のとれる首都圏で徹底的に数を取る、あるいは法人契約(関東管轄にカウントされる)を取りに行くという戦略が透けて見えます。逆にいえば、他地域では必ずしもSoftBankが1位ではないわけで、たとえば北海道ではKDDI > docomo > SoftBankになっています。この関東偏重の傾向があとで問題にならなければいいのですが…。

EMOBILEは、上位3社の勢いから少々置いていかれたような感じです。データ端末だけでは潜在ユーザー数に限りがありますし、首都圏ではネットワークの混雑が激しくなっていると聞きます。データ端末以外の手を打っていく必要があるのではないでしょうか。

WILLCOMはいつもどおりわずかな純増で、見るべき数字はない感じです。

3月は携帯電話商戦が盛り上がったことが数字から伺えますが、その反動として4月の純増は少なくなることが予想されます。少ないパイをどのキャリアが奪っていくのか、来月のお楽しみとしておきます。

2009年2月純増数


今日(3/6)、2009年2月の携帯電話キャリア純増数が発表されました。

キャリア 純増数 備考
docomo 103,100 2in1:-5,000
モジュール:11,900
KDDI 56,900 モジュール:6,000
SoftBank 131,000 ダブルナンバー:2,300
モジュール:0
EMOBILE 96,500  
WILLCOM 8,300  

IP接続サービスは以下の通り。

サービス 純増数
iモード 61,000
EZweb 50,700
Yahoo!ケータイ 58,500
EMnet 2,500

MNP転入出は以下のとおり。

キャリア MNP転入出
docomo -7,100
KDDI 3,900
SoftBank 2,900
EMOBILE 200

興味深いのは、docomoがMNP転入出で一人負けになっているにも関わらず、純増数では1位のSoftBankと拮抗する形で2位になっていることです。MNPの利用率自体が下がってきており、純増数の趨勢にあまり影響を与えなくなってきているということでしょうか。

また、SoftBankの純増が関東に集中しているのも少々気になるところです。131,000の純増数に対して関東だけで114,000という数字で、他地域で比較すれば必ずしもSoftBankが首位ではありません(北海道ではdocomo>KDDI>SoftBank)。SoftBankは法人契約分がすべて関東に計上されるという話もあり、それだけ法人営業部隊が成果を挙げているとも言えそうですが、実態とかけ離れているのではと思ったりもします。

KDDIの復調もトピックでしょう。ここしばらくKDDIはどん底の状態でしたが、2月はそこそこ回復してきています。これに甘んじることなくサービスや端末の改善を急いでほしいところです。

2009年1月純増数


今日(2/6)は月に1度の携帯電話キャリア純増数発表日でした。

キャリア 純増数 備考
docomo 64,300 2in1:2,200
モジュール:-600
KDDI 12,600 モジュール:-1,300
SoftBank 120,400 ダブルナンバー:1,700
モジュール:0
EMOBILE 71,700  
WILLCOM -20,800  

IP接続サービスは以下の通り。

サービス 純増数
iモード 30,900
EZweb 13,300
Yahoo!ケータイ 73,000
EMnet 2,300

MNP転入出は以下のとおり。

キャリア MNP転入出
docomo 2,500
KDDI -7,300
SoftBank 4,500
EMOBILE 2,00

全体的な流れとしてはここ最近から大きく変わらず、SoftBankが純増トップ、EMOBILEとdocomoが続き、KDDIが沈んでいる感じです。WILLCOMは先月プラスでしたが今月はマイナスでした。

やはりKDDIの落ち込みがひどい感じですね。春モデルはそれなりの感じなのでもう少し盛り返せるかもしれませんが、サービス面でこれという目玉がないのがつらいところです。もうしばらく辛い状況が続くでしょう。

来月は春モデルが本格的に統計に乗ってきます。不況の折携帯電話をどれだけ売ることができるか、しんどいかなとも思いますが底力を期待したいですね。

SoftBankとEMOBILEとdocomoが肉薄、KDDI一人負け-12月純増数-


12月の各キャリア純増数が明らかになりました。

キャリア 純増数 備考
docomo 120,400 2in1:12,400
モジュール:5,800
KDDI 36,000 モジュール:6,200
SoftBank 135,200 ダブルナンバー:2,300
モジュール:-200
EMOBILE 108,600  
WILLCOM 1,300  

今月はSoftBank、EMOBILE、docomoが肉薄し、KDDIが置いてけぼりという感じの結果になりました。KDDIの落ち込みは本当に深刻ですね。

IP接続サービスは以下の通り。

サービス 純増数
iモード 59,000
EZweb 30,200
Yahoo!ケータイ 102,600
EMnet 3,500

docomoの純増数に占めるiモード純増数の割合が低いのが気になるのですが、それでもEZweb純増数を上回っているわけで、少なくともKDDIが一人負けしているという状態は明らかです。今のau携帯電話は、端末面でもサービス面でも行き詰まり感があり、積極的に選ぶ材料がない状況です(少なくとも個人的にはそう思っています)。近々発表される春モデルが突破口となればよいのですが、個人的にはもうしばらくKDDIの低迷は続くのかなと思っています。

KDDI凋落~11月純増数


11月の各キャリア純増数が今日(12/5)発表されました。

キャリア 純増数 備考
docomo 65,100 2in1:2,100
モジュール:9,900
KDDI 15,800 モジュール:6,700
SoftBank 113,000 ダブルナンバー:1,600
モジュール:0
EMOBILE 97,300  
WILLCOM 4,700  

今月の傾向を一言で言うならば、タイトル通り「auの凋落」ではないでしょうか。純増数では携帯電話キャリア中最下位、MNPも最悪(マイナス13,200件、他社はdocomo:マイナス1,100件、SoftBank:プラス13,800件、EMOBILE:プラス500件)。確かにauの冬モデルは他社に比べて魅力が劣ると(個人的には)思っていましたが、ここまで落ちてしまうのかというくらいです。事実上の一人負け状態です。

逆に絶好調といえるのはEMOBILEではないでしょうか。純増No.1こそSoftBankにゆずったものの、データ通信を中心に据える戦略(100円PCなど)がはまっているといえるでしょう。docomoは堅調、SoftBankはいつも通りという感じですね。

IP接続サービスは以下の通り。

サービス 純増数
iモード 20,800
EZweb 6,500
Yahoo!ケータイ 80,600
EMnet 4,200

KCP+の不安定さに泣かされ、800MHz再編に伴って基地局整備を余儀なくされ、cdma2000から系統の違うLTEへの移行を強いられ、さらにこの状態です。KDDIは本当に波が引いたような状態ですね。ただKDDIは過去にも不調に陥った時期がありました。今回もこのままでは終わらないでしょう(というかそうなってほしいという願望です)。

来月の発表は12月分、冬モデルが本格的に統計に反映され、不況とはいえボーナスやクリスマスなど動きが大きいことが予想されます。冬モデルが支持されるのはどのキャリアか?注目しましょう。