」タグアーカイブ

妻の新しい詩集「詩集 烈風」を紹介いたします


「詩集 烈風」

poem_cover_2
(画像クリックで詳細ページへ)

統合失調症を患う妻のライフワークとなっている詩作ですが、この度新たな成果として「詩集 烈風」を出版することができました。今回の詩集のテーマは彼女の病気との闘いの日々そのものであり、言葉の一言一言から発せられる熾烈な闘病の歴史に圧倒されます。自分の病気のことをテーマにして世間にさらけ出すことにはそれなりに葛藤もあったのでしょうが、その過去さえも今の彼女を形作っているという事実を考えて、私は彼女の英断を肯定します。

このブログの読者の皆様には詩に興味がある方は少なそうですが、よろしければリンク先の詩の見出しだけでも見てやってください。

「吉川千穂詩集 再生」発売!


吉川千穂詩集「再生」

私の妻がしたためた詩集「吉川千穂詩集 再生」が発売開始となりました。

saisei_cover

妻の詩は私もしばしばブログで読んでいるのですが、書籍になったものを読むと、言葉の一つひとつがより重みを増して訴えかけてくるのが分かりました。妻の創作活動は現在も続いており、最新作をブログ「野の花のように―統合失調症の主婦エッセイ」で読むことが出来ますが、より深くことばの重みを感じる事ができるという意味で、本を手にしていただくことをお薦めしたい次第(手前味噌ですみません)。

詳細は紹介ページをごらんください。ご注文やお問い合わせのアドレスも紹介ページに書いてあります。

妻が詩集を出すので紹介いたします


私事なのですが、妻がブログに書きためた詩をまとめて詩集を出版することになりました。今までは匿名でブログを書いてきた妻ですが、この機会に本名出し、ブログバレしても構わないということでしたので、この場で宣伝させていただきます。

ブログが本になりました (野の花のように―統合失調症の主婦エッセイ)

詩集の名前は「吉川千穂詩集 再生」です。

poem_cover_color
(扉絵は変更される場合があります)

軽く背景を説明しておくと、妻は統合失調症という障がいを抱えており、精神的な不自由のため日常の行動が制限される状態です。そんな葛藤の日々から生まれでる言葉の数々をまとめたら、自然と詩になったという次第です。

発売は2/13、税込1,575円(税込)です。購入希望の方がいらっしゃいましたら、以下メールアドレスまでお知らせください。妻が直接対応させていただきます。まあ私にご連絡いただいても妻に取次ぎますがw。

nonohananoyouni★gmail.com(★を@に変えてください)

またこの際妻のブログも紹介させていただきます。「野の花のように」は初期はエッセイ、現在は詩の創作を中心に展開しているブログです。今回出版されるもの以外にも、多くのエッセイや詩が掲載されていますので、興味がある方は一度覗いてみてください。

「バリいくつ?」ともども、よろしくお願いいたします。