タグ別アーカイブ: ACアダプター

【S-MAX・記事掲載報告】「スマホのちょっと深いとこ」:USB給電能力徹底調査


電源の性能の違いは電力供給能力の決定的な差か?ACアダプターやモバイルバッテリーの実力を実測テストで検証【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】 (S-MAX)

e8267ae5

今回の「スマホのちょっと深いとこ」は、USB経由の給電能力をいろいろ調べてみました。上海問屋の電圧電流計がITmediaで紹介されたときに衝動買いしてしまったのですが、今回の記事で結構元がとれたかとw。電源側がハイパワーでも機器側が受け入れられないと十分なパフォーマンスが出ないというのは感覚的にはわかっていましたが、実測により数値を示せたのは成果かと。Nexus 7 (2012)は本当に電源との相性が激しくて……。

TwitterやFacebookなどの反響もいつもより多いようです。やはりスマートフォンやタブレットの充電は多くの人にとって興味深いテーマということなのでしょう。

この電圧電流計のようなアイテム、もっと大手メーカーが出したりしないかな? 結構ニーズありそうな気もしますが。

SoftBankフェムトセル「ホームアンテナFT」をつなぐ「光BBユニット」のACアダプターが交換された


SoftBankのフェムトセル(超小型携帯電話基地局)「ホームアンテナFT」は、フレッツ機器との間に「光BBユニット」という機器を挟んで接続していますが、その光BBユニットの交換ACアダプターが6/14にいきなり送られてきました。予告があったかなかったか記憶がはっきりしていないのですが、少なくとも事前に意図はしておらず、交換の準備もしていなかったので驚きました。

bbunit_ac_adaptor

ネット検索すると、結構前(5月くらい?)から案内されているようですが、うちに案内来てたかなあ?

iPhoneのACアダプター交換


Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ交換プログラム (Apple)

iPhoneに付属のACアダプターについて、

アップルでは、特定の状況下において Apple 超コンパクト USB 電源アダプタのプラグ部分 (金属製の差し込み部分) が外れて電源コンセント内に残り、それが感電の原因となる可能性があることを確認いたしました。

ということで、10/10以降交換プログラムが開始されています。交換のためには、Web上で申し込むか、Apple直営店に行く必要があり、どちらにしてもiPhoneのシリアル番号が必要になります。

そういうわけで今日(10/14)アップルストア札幌にてACアダプターの交換をしてきました。iPhoneのACアダプター交換の旨を告げ、住所、名前、電話番号、メールアドレスを紙に書いた後でiPhoneのシリアル番号を伝えると、しばし待たされた後に交換のACアダプタを手にすることができました。なお交換用のACアダプターは必ずしも店頭在庫があるとは限らないようなので、これから行かれる人は事前に電話などで在庫を確認しておいた方がよいでしょう。

DSCN1232 DSCN1236

(左)ACアダプター1個を結構大げさな袋に入れて渡してくれました。(右)交換されたACアダプターには緑色の印がついています。

正直自分はこのACアダプターをあまり使っていないのですが、とりあえずは一安心と行ったところですね。

iPhoneのACアダプターに不具合


米アップル、iPhoneのアダプター無償交換 (NIKKEI NET)

DSCN0975

iPhoneのACアダプターに不具合があり、Appleは全量を交換対応するそうです。

アダプターの金属製の差し込みプラグが外れて電源コンセント内に残り、感電の原因となる恐れがある。

ってことは、このコンセントの部分だけがスポッと抜けるということですか?おっかないですねぇ。交換は10月10日から、ウェブサイトや直営店で受け付けるということです。個人的にはiPhoneの充電はPCのUSBで行っているので、ACアダプターはほとんど使っていないのですが、念のため交換してみようと思います。

iPodのバッテリーなども発火するような話題もありましたし、Appleには安全管理の徹底をお願いしたいところです。