ADATA」タグアーカイブ

これが64ビットの本領だ!


Phenom II X4+AMD785Gの環境でWindows 7 Enterprise 90日評価版(64ビット)を走らせています。4GBのメモリを搭載していたのですが、オンボードグラフィックを使っているためメモリを食われて、3.5GBしか利用できません。32ビットOSだったときは2.5GBだったので1GB増えたのは間違いないのですが、せっかくの64ビットOS、もっと盛大にメモリをつんでみたいと思うじゃないですか(言い訳)。

というわけで買ってきてしまいました。ADATAのDDR3メモリ、2GB×2。Phenom IIで最初に組んだときと同じメモリです。

DSCN2641

搭載するとこんな感じになります。統一が取れていて美しいです(性能には関係ないですがw)

DSCN2642

その結果がこちらです。メモリ8GBが見事に認識され、オンボードグラフィックに食われていても7.5GBものメモリが利用可能になっています!エクスペリエンス インデックスの数字が振るわないのはグラフィックがオンボードになっているからで、ゲームとかしない私には関係ないので(゚ε゚)キニシナイ!!

image

現実問題、これだけのメモリを食いつぶすことはあまりないとは思いますが、まあ自己満足ですね。64ビットの本領発揮といったところです。

Phenom II X4をフル稼働させてみた


CPU: AMD Phenom II X4 945
CPUファン:リテール
M/B: GIGABYTE MA785GT-UD3H
MEMORY: ADATA DDR3 2GB×2

この構成で動画エンコードをフル回転させてみました。

結果、CPU温度は最大51度で安定。これならば高負荷で連続運転しても大丈夫そうです。

しかしフル回転時はCPUファンの回転数が上がり、騒音が増えます。私は気になりませんが、人によってはより冷えるCPUファンへの交換を検討したくなるかもしれません。

ファンの向きには要注意


メインマシンのマザーボード・CPU・メモリを以下に交換して運用していたのですが、どうもCPUの温度が高め(50度くらい)でCPUファンの回転数も高い(うるさい)ような気がしていました。

CPU: AMD Phenom II X4 945
M/B: GIGABYTE MA785GT-UD3H
MEMORY: ADATA DDR3 2GB×2

で、せっかく組みあがったマシンをもう一度空けてみていろいろ調べたところ、ケースに組み付けられたファン2個+電源のファン1個が、全部「吸気」になっていることが判明しました。

つまりことごとく空気を吸い込むばかりで、吐き出す場所がなかった(仕方なくケースの隙間から漏れ出ていた)わけです。この環境は以前のPentium4を組み付けたときに作ったもので、それ以来何年も、排気ファンがない状態のまま運用していたわけです。なんとも恥ずかしい…。

ファン1個の向きを逆にして空気の流れを作ってやることで、Cool’n’Quietの効果もあってか温度は35度~45度の間で安定し、CPUファンの回転数も幾分低くなって、騒音も実用的に抑えられました。CPUやメモリといったパーツに比較してファンは価格も安く軽視しがちなのですが、たかがファンされどファン、これからはこんなへまをしないよう注意しようと思います。

メインマシンパーツ組み込み記


メインマシンのマザーボード・CPU・メモリを以下に交換したときの映像記録です。

CPU: AMD Phenom II X4 945
M/B: GIGABYTE MA785GT-UD3H
MEMORY: ADATA DDR3 2GB×2

開封してマザーボードとご対面です~。新品のマザーボードを手にするのはもう何年振りでしょう。憧れのPCI Expressですよ~(←時代遅れの私ですw)

DSCN2445

で、こっちがCPUです。AMD Phenom IIの文字がまぶしいです。この中にコアが4個も入っているなんて、いままでずっと偽者デュアルコア(=Hyper Threading)のPentium4で我慢してきた身としては信じがたく。

DSCN2447

CPUについてきたクーラーです。とりあえずリテールのままで組み立てておくことにします。最近の単品売りのCPUクーラーは大きいですね。

DSCN2449

CPUクーラーの裏にはあらかじめシリコングリスが塗布されていました。最初の1回だけですがお手軽に組み立てができますね。

DSCN2453

マザーボードにCPUを装着。マーク(写真ではCPU左下)を目印に装着します。

DSCN2452

CPUクーラーを装着したところ。AMDのCPUクーラーは金具になっているので作業しやすかったです。とはいえ、マザーボードをケースに組み付ける前でないと作業が面倒そうですね。

DSCN2455

メモリを装着。デュアルチャネルで動作させるためには同じ色のスロットに2枚差し込むべしとマニュアルに書いていました。

DSCN2457

もろもろつないだところです。ケーブルが汚いのは気にしないw。

DSCN2460

で、無事BIOSまでは起動したのですが…

DSCN2462

このあと、Pentium4で動いていたWindows VistaのHDDをそのまま起動させようとしたところ、一瞬ブルースクリーンが表示された後再起動がかかる無限ループに陥ってしまいました。いろいろ試したのですが、試行錯誤するより新規にOSを入れてしまったほうが早いということで、Windows 7 RCをインストールして今に至ります。

初期設定でいろいろあったのですが、現在は安定稼動しています。4万円そこそこで大幅なパワーアップを果たした自宅メインPC。これでHD動画も地デジも大丈夫だぜ!(どっちもあまり見ないけど)。Windows 8までは大事に使いたいです。

メインマシン強化は波乱万丈


発売したてほやほやのAMD785GマザーボードにPhenom II X4とDDR3メモリを買ってきて、自宅でのメインマシンを強化しようとしていますが、結構どっぱまり中ですorz。

【事の顛末】

やったー新しいパーツ買ってきたぞ!早速メインマシンに組み込もう

組み込み完了。とりあえず今までのVistaのイメージを起動してみよう

あれ、起動中に一瞬ブルースクリーンが出たあともう一度BIOSに戻ってしまうぞ

セーフモードでも状況は同じ

Vistaの修復セットアップをしてみよう。改善ないぞ

やっぱりPentium4で稼働していたVistaイメージだからそのままは動かないか←早く気付けよw

せっかくだからWindows 7 RCをDVDから起動してアップグレードしてみよう

DVDから起動したらアップグレードは選べないのか

もう仕方ないからWindows 7 RCを別のハードディスクに新規に入れてしまうか←イマココ

というわけで、メインマシンはまだ稼働に至っていません。Windows 7 RCを別ハードディスクに新規インストールして、10/22の正式版発売まで持たせる感じにしようかなと思います。