ATOK」タグアーカイブ

2008年萌えたガジェット


主に携帯電話について書くことが多い「バリいくつ?」ですが、この記事では携帯電話以外の新製品で印象深かったもの(購入した・しないに関わらず)をいくつか列挙してみたいと思います。

Intel ATOMプロセッサ

NetBook等への利用が想定された低消費電力・低価格のプロセッサです。本来の利用方法以外に、Atomが搭載されたMicroITXのマザーボードが1万円程度で売られたことで、ちょっとした小型PC自作ブームになりました。私は小型ではありませんが、Atomマザーボードでマシンを1台作り、VMware ESXiをインストールしてホームサーバーにしています

JR北海道 ICカード乗車券「Kitaca」

kitaca003

10月25日からJR北海道の札幌圏で導入されたICカード乗車券です。まあ「Suicaの北海道版」ですね。売り上げが予想以上に好調だったため制限がかかり、12月現在Kitaca定期券以外のKitaca(記名・無記名)は購入することができません。2009年3月14日からSuicaとの相互利用および電子マネーサービスが始まる予定です。モモンガかわいいよモモンガ。

オリンパス・パナソニック「マイクロフォーサーズ」

デジタル一眼カメラのレンズマウント規格「フォーサーズ」をより小型化した規格です。マイクロフォーサーズ1号機としてはパナソニックよりDMC-G1が発売されています。フランジバックが短く(そのためミラーボックスを搭載しないことが前提)従来の1眼レフカメラとは異なった新しい商品カテゴリの創出が期待されます。個人的にはフォトキナで発表されたオリンパスのマイクロフォーサーズカメラが気になっています。

olympus_microfourthirds

無線LAN機能付きSDカード「Eye-Fi」

12月22日より出荷開始されました。デジカメにセットして写真を撮ると、無線LANで自動的にPCや写真共有サイト(FlickrやPicasaなど)に画像を送信してくれるという優れものです。私も早速購入して便利に利用しています(1,2,3,4)。

Google Chrome

Google製のWebブラウザです。レンダリングエンジンはWebKit、JavaScriptエンジンはV8を採用し、高速な動作が売りです。9月にベータ版が公開され、12月12日に正式版に移行しました。個人的にはFirefoxをメインブラウザとしており、Gmail ManagerやTwitterFox、FoxmarksのようなプラグインがChromeで使えるようにならない限り移行は考えられないのですが、検証用として自分のPCにはもれなくChromeがインストールされています。

ジャストシステム「ATOK定額制サービス」

ATOKといえば網説明の必要もないであろう日本語入力エンジンですが、このATOKを月額300円の定額制で利用できるようにしたサービスです。ここ最近のMS-IMEの頭の悪さに業を煮やして導入して以来、ATOKの虜になっています。自分が利用するパソコンであれば最大10台までインストールできるライセンス体型になっているので、自宅と職場の両方で利用できて便利な限りです。

 

いやぁこうやってみると、携帯電話以外にもおもしろそうなものがいろいろとありましたね。マイクロフォーサーズ辺りは来年我慢しきれずに買ってしまうかもしれません。こういう世界情勢ですが、暗い雰囲気に負けずに来年もおもしろいモノがたくさん出てきて欲しいと思う限りです。

月々300円でATOKはいかが?


ATOK定額制サービス (ジャストシステム)

基本的にパソコンの日本語入力メソッドにはこだわらない人なのですが、最近のMS-IME(それも2007)があまりにひどい感じで非常にストレスがたまっていました(開発が中国に移ったというのは本当なのでしょうかね)。最近では記事書きの仕事もそれなりにしているので、もう少し効率のよい日本語入力はないものかと考えてきました。

日本語入力といえば圧倒的な知名度を誇るジャストシステムの「ATOK」ですが、このたび月額300円でATOKが使える「ATOK定額制サービス」がスタートしたので、早速自分の周りのパソコン数台に導入して評価中です。

前述の通り、基本的に日本語入力メソッドにはこだわらない(正しい結果が出てくれればそれ以上の付加機能は要求しない)ので、ATOKをMS-IMEのキーバインドで使っています。今からATOKネイティブのキーバインドに移行するのはそれなりに大変ですし、仕事でMS-IMEを使わざるを得ないこともあるので、MS-IMEとほぼ同じ操作法でATOKが使えるのはありがたい限りです。

このサービスがいいなと思っているのは、月額300円の中にPC複数台(最大10台)の利用権が含まれていること。もちろん「同時に使用しない」「自分(ライセンス購入者)のみが使用」という条件はありますが、それでもデスクトップPCとノートPC、さらにはサブPCや仕事場のPCなど、自分が使うPCにことごとくATOKが導入できるのは非常に助かります。

で、肝心の使い勝手なのですが、きわめて普通です。変換精度はいいといえばいいのですが、「よくて当たり前」なので別に感動もなく、ただMS-IMEが悪すぎたという感じで。ただ現在の入力モードがカーソル位置に表示されるのは便利ですね。

今はとりあえず30日の体験版期間中を有効に活用中です。本格的にATOKを使うかどうかはまだ考えていませんが、今のところ相当な好感触です。

余談ですが、ATOK定額制のロゴはこちら。

image

どこかで見たことがあると思ったら、docomoのパケホーダイ関係のロゴがこんな感じ。

image

…ぎりぎりセーフですかねw。