Atom」タグアーカイブ

初代AtomマシンでWindows 8を動かしてみる


Windows 8のRTMがリリースされましたね。今回のWindowsはタブレットでの利用が強く意識されており、Intel版とARM版(Windows RT)が用意されています(もうご存知でしょうが)。Atomベースのプロセッサを搭載する「ThinkPad Tablet 2」の存在を知り、実用的に動くのかな?というわけで、以下の構成で試してみました。以前自宅サーバーとしてVMware ESXiを動かしていた機械です。Windows 8はEnterprise Edition(90日評価版)。

Motherboard ECS 945GCT-D(Atom 1.6GHz)
Memory NoBrand DDR2 2GB
HDD Hitachi SATA 500GB
VGA OnBoard
NIC Intel PRO/1000 PT Desktop Adapter
(Disable Onboard NIC)

結論から言えば普通に動作しました。マザーボードのオンボードNICは認識しませんでしたが、外付けNIC(Intel PRO/1000 PT Desktop Adapter)が認識しネットワークも利用可能。ビデオドライバはネットからのアップデートで適用されました。

画面はこんな感じ。1920×1200の画面だとMetro(という名称はなくなると聞きましたが以下Metroと記述します)は標準では隙間が開いてしまいますね。これからアプリをどんどん入れていけばいいのでしょうが。

windows8_atom_1

MetroモードのInternet Explorer。左右が開いてしまいますね。

windows8_atom_2

右側に天気予報を表示させてごまかしてみました。

windows8_atom_3

デスクトップモードなら今までどおりのWindowsです。

windows8_atom_4

Atom+メモリ2GBといったプアな環境でも、Windows 8はそれなりに動作しました(特にMetroモードはアニメーションもスムーズで実用域です)。起動やシャットダウンも速く、あれ以外とこれ使えるんじゃね?という感じ。現実的にはAtomでメイン環境は作らないと思いますが、サブ環境として置いておいてもいいかも。環境とか自動で同期するっていうし。

Intelのタブレット向け新Atomプロセッサ(開発コードOrk Trail)正式発表


インテル、“Oak Trail”を正式に発表 (ITmedia)

PC関係はしばらくウォッチしていなかったのですが、この新Atomプロセッサはより省電力になり、タブレット端末での利用が意図されているとのこと。ネットブックにも載るのでしょうかね。個人的にはタブレットもそうですがより携帯電話に近い端末への搭載も期待したいところです。

#もしかしてリークされているあの端末もそうなんですかね

VMware ESXi 4.0をAtomマシンで動かす


自宅サーバーとして運用しているAtomマシンにはVMware ESXi 3.5をインストールしていましたが、このたびVMware ESXi 4.0をアップグレードインストールしてみました。

マシンの構成は以下のとおりです。

Motherboard ECS 945GCT-D(Atom 1.6GHz)
Memory NoBrand DDR2 2GB
HDD Hitachi SATA 500GB
VGA OnBoard
NIC Intel PRO/1000 PT Desktop Adapter
(Disable Onboard NIC)

まずVMwareのサイトから「VMware ESXi 4.0 (upgrade ZIP)」と「VMware vSphere Client and Host Update Utility」をダウンロードします。前者がESXi 4.0のイメージファイル、後者が管理ツールのセットアップファイルです。ちなみに新規インストールする場合は、VMwareのサイトからISOイメージをダウンロードして、CDからインストールすることになります。

最初に「VMware vSphere Client and Host Update Utility」をインストールします。このとき「VMware vShere Host Update Utility」を一緒にインストールするようにオプションを選択します(デフォルトで有効になっていました)。

アップグレードするためには「VMware vSphere Host Update Utility」を起動して、ESXi 4.0のイメージファイルを指定してやります。このときESXi 3.5を稼動しているホストはメンテナンスモードにしておく必要があります。

で、アップグレード中の画面がこんな感じ。結構時間がかかるので、あせらず待ちましょう。

image

私の場合「アップグレードに失敗しました」というおっかないメッセージが表示されましたが、内部的にはきちんとアップグレードされていました。

アップグレード後は、インベントリ内の仮想マシンがすべてUnknownと表示されていましたが、データストアから改めてvmxファイルを指定してやることで、仮想マシンを今までどおり認識しました。仮想マシンの起動も問題なさそうです。

ちょっと使った印象としては、管理ツールが日本語対応したので非常にフレンドリーになった感じです。使い込んだらまた感想など書いてみたいと思います。

VMware ESXi 3.5のバージョンアップで必読のメモ


ESXiのバージョンアップで冷や汗 (yakibuta tech blog)

以前の記事でESXiをUpdate3にバージョンアップしてデータストアが見えなくなり、やむなくUpdate2に戻したことを書きましたが、上のブログで完璧な対策が記述されていました! うちのAtomサーバーもこれでUpdate3に更新し、正常に動作するようになりました! 本当に必読だと思います。

#コメントで情報をいただいたtmuraさんありがとうございます。

Atom+ESXiベンチマーク(SuperPI編)


以前JavaScriptベンチマーク「SunSpider」を使って、Atom+ESXiサーバの実力を評価しましたが、今回はその続きということで円周率計算ベンチマーク「SuperPI」でトライです。計算回数を19回に設定し、104万桁の円周率を計算する時間を測定します。今回はばらつきを考慮して実験を3回行います。ESXi上の各OSについては、1つずつ処理を行いました(つまりベンチマーク中にはAtomのパワーのほとんどを使っていると考えられます)。

結果は以下の通り。

ハードウェア OS 結果
    結果1 結果2 結果3
Atom 1.6GHz,
メモリ2GB, VMware ESXi
Ubuntu 8.04.1 1分37秒 1分34秒 1分35秒
  CentOS 5.2 1分44秒 1分44秒 1分41秒
  Windows
Server 2003
1分59秒 1分59秒 1分59秒
Pentium4 3.0GHz, メモリ1.5GB Windows
Vista SP1
1分13秒 1分13秒 1分13秒
Sempron 2800+,
メモリ768MB
WindowsXP
SP1
1分02秒 1分02秒 1分01秒

話の本筋ではないのですが、Pentium4 3.0GHzよりSempron 2800+の方が速かったのはちょっと意外でした。Pentium4マシンの方をメインで使っているのでちょっと複雑な気分。VistaとXPというOSの違いも影響しているかもしれません。

さてAtomですが、Sempronマシンと比較してざっくり1.5~2倍程度の時間を要しています。注目すべきはESXi上の各OSの違いで、準仮想化が有効になっているUbuntuが一番速く、以下CentOS、Windows Serverの順となっています。準仮想化によるパフォーマンスの向上を確認することができたといえば言い過ぎでしょうか。

サーバーとしての稼働を考えれば、Pentium4やSempronの半分程度のパフォーマンスを持つAtomは、必要にして十分なパフォーマンスを持つと評価してよいのではないでしょうか。省電力などのメリットを考え合わせれば、仮想化はともかくとしてサーバーにAtomというのは十分あり得る選択肢だと思います。