ESXi」タグアーカイブ

AtomマシンにVMware ESXi 4.1インストール完了!


自宅でサーバーとして運用しているAtomマシン(という時点で相当な変態仕様ですがw)、今までVMware ESXi 4.0で仮想マシンを3台(CentOS、Ubuntu、FreeNAS)運用していました。ESXi 4.0にはアップデート版(U1)が存在したのですが、このアップデート版をインストールすると、マシンがブルースクリーンならぬピンク?マゼンダ?のエラースクリーン表示になり、4.0に強制ロールバックされていました(このへんの作りはさすがに堅いなと思います)。

で、今回4.1へのアップデートをトライしたのですが、アップデート用のZIPファイルをダウンロードして「vSphere Host Update Utility 4.0」でアップデートを試みてもエラー表示で先に進まず。いろいろ情報を漁っていくうちに、「vSphere Host Update Utility 4.0」ではアップデート出来ないことが分かってきて、「vSphere CLI 4.1」を用いてアップデートしました。

手順はこちらを参考にさせていただきました。

VMware ESXi 4.1へアップデート。その2。 (いつか、そのとき、あの場所で。)

Atomということもあり、アップデートの手順ひとつひとつにとても時間がかかり、このまま動かなくなるのではとドキドキしましたが、無事にアップデートに成功し、うちのAtomサーバーマシンはVMware ESX 4.1で動き出しました。

以下が構成です。ESXで特に癖があるのはNICで、そこだけIntelの高級品(?)にしています。

Motherboard ECS 945GCT-D(Atom 1.6GHz)
Memory NoBrand DDR2 2GB
HDD Hitachi SATA 500GB
VGA OnBoard
NIC Intel PRO/1000 PT Desktop Adapter
(Disable Onboard NIC)

4.0 U1ではエラーが発生して起動しなかったESXiですが、4.1は特に引っかかることもなく正常に起動。これでもうしばらく現役で使うことができそうです。

VMware ESXi、30分以内で使える?


無償仮想化ソフトVMware ESXiを30分以内で使う (@IT)

VMwareから無償提供されているハイパーバイザー「VMware ESXi」のダウンロード、インストール、仮想マシンの作成までを順を追って解説した記事です。画面写真も豊富に使用されており、わかりやすくていい記事だと思いますが、手順の中に「ESXiが動くハードウェアを確保する」というのがなかったのがなんとも残念です

というのも、VMware ESXiはハードウェアを選ぶ傾向があり、特にネットワークアダプタが対応していないと、インストールしたはいいがネットワークが使えないためリモートからアクセスできず結局何もできないという、かなりがっかりな状況になってしまうからです。私が最初にESXi 3.5を試したときにまさにこの状態になってしまい、「対応しているネットワークアダプタを買う」という強硬手段で解決しました(そのときの顛末はこのあたりをご覧ください)。

こんなこともあり、個人的にはVMware ESXiを試すのにもっとも時間のかかる工程は「ESXiが動くハードウェアを確保する」だと思っています。ここさえクリアできてしまえばあとはたいしたことはないでしょう。ハードウェアが確保できているという前提であれば、確かに30分以内でESXiを動かすことはできるかもしれませんね。

この記事は前編で、後編も予定されているようなので、後編では少しでもハードウェア選択について言及してほしいところです。

Atom × VMware ESXi 4.0 × Ubuntu9.04


image

昨日(7/4)Atom自宅サーバーのVMware ESXiを3.5から4.0にバージョンアップしましたが、ESXi 3.5の時にインストールしたUbuntu9.04がESXi 4.0上でも元気に動いております(当たり前かw)。

ESXi 3.5の時は、UbuntuのGUI操作が固まる(プチフリのような感じで)現象があり、少々使いづらかったのですが、ESXi 4.0になって少し改善されたような気がします。マシン自体が非力なのでアプリの起動などはしんどいですが、メニューの操作など基本的なところは問題なしです。

VMware ESXi 4.0をAtomマシンで動かす


自宅サーバーとして運用しているAtomマシンにはVMware ESXi 3.5をインストールしていましたが、このたびVMware ESXi 4.0をアップグレードインストールしてみました。

マシンの構成は以下のとおりです。

Motherboard ECS 945GCT-D(Atom 1.6GHz)
Memory NoBrand DDR2 2GB
HDD Hitachi SATA 500GB
VGA OnBoard
NIC Intel PRO/1000 PT Desktop Adapter
(Disable Onboard NIC)

まずVMwareのサイトから「VMware ESXi 4.0 (upgrade ZIP)」と「VMware vSphere Client and Host Update Utility」をダウンロードします。前者がESXi 4.0のイメージファイル、後者が管理ツールのセットアップファイルです。ちなみに新規インストールする場合は、VMwareのサイトからISOイメージをダウンロードして、CDからインストールすることになります。

最初に「VMware vSphere Client and Host Update Utility」をインストールします。このとき「VMware vShere Host Update Utility」を一緒にインストールするようにオプションを選択します(デフォルトで有効になっていました)。

アップグレードするためには「VMware vSphere Host Update Utility」を起動して、ESXi 4.0のイメージファイルを指定してやります。このときESXi 3.5を稼動しているホストはメンテナンスモードにしておく必要があります。

で、アップグレード中の画面がこんな感じ。結構時間がかかるので、あせらず待ちましょう。

image

私の場合「アップグレードに失敗しました」というおっかないメッセージが表示されましたが、内部的にはきちんとアップグレードされていました。

アップグレード後は、インベントリ内の仮想マシンがすべてUnknownと表示されていましたが、データストアから改めてvmxファイルを指定してやることで、仮想マシンを今までどおり認識しました。仮想マシンの起動も問題なさそうです。

ちょっと使った印象としては、管理ツールが日本語対応したので非常にフレンドリーになった感じです。使い込んだらまた感想など書いてみたいと思います。

ファイル整理をしてみた


Windows 7がリリースされたらメインマシンをクリーンにして環境作り直しだなぁという思いから、メインマシンのローカルにあるデータを家庭内サーバーに移動してみました。

まず家庭内サーバーの確保から。Atomマシン上ですでに稼動しているVMware ESXi上に、新たに仮想マシンを定義してFreeNASをインストール。容量はとりあえずメインマシンのデータが収まりきればよいので、ハンドリングのことも考えて50GBに設定しました。

あとはひたすらデータをコピーしていくだけなのですが、改めてみてみるとドキュメントフォルダ内に「これ何に使ったっけ?」的なデータがあるわあるわ。私がパソコンを使い始めて以来のデータが詰まっているので、下手をすれば10年以上前のデータがあったり。将来的に使うかどうかすぐに判別できないので、疑わしきはとっておけ的に全部サーバーにコピー。こういうことするからゴミデータが増えるのですがw、データの整理はまた今度。

要するにクライアントからサーバーへのファイルコピーだけなのですが、ネットワークを介したコピーになるので結構時間がかかり1日仕事に。まあ暇がそれなりにつぶれたのでよしとします。