FeliCa」タグアーカイブ

iPhone 4で電子マネーが使えるシールが登場


SoftBank SELECTIONより、iPhone 4で電子マネー利用が可能となる「電子マネーシール for iPhone 4」を発売 (ソフトバンクBB)

iPhone 4の背面に貼り付けることで「WAON」「nanaco」「Edy」を利用可能になるシールが発表されました。

iPhone_FeliCa

生意気に(?)FeliCaマークが付いていますね。ただ基本的には外付けのシールなので、電子マネーの残額をiPhoneの画面で確認するなど「おサイフケータイ」的な付加機能は利用できません。まあiPhoneの裏にカードを貼り付けたようなものなので当たり前ですね。

基本的にiPhone 4に最適化した設計が行われており、電波干渉が起こらないように配慮されているとか。実際には別のものに貼ったりシール単独でも使えるのでしょうが、サポートはしませんよということですね。シールの形状もiPhone 4の背面にぴったり合うように作られているので、他の端末に貼っても不恰好かと。

それにしても、iPhoneの弱点を少しでも何とかしようというSoftBankグループの執念のようなものを感じずにはいられませんね。

ICカードセパレーターというものを買ってみた


DSCN3663

私のサイフの中には三井住友カードの一体型iDが入っていて、決済時に財布ごとかざして認識していたので便利だったのですが、最近ヨドバシカメラのゴールドポイントカードをクレジット一体型(ゴールドポイントカード・プラス)にしたらそのカードにEdyが内蔵されていて、財布ごとかざすとiDとEdyが干渉してエラーが発生するようになってしまいました。Edyは普段使わないのでiDだけ認識させたい…。そんな願いを叶えてくれる(かもしれない)アイテムが「ICカードセパレーター」です。

ナフ-W1 ICカードセパレーター 両面パスタイプ (Amazon)
ナフ-W2 ICカードセパレーター片面パス・片面ガードタイプ (Amazon)

ICカードセパレーターはそれ自体がICカードと同じサイズの薄いカードで、ICカードと一緒に入れておくことでICカードの検出をコントロールすることが出来ます。今回は2枚のICカードの片側だけを有効にするタイプ(写真=左)と、両方とも有効にするタイプ(かざす向きで検出されるカードが変わる、写真=右)の両方を購入してみました。今回の目的である「iDとEdyの入った財布でiDだけを検知させたい」という場合は、片側だけを有効にするタイプの「GUARD」の面をEdyと重ねて財布に入れておけばよさそうです。

PCに接続したICカードリーダー(Sony RC-S320)で実験した限りでは、Edyの検出をしっかりガードすることが出来ました。あとは実際に決済するときにどうかですね。実際に使った結果はまた後日レポートしようと思います。

IS03に備えておサイフケータイを整理


勢いでw、KDDI(au)の新スマートフォン「IS03」を予約してしまったので、現行のau端末(SH003)で運用しているおサイフケータイアプリを整理してみました。IS03はおサイフケータイに対応するのですが、発売当初から全てのサービスが揃うわけでもなさそうなので、とりあえず手持ちのdocomo端末(P-09A)に必要なサービスだけ逃がそうというわけで。

・docomoに移動したもの:QUICPay、nanaco、ヨドバシ
・削除(解約)したもの:Visa Touch
・放置しているもの:Edy

Visa Touchは登場当時こそiD、QUICPayと覇権を争うポストペイ型電子マネーとして注目されましたが、iD、QUICPayが利用出来る場所を着々と拡大するのを横目に加盟店拡大が低迷。ここ数年Visa Touchの決済をすることが全くなくなっていました。だって使うところないんだもんw。

Edyについては移動というより新端末に新たにアプリをダウンロードした上で残額を移すという手順になるため、現状残額0のEdyは移す必要がないと判断w。必要になったときにダウンロードすることにします。ちなみにEdyでポイントの紐付けをヨドバシゴールドポイントとしていましたが、こちらも解除。

改めて見てみると、結構少ないなあと。現状一番使っている電子マネーはクレジットカードに内蔵されているiDだったりするわけで。ともあれ、サービスがIS03に対応した段階で随時移していく感じになるかと思います。

iPhoneがついにFeliCa対応(ただし外付け)


日本向け FeliCa を利用した iPhone 電子決済ソリューションが登場! FeliCa の読み書きが出来る iPhone 用ケースを 米国 mophie社、フライトシステム、フォーカルポイントで共同開発 (フォーカルポイント)

iPhoneに向けて非接触IC「FeliCa」読み書きに対応したケースが発表されました。2010年春に登場予定とのこと。

ニュースを聞いた瞬間は「いったいどんな仕掛けで実現するの?」と思いましたが、イメージ図を見ると一目瞭然。

iPhone_FeliCa_01 

iPhoneケースに内蔵されるのはFeliCaそのものではなくFeliCaリーダーですね。Suicaなどのカードを挿入して、そのカードに対して読み書きを行うという仕掛けのようです。

アプリのイメージ図はこんな感じ。

iPhone_FeliCa_02

こちらもiPhoneがFeliCaリーダーになると考えれば、無理なく実現出来る感じです。

このツールは、1つのFeliCaチップに複数のアプリをダウンロードして使う、いわゆるおサイフケータイではありません。イメージ図を見る限り同時に使えるカードは1枚で、SuicaとEdyとiDとQUICPayをみんなひとまとめというわけにはいかないでしょう。ただ個人的に「ケータイをカードそのものではなくカードリーダーにする」というのは結構いい線いくのではと思います。特に機種変更時におサイフケータイを移行する手間が掛からない(カードを差し替えればいい)のはいい感じかなと。

#外部からアプリを書き込めるFeliCaカードがあれば複数アプリもいけそうですけどね

これ本当に実現したら、いままでdocomoなどががんばって普及させてきたおサイフケータイを根底からひっくり返すだけの力があると感じます。リリースが楽しみですね。