FreeNAS」タグアーカイブ

【注意喚起】FreeNASの新バージョン8.0はアップデートに非対応、知らずにアップデートしたらデータが消えた


FreeNAS

image

NASの構築に特化したFreeBSDベースのOS「FreeNAS」。私も自宅サーバーのVMware ESXi上にFreeNAS(0.7.2)をインストールしてファイルサーバーにしていました。このFreeNASの最新バージョンとなる8.0が5/2にリリースされ、さっそく自宅サーバー環境のアップデートを試みたのですが…。

いつもどおりFreeNASのCDイメージからVMを起動させて、画面に表示されるメニューからアップデートを選択。ここまでは順調に進みました。しかしアップデートされたFreeNASが起動したら設定がまるごと消えてしまっていました。

めげずにネットワーク関係パラメータを再設定し、0.7.2で使っていたHDD(VMなので実態はイメージファイル)をマウントしようとしたところ、最初の1回だけはマウントに成功しましたが、一度アンマウントしてから再度マウントしようとすると

The selected disks were not verified for this import rules.

と言われマウント不可に。OS不具合を疑ったため、0.7.2をCDイメージから起動させてマウントを試みたところこれも失敗。どうも8.0で前バージョンのHDDをマウントしたときに何らかの理由でイメージが破損したようです

幸い、ファイルサーバーのファイルは自分のメインマシンの空きディスク領域に1日1回フルバックアップされるようにしてあったので、FreeNASのHDDイメージをフォーマットしてマウントし、NASとして使えるようにした上でバックアップからファイルを復元中。

ここまで書いておいてアレですが、FreeNAS 8.0のクイックスタートガイドを読むと、

UPGRADES FROM FREENAS 0.7x ARE UNSUPPORTED: the system has no way to import configuration settings from 0.7 versions of FreeNAS, but the volume importer should be able to handle volumes created with FreeNAS 0.7. Please note that zpool upgrade is a one way street and upgraded volumes will not be usable with FreeNAS 0.7.x.

【抄訳】
FreeNAS 0.7xからのアップグレードはサポートされません:システムはFreeNASの0.7から設定をインポートする方法を持ち合わせていません。しかしボリュームインポーターはFreeNAS 0.7で作成されたボリュームを扱うことができるべきです。zpoolのアップグレードは1方向で、アップグレードされたボリュームはFreeNAS 0.7.xでは利用できないことに注意してください。

なるほど設定が引き継がれなかったのは仕様ですね。ただドキュメントを見る限りではHDDは引き続き使えることになっている様子。うちの環境はいろいろな経緯でHDD内に複数のパーティションが存在する状態だったので、それがまずかったのかもしれません。

ともあれ「OSのアップグレードを行う際は事前にデータのバックアップを行う」という基本中の基本を改めて思い知らされた一件でした。みなさまもご注意を。

FreeNASアップデートはパーティションサイズに注意


ファイル共有機能OS「FreeNAS」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性 (ZDNet Japan)

自宅ファイルサーバーに活用しているFreeBSDベースのNAS専用OS「FreeNAS」に脆弱性が発見され、アップデートが推奨されているので早速更新しようとしたのですが、いろいろと苦労したのでそのメモを。

脆弱性が発見されたのは0.69.2以前のバージョンで、0.7RC1へのアップデートが推奨されているのですが(RCへのアップデートが推奨というのもすごいですが)、うちの環境で0.7RC1のCD-ROMからアップデートを実行したところ「パーティションサイズが足りない」みたいなことを言われてアップデートが中断。中途半端な状態で中断したらしく、そのパーティションからFreeNASが起動しなくなりました(!)。

幸い、うちのFreeNASはすべて仮想環境(VMware ESXi 4.0)上で動いているので、別のパーティションを確保して新しいFreeNASをインストール、今までのディスクイメージをマウントするようにして事なきを得ました。ちなみにもうこんな思いをしたくないので、新しいFreeNASはディスク4GB、スワップ1GBの豪華仕様にしてみましたw。

0.69系統でデフォルト値を受け入れてインストールされたFreeNAS環境の場合、0.7RC1へのアップデート時にパーティションサイズが不足するようです。アップデート前には十分な事前準備を。

ファイル整理をしてみた


Windows 7がリリースされたらメインマシンをクリーンにして環境作り直しだなぁという思いから、メインマシンのローカルにあるデータを家庭内サーバーに移動してみました。

まず家庭内サーバーの確保から。Atomマシン上ですでに稼動しているVMware ESXi上に、新たに仮想マシンを定義してFreeNASをインストール。容量はとりあえずメインマシンのデータが収まりきればよいので、ハンドリングのことも考えて50GBに設定しました。

あとはひたすらデータをコピーしていくだけなのですが、改めてみてみるとドキュメントフォルダ内に「これ何に使ったっけ?」的なデータがあるわあるわ。私がパソコンを使い始めて以来のデータが詰まっているので、下手をすれば10年以上前のデータがあったり。将来的に使うかどうかすぐに判別できないので、疑わしきはとっておけ的に全部サーバーにコピー。こういうことするからゴミデータが増えるのですがw、データの整理はまた今度。

要するにクライアントからサーバーへのファイルコピーだけなのですが、ネットワークを介したコピーになるので結構時間がかかり1日仕事に。まあ暇がそれなりにつぶれたのでよしとします。

FreeNASアップデート


image

FreeBSDベースのNAS専用OS「FreeNAS」が久々のアップデートをしてバージョン0.69になったので、自宅のAtomサーバー上のVMware ESXiで運用しているFreeNASをアップデートしてみました。普通にCD-ROMイメージから起動して「Upgrade」のようなオプションを選択するだけで最新版にアップデートできました。上の写真が新バージョンの画面ですが、とりあえずCPUとメモリのグラフがAjaxで動的に更新されるのにちょっと感激。NASなのでバージョンアップによる恩恵はほとんどわからないのが現実ですが、まあ最新バージョンということで精神的にはいいかなと。

Atomサーバーで使いたいソフトその1「FreeNAS」


昨日(8/31)購入したAtomサーバーでVMware ESXiが動かなかった問題は、NICが正しく認識しなかったことが原因だったので、もうここまできたら徹底的にやろうということで、Intel PRO/1000 PT デスクトップ・アダプタを通販で購入しました。6,875円(税込)なり。もうAtomマザーボードと同じくらいの値段になってしまっていますが、片足突っ込んでしまったのが運のつきw。

それで、NICが届くまで、ESXiが動いたAtomサーバーで動かすOSを物色することに。当然今動かしているCentOSはそのまま移行しますが、ちょっと毛色の違うものはないかと探していたら「FreeNAS」なるものを発見。

image

FreeNASはFreeBSDをベースにNASに最適化されたOS(Linux風に言えば「ディストリビューション」)です。上の写真はサーバの起動画面。

image

起動画面で任意のキーを押すとCUI画面になり、ここで最低限の設定(IPアドレスなど)を行います。

image

ネットワークにつながってしまえば、残りの細かい設定はWebブラウザから行えます。ここでパーティションやマウントの設定、共有設定が行えます。NASとしてはCIFS/SMB(Windows共有)、AFP(Mac共有)のほかNFSやFTPなどもサポートしています。

image 

CIFS/SMBの設定を行った例です。このようにWindowsから共有フォルダとしてアクセスできます。日本語ファイル名・フォルダ名も問題ないようです。

同じようなことは普通のFreeBSDやLinuxでもできるのですが、FreeNASはNAS用として最適化されているのがいいですね。AtomサーバでESXiが動いた暁にはぜひ導入したいものです。