タグ別アーカイブ: Google Analytics

Google Analyticsの「ユニバーサル アナリティクス アップグレード」に対応してみた


ユニバーサル アナリティクス アップグレード センター (Google)

このブログにも設定されているアクセス解析「Google Analytics」。管理画面に表示されていた「ユニバーサル アナリティクス」というメッセージをずっと放置していましたが、要するに仕組みが変わって、今後はこちらが標準になり、最終的に現在の仕組みは廃止されるようです。

というわけでこのブログのアクセス解析もアップグレードしてみました。アナリティクス設定画面からアップグレードを選択すると、1日から2日くらいで移行が完了します。

image

ユニバーサル アナリティクスにアップグレードするとトラッキングコードを置き換える必要があります。このブログはWordPressのプラグインでトラッキングコードを自動的に入れていたので、ユニバーサル アナリティクス対応のこちらのプラグインに入れ替えました。従来のトラッキングコードも出力できるので、移行が終わってから切り替えるという使い方ができて便利。

Google Analytics Dashboard for WP (WordPress)

ちょっと気になるのは、ユニバーサル アナリティクスへの移行が完全に終了(=従来の仕組みが廃止)すると、以下の機能はサポート終了となるんだそうです。

  • ga.js
  • urchin.js
  • WAP やサーバーサイドのスニペット
  • YT / MO
  • カスタム変数
  • ユーザー定義変数

個人的には「WAP やサーバーサイドのスニペット」が気になります。フィーチャーフォン向けのアクセス解析ができなくなるという意味ですよね? 当ブログにおけるフィーチャーフォンからのアクセスはPC含め全体の2%未満という状況ですが、ちょっと寂しい気分。また「カスタム変数」や「ユーザー定義変数」なども、さくっとなくなってしまうと困る人がいるのでは。暇な時に代替機能を調べておきたいなと。

さよならi2i、スマートフォン広告がどうしても我慢出来なかったの


i2i

「i2i」は様々なサービスを提供しているサイトですが、最も利用されているのはアクセス解析ではないでしょうか。私も結構長いことi2iのアクセス解析を使っていました。絶対的な機能数はGoogle Analyticsに劣るものの、よく使う機能をほどほどに画面に配置し、普段使いならばむしろAnalyticsより使い勝手は優れていると思います。最近ではスマートフォン解析が導入されて、PC/携帯/スマホの比率が一目でわかるなど、かゆいところに手が届くサービスです。

ただ、最近気づいたのですが、i2iを導入しているとスマートフォンにオーバーレイ(画面常駐型)の広告が入るようになりました。

iPhoneではこんな感じ。上部の「ひかり電話~」は意図して入れているGoogle AdSenseの広告ですが、画面下部のドリランドの広告が勝手に追加されます。

写真 12-02-17 19 10 37

Android(GALAXY SII WiMAX ISW11SC)ではこんな感じ。同じく画面下部の広告がi2iによって追加されたものです。

SC20120217-191113

この画面常駐型の広告はタッチパネルのレスポンスを損ねるので個人的にあまり好きでなく、さらに出てくる広告の内容がしばしばアダルティで、ちょっと自分のブログの雰囲気と合わないかなと。ちなみにi2iのこの広告は「nend」というサービスから提供を受けているものです(JavaScriptを解析して確認しました)。

いちおうi2iの中の人もずっと表示しっぱなしはまずいと考えたらしく、一定時間経過すると消えるような実装が施されていました。これを逆手にとって、ページを表示した瞬間に広告を消す方法も見つけたのですが、さすがにそれはアンフェアだよなということで、当ブログの全てのバージョン(PC/携帯/スマホ)からi2iのアクセス解析を削除し、使用を停止しました。有料サービスにすれば広告は消せるのですが、アクセス解析にそこまでするモチベーションはあまり無いので。

代替手段としては以前からブログに組み込んでいた「Google Analytics」を使用することにします。機能が多すぎて、正直個人ブログに使用するには大げさすぎる感もありますが、仕事でAnalyticsを使う機会もあるでしょうし、勉強のつもりでやっていこうと思います。

最後に、i2iはお手頃アクセス解析としては今でもナンバー1だと(個人的には)思っていますので、i2iの中の皆様にどうこう言うつもりはありません。むしろいままで使わせていただきありがとうございましたと言いたいです。

Google Analyticsのリアルタイム表示を初体験!


image

Googleが提供しているアクセス解析サービス「Google Analytics」。バージョンアップして新たにリアルタイム解析が導入されました。今まさにアクセスしているユーザーの動向を見ることができるというこのサービス、「Woopra」と同じようなコンセプトですね。

このリアルタイム解析、ベータ版として順次提供が開始されていましたが、ようやく私のアカウントにも出現してくれました。表示項目はWoopraよりシンプルな感じですが、今まさにWebサイトに起こっていることがリアルタイムに表示されていく興奮は変わりません。のぞき見しているようなちょっとした罪悪感もそのままw。

個人的にアクセス解析は「i2i」をメインに使っており、Analyticsはサブ版の位置づけなのですが、リアルタイム解析の導入でAnalyticsを開く機会が増えそうです。

【ノウハウ】WordPressプラグイン「MobilePress」とアクセス解析関係のプラグインを同時に使う方法


WordPressのiPhone/Android最適化プラグイン「MobilePress」は便利なのですが、デフォルト状態ではアクセス解析関係のプラグインの設定が引き継がれません。具体的には、当ブログではGoogle Analytics用プラグイン「Ultimate Google Analytics」と、Woopra用プラグイン「Woopra」を使っており、PC向けサイトではこれらのプラグインがアクセス解析用コードを自動的にWebページに埋め込みますが、MobilePressのページには埋め込んでくれません。

解決方法は簡単で、MobilePressのテーマをコピーして、footer.phpの適当なところ(コンテンツの終端辺り)に

<div><?php wp_footer(); ?></div>

という記述を追加してやれば、この部分にアクセス解析関係のプラグインがコードを埋めこんでくれます。

分かってしまえばどうということはないのですが、自分用メモとして。