タグ別アーカイブ: IIJmio

【祝対応】ついに収束へ! IIJmioでDNSがタイムアウトして通信が詰まる事象


最初に事象に気づいたのは2015/10/29でした。それ以来IIJmioのサポートTwitterとやり取りしたり、自分で別MVNOのSIMを調達して切り分けを試みたり、2週間ほど色々とやってきました。

【調査中】Nexus 5X + IIJmioで通信が遅い(詰まる)事象について (2015/10/29)

【検証】IIJmioの通信が遅い(詰まる)問題はDNSが原因? (2015/11/1)

【調査してみたが結論は出ず】IIJmioのDNSがタイムアウトする事象 (2015/11/7)

で、ついに、IIJmio様で何らかの対応をしていただけたようです。

確かにこの対応が行われた11/10以降、IIJmioの通信が目に見えて安定しました。DNSの名前解決に失敗しなくなった結果、通信の詰まりが感じられなくなりました。Twitterで同じ事象が発生していると情報をいただいた方の状況も改善されたようです。

一度事象が解決してしまえば、IIJmioは非常に安定して使えています。もちろん平日12時台のような高トラヒック時間帯では速度が落ちますが、MVNOならばそれは多少仕方ないでしょう。個人的には及第点かと。

本件はこれで一応解決かなと思いますが、望むらくはIIJmio様には今回の事象の原因と対応方法を概要だけでも紹介してほしいと思います。技術寄りになって難しいならばIIJmio meetingのネタにするのはどうでしょうか。

※本件についてはIIJmio様より以下のコメントを頂いております。

また今後も通信の安定を継続して確保していただけるよう、IIJmio様には引き続きよろしくお願いいたしたく存じます。

【調査してみたが結論は出ず】IIJmioのDNSがタイムアウトする事象


Nexus 5XでIIJmioの通信が「詰まる」事象(記事1記事2)で、改めてIIJmioにおけるDNS関連の挙動をいろいろ調べてみました。

【環境】

・IIJmio 音声SIM
・ZTE Blade Vec 4G
・アプリ「Ping & DNS
・Google Chrome 46(Android)

【事象】

Chromeブラウザでブックマークから異なる複数のWebページを次々表示させていると、あるタイミングでページを読み込まなくなります。平日12時台など混雑時に発生することが多いですが、非混雑時にも発生する場合があります。多くの場合はしばらく待つと読み込みを開始しますが「DNS PROBE_FINISHED_NO_INTERNET」エラーページが出てしまう場合もあります。

image

事象発生中、Ping & DNSアプリで任意のDNS問い合わせを試みるとタイムアウトします。

image

DNS問い合わせ時にUDPではなくTCPを利用すると事象発生中でも正常に名前解決ができます。

image

Ping & DNSアプリでDNSサーバーにGoogle Public DNS(IPアドレス:8.8.8.8)を指定しても上記状況には変化がありません。

【推論】

素人の推論ですが、以下のような印象を受けます。

  • UDPを用いたDNSクエリを複数回行うと一定時間DNSクエリのレスポンスがなくなる。TCPなら問題ない
  • Google Public DNSでも事象が変わらないことから、問題はDNSサーバーではなくそこに到達するまでのネットワークにある
  • IIJmioにはUDPの流量制御のようなものが存在して、UDPを用いたDNSクエリがそれに引っかかっている?

UDPは動画ストリーミングやVoIPといった(通信量が多い)用途に用いられることが多く、帯域単位でMNOにお金を払っているMVNOが流量制御を行っていたとしても不思議ではありません。まあ本当のところはIIJmioの中の人にしかわからないでしょうから、しょせん素人の戯言ですね。

【検証】IIJmioの通信が遅い(詰まる)問題はDNSが原因?


Nexus 5Xで検出したこちらの問題について、できる範囲で検証してみました。

【事象】

・IIJmioのMVNO SIMサービスで、通信が遅いときがある。具体的にはWebページを表示しようとするときに最初の通信が一向に始まらない(感覚的には「詰まる」)ことがある
・Webページを複数次々と表示させると発生しやすい
・混雑時に発生しやすいように思えるが、日曜の午前中といった混雑していない時間にも発生
・APN設定はNexus 5Xにプリセットされていたものを使用

【現状のIIJmioの見解】

・Nexus 5X固有の問題である

【調査1】

・Nexus 5XとFREETEL SIM(データ+SMS)との組み合わせを調査 …(1)
→通信の詰まりは発生せず

【調査2】

・ZTE Blade Vec 4GとIIJmio(データ+SMS+音声)の組み合わせを調査 …(2)
→通信の詰まりが発生

【調査3】

・(2)の環境にアプリ「Ping & DNS」をインストールし、名前解決を試行するとしばしばタイムアウトする。

image

以上より本事象はNexus 5Xに限定されるものではなく、DNS名前解決に関連するネットワーク側の問題と考えます

品質と技術力を売り物にしているIIJmio様なのですから、積極的な調査対応および解決を望みたく存じます。


【追記】IIJmio様(@iijmio)より以下のコメントをいただいております。

つまり上記の検証には意味がないと一刀両断されてしまいました。とはいえネットワークの奥側が見えない以上、ユーザー側でできる検証はこの程度であることもまた事実です。IIJmio様にはぜひ意味のある検証をお願いしたく存じます。

【調査中】Nexus 5X + IIJmioで通信が遅い(詰まる)事象について


nexus_5x

Nexus 5Xを発売日にゲットして、IIJmioの音声対応SIMと組み合わせて使っていますが、どうもLTEの通信が不調です。MVNOなのでネットワークが混みやすいとかいうのはわかっていますが、通信が遅いならともかく最初の通信がそもそも始まらないような挙動があり、いくらなんでもどうなんだという状態です。

いろいろ調べてみたら、IP通信自体は通じていても(pingで確認)DNSの名前解決要求に応答がない(nslookupで確認)場合がありました。そのため

通信の開始時にDNSで名前解決を行う
→応答がない
→通信を開始できない

という状態になっていると推測されます。IIJmioのTwitterアカウントといろいろやり取りをして、結局以下のようなお返事をいただきました。

事象の出方は多少異なるようですが、ともあれIIJmio側でも通信不調を確認していただいたので、あとはIIJmio様の技術力に期待ということで。MVNOが群雄割拠する昨今、こういうところの対応力が差別化のポイントですね(とIIJmio様に軽くプレッシャーをかけてみますw)。

IIJmioのMVNO SIMで利用できるIPv6をテザリングで使う


IIJmioがNTTドコモのMVNOとして提供する通信サービス(いわゆる格安SIM)ではIPv6が利用可能ですが、Androidスマートフォンのテザリング経由でもIPv6が使えたという話題です。

設定方法自体はIIJmioのWebページに記載されていますが、IPv6を有効にするためには「APNプロトコル」として「IPv4/IPv6」を選択します。

iijmio_ipv6_001

今回はZTE Blade Vec 4GにIIJmioのSIMを設定し、テザリングでXperia Z(SO-02E)を接続して、テザリング経由でもIPv6が有効になっていることを確認しました。

iijmio_ipv6_001a

モバイルWi-Fiルーター「MR03LN」の裏蓋を割ってしまったので、当面の間Blade Vec 4GをモバイルWi-Fiルーター代わりに運用しようと思っていますが、IPv6が使えるんだと感心。