タグ別アーカイブ: iPhone

2018年の「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」、買う理由を探している方へ


昨日は買わない理由をいろいろ書いてみましたが、今日はうってかわって、iPhoneの2018年モデル「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」を「買う」理由をいろいろ考えてみます。

1)画面が大きい

最もわかりやすい利点といえるでしょう。一番小さいiPhone XSでさえ、iPhone 8以前の4.7インチモデルが「こんなに小さかったのか」と思わせるインパクトを持っています。

2)iPhoneの未来はここにある

iPhoneは2017年の「iPhone X」でホームボタンを排除して顔認証の「Face ID」を採用し、それに合わせて操作体系が変わりました。2018年登場の3機種はすべてiPhone Xと同じ、新しいフォーマットを採用しています。ホームボタンを前提としてiPhone 8以前のフォーマットが復活することは今後ないでしょう。その意味で、自身を新しいフォーマットに適用させる必要がどこかで必ず発生します。それは今年かもしれません(もちろん去年の人もいたでしょうし、来年以降の人もいるかもしれませんが)。

3)アプリが優先的に対応するかも

2017年のiPhone Xの時点では、まだまだiPhone 8以前が中心だったので、アプリのiPhone X対応は「ついで」になりがちでした。2018年以降、徐々にアプリの対応はiPhone X以降がメインになり、むしろiPhone 8以前への対応が「ついで」になっていく可能性があります。

4)新技術より直近の快適さ

昨日の記事では、2018年モデルが早い段階で技術的に陳腐化するのではと述べましたが、それで何かが不便になるかというとそうでもないでしょう。少なくとも直近数年は、Wi-Fiや携帯電話ネットワークの規格が1世代古くても不便はないはずです。ただし、USB Type-C対応だけは注意が必要かもしれません(Lightningが導入された後のDockコネクタの扱いを思い出してください)。この秋にUSB Type-Cを搭載して発表されるとうわさの新iPadを確認してからでもよいかもしれません。

5)意外と手に入りやすいかも?

発売から1日経過した9/22現在、iPhone XS/XS Maxはやはり多くのモデルが売り切れていますが、いつものように完全になくなっているわけではなく、色や容量によってはフリー在庫が残っています。意外と早い時期に在庫が潤沢になり、手に入れやすくなるかもしれません(価格の話は置いておいて)。

まとめ)さあどうする?

湯水のようにお金を使えて、「今年も買う、来年も買う、その次も(ry」という人ならば、迷わず2018年モデルに手を出せばよいでしょう。そうでない多くの人は、買う理由・買わない理由をいろいろこねくり回すことになりそうです。まとめと言いながら全くまとまっていませんが、皆様はどうしますか?

2018年の「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」、買わない理由を探している方へ


本日(2018/09/21)、iPhoneの2018年モデル「iPhone XS」「iPhone XS Max」が発売されました。少しお安い「iPhone XR」は10/19から予約開始、10/26発売予定です。いずれも2017年の「iPhone X」ライクな(ほぼ)全画面ディスプレイや、顔で認証するFace IDなど、いままでのiPhoneのイメージを覆すラインナップになっています。

すでに購入された方、これから購入予定の方もいらっしゃると思いますが、この記事ではこれらの2018年モデルを「買わない」とすればどのような理由があるのかを考えてみます。

1)高い

いたるところで言われている通り、今年のiPhoneは高いです。携帯電話に10万円オーバーの資金を投入するのははばかられるという人もいるでしょう。ただ高いだけならば「ほしいものにはお金を惜しまない」という考え方もアリですが、ともあれ、もう少し話を続けます。

2)Wi-Fiの新規格

スマホには欠かせないWi-Fi、実は新しい規格の登場が間近です。。直近では、現状の「WPA2」を長期的に置き換える新しいセキュリティ規格「WPA3」が正式発表済みで、2018年末以降に対応のアクセスポイントが登場する見込みです。また、より高速な通信規格「802.11ax」が規格策定中で、2019年末ごろに正式版になる見込みです(それより前に「ドラフト版」対応の機器が出てくる可能性があります)。2018年のiPhoneは、当然これらの規格には対応していません(WPA3はアップデート対応可能? 802.11axは無理でしょう)。

3)5Gの動向

現状の携帯電話ネットワークは4G(第4世代)です(LTEとか3.9GとかLTE-Advancedとかいう話題にはここでは言及しません)。こちらもやはり、次世代となる5G(第5世代)の登場が間近に迫っています。日本ではNTTドコモが2020年、オリンピックまでには導入するとしています。これから先2019年以降、5Gの話題がどんどん出てくるでしょう。

4)通信規格の変更は大きくない

iPhone XS、XS Maxでは、4×4 MIMOに対応することで「ギガビットLTE」に対応したことをアピールしています。また、Wi-Fiで利用している免許不要の5GHz帯を利用したLTE通信「LAA」に対応しています(いずれもXRは非対応)。

しかし、通信規格で新しくなったのはそのくらいで、例えばLTEの対応周波数(バンド)は、1世代前のiPhone 8やXと変わらなかったりします。速度向上に効果が期待される3.5GHz帯(バンド42)も、iPhone 8/Xから利用できます。

5)USB Type-C(USB-C)の噂

2018年10月に発表が期待される新iPad Proでは、接続端子としてUSB Type-C(USB-C)が採用され、2019年のiPhoneも既存のLightningからUSB-Cに移行するのではという噂があります。USB-Cは、すでにAndroidスマートフォンで採用が進んでおり、Appleも現行MacBookやMacBook ProのUSB端子として採用しています。MacBookに採用されているUSB-Cが、このタイミングでiPad Proに採用されるのは自然で、それならば2019年のiPhoneがUSB-Cになっても不思議ではないでしょう。

まとめ)2018年のiPhoneはすぐに陳腐化するかも?

2018年のiPhoneは「高い」ことを最初に述べましたが、問題は高いだけではなく、いろいろな技術の切り替え期に発売されるため、比較的早く陳腐化してしまう可能性があることに注意する必要があります。この手の商品は「ほしいときが買い時」で、待っているといつまでも買えないものですが、高い買い物ですので、先行きの可能性だけは知っておいてもよいのではないでしょうか。

Apple PayのMastercardコンタクトレスをTSUTAYAの有人レジで試してきた


iOS 11に隠されたApple Payの新機能:モバイル決済最前線 (Engadget 日本版)

従来iOS 10では日本国内で利用できなかった、Mastercardの「Mastercardコンタクトレス」やJCBの「J/Speedy」といった国際ブランドの非接触決済が、iOS 11で利用できるようになったとのこと。

これらの決済が国内で利用できるところはまだ限られていますが、最近ではTSUTAYAで「Mastercardコンタクトレス」(と、Visaの「Visa payWave」)が利用できるようになっています。遅ればせながら自分も試してきました。

Apple Payに登録していたのは、今では発行されていない「MUFG VIASOカード」です。なお、三菱UFJニコスのカードでApple Payに登録できるのは「MUFGカードブランド(アメリカン・エキスプレス(R)・カード、JCB、銀聯を除く)の個人会員様向けのカード」で、さらにMastercardコンタクトレスを利用するには(当然ながら)Mastercardである必要があります。現在発行されているニコスのVIASOカードはMastercardですがMUFGカードブランドでなく、そもそもApple Payに登録できないので注意が必要です。

セルフレジでの利用報告が多いようですが、自分は有人レジで雑誌を買ってみました。レシートにはこんな感じで「NFC Pay」で支払った旨が記載されます。

contactless_001

クレジット伝票には「MASTER /Mastercard」「EMV contactless」と記載されます。

contactless_002

店員さんに「Mastercardの非接触で払えますか?」と伝えると、一瞬戸惑っていたようですが、その後は特に手間取ることもなくレジを操作していただきました。NFCリーダーが光った後、いつもどおりiPhoneをかざして決済完了。決済にかかる時間もiDやQUICPayと大差ない印象で、使える場所が広がれば違和感なく使えるなと感じました。

三菱UFJニコスはApple PayでのMastercardコンタクトレス利用について明確にアナウンスは指定内容ですが、利用規約にはMastercardコンタクトレスの記載があるため、すでに公式に利用可能になっていると考えてよいでしょう。

来日観光客への対応を見込んで、クレジットカードブランドの非接触決済が今後広がっていくことが想定されます。楽しみである一方、iDやQUICPayの立ち位置がどうなるのか、ちょっと考えてしまいます。

【独り言】iOS 10でLINEのトーク履歴を復元できないのは、バージョン番号比較を文字列でやっているからでは?


iPhone 6(iOS 9.3.5)でiCloudにバックアップしたLINEのトーク履歴をiPhone 7(iOS 10.0)で戻そうとしたときに「iOSのバージョンが古いのでダメです」的なエラーメッセージが出て、残さなければいけないトーク履歴もなかったのでそのまま復元せずに進めてしまいました。

いまさらもう一度再現させるのもめんどくさいのですが、もしかしてバージョン番号「9.3.5」と「10.0」を文字列で大小比較してませんかね? で、先頭1文字の「9」より「1」が小さいので、9.3.5より10.0が古いOSと判定されているとか。あくまで推測ですが。

【S-MAX・記事掲載報告】iPhone 7 開封でヘッドホンの梱包にしみじみ


ップルの新スマホ「iPhone 7」を購入したので即開封!外観や同梱品を写真で紹介ーー注目は本体より付属品のヘッドホン!?【レビュー】 (S-MAX)

9/16発売のiPhone 7開封記事です。iPhone 7本体のほうはもうみなさん見飽きているでしょうから、Lightning接続のヘッドホンとヘッドホンアダプターに注目してみました。

8b915ba7

8c8d7e4d

記事にも書きましたが、従来のプラスチックケースが廃止され、一度開封すると戻すのが困難な紙製の梱包材に。ヘッドホンやアダプターの機能には全く影響しないとはいえ、「なんだかAppleらしくな」あるいは「Appleも普通のメーカーになったのかな」と感じたのは自分だけでしょうか。