タグ別アーカイブ: Microsoft

【メモ】Skype アカウントに関するあれこれ


Skype アカウントがMicrosoft アカウントに統合されて久しいですが、最近気づいたことをいろいろとまとめてみます。

—-

【Skype アカウントの削除】

Microsoft アカウントとの統合前は、Skype アカウントはWeb画面からの削除ができず、サポートに連絡して削除してもらう手続きが必要でした。しかし、Microsoft アカウントと統合された後は、Microsoft アカウントが削除されるとSkypeのユーザー検索にヒットしなくなります。(自分のMicrosoft アカウントを削除して確認)。なお、Microsoft アカウントの削除手続きをしてから、実際にアカウントが削除されるまで60日の猶予期間があり、その間はSkypeのユーザー検索に表示されます。

【Microsoft アカウントとSkype名】

SkypeアカウントにはもともとユーザーIDに相当する「Skype名」がありました。昔はSkype名を(重複しない前提で)自由に設定できましたが、現在ではすでにSkype名を指定してアカウントを作成できなくなっています。

また、既存のSkype アカウントをMicrosoft アカウントと統合する際に、Skype名がどうなるかは、いくつかのパターンがあります。

1)既存のSkypeアカウントと、別のMicrosoft アカウントを統合した場合
→既存のSkype アカウントのSkype名が、統合したMicrosoft アカウントと紐づけられ、そのまま利用できます。

2)既存のSkypeアカウントに対して、新規のMicrosoft アカウントを作成して統合した場合
→1)と同様、既存のSkype名をそのまま利用できます。

3)Skypeアカウントを用意せず、既存のMicrosoft アカウントでSkypeにログインした場合
→「live:*****」というSkype名が自動的に割り当てられます。

ここで3)では、メールアドレスの名前部分が割り当てられていました。例えばメールアドレスが「username@outlook.jp」(※このアドレスは仮のもので、私は所有していません)だった場合、Skype名は「live:username」となり、同じSkype名がある場合は「live:username_1」「live:username_2」……となっていました。

しかし、最近作成した新しいアカウントにおいて、3)のパターンで「live:」の後ろにランダムな文字列が割り当てられる場合がありました。発生条件は不明ですが、Microsoftとしては長期的にSkype名を廃止し、Microsoft アカウントをSkypeのIDとして利用するよう誘導したいのかもしれない雰囲気を感じました。

—-

というわけで、Skype名が自動で割り当てられてしまう(それもランダムに)状況では、自分好みのSkype名が設定されているアカウントは大事にしたほうがよさそうです。

【注意喚起】Windows 10 Anniversary Updateを適用すると、タスクスケジューラのタスク履歴が無効になる


分かる人にだけわかってもらえればいいです。

自宅のWindows 10 マシンは1日1回NASバックアップのタスクが走るようになっていて、完了のタスク履歴を検知してSlackで通知される環境を作っていました。そういえば最近通知がないなと思ってふと確認したら、有効にしたはずのタスク履歴が無効になっていて、最後のSlack通知はAnniversary Updateを適用する直前あたりの日付になっていました。

Anniversary Updateの適用後に設定が初期化されるという話はよく聞きますが、まさか自分に降ってくるとは……。

OneDriveのエラー表示が切ない


Node.jsのnode_modulesを含んだフォルダをOneDriveに同期させると、いつまでも同期が終わらなくなるんですよね。それ自体はいろいろやって回復したのですが、その過程でOneDriveのWebページに表示されていたエラーがいろいろ切ない感じだったので画像を乗せておきます。

【その1:ソフトクリーム】

onedrive_error_001

【その2:タイヤ】

onedrive_error_004

【その3:鉛筆】

onedrive_error_003

【その4:紙飛行機】

onedrive_error_002

こんなにエラー画面にバリエーションを増やせるなら、その分の手間でエラーが起こらないようにして欲しいというのはわがままでしょうか。

【不思議】Microsoft アカウントはPC版Outlookに設定したかどうかでフォルダ構成が変わる?


【暫定解決策】Outlook.comのWebアプリで削除した予定表がアプリに残った時はPCのOutlookで「削除済みアイテム」を確認という記事を書いたときに、Microsoft アカウントのうちいくつかをOutlook 2013に設定して同期させたのですが、同期させたアカウントとそうでないアカウントでフォルダ構成が違うことに気づきました。

下図はAndroid版Outlookアプリで、Outlook 2013に同期したアカウント(写真=左)としていないアカウント(写真=右)のフォルダを表示したものです。Outlook 2013に同期後は「同期の失敗」というフォルダとそのサブフォルダが増えていることが分かります。また共通するフォルダも「下書き」「迷惑メール」など日本語に変更されています。

image

使う上で大した支障はないのですが、アカウントによって表示が違うのがちょっと気になったりします。

【暫定解決策】Outlook.comのWebアプリで削除した予定表がアプリに残った時はPCのOutlookで「削除済みアイテム」を確認


【注意喚起】Outlook.comのWebアプリで予定表(カレンダー)を削除してもWindows 10のカレンダーアプリでは削除されない

という内容の記事を以前書きましたが、なんとなく暫定の解決策が見えたのでご報告。

まず事象を説明します。Outlook.comのWebアプリで予定表(カレンダー)を削除します。outlook001

Web画面上では正しく削除されますが、iOSやAndroidのOutlookアプリ、Windows 10の「カレンダー」アプリではカレンダーが削除されず残ってしまいます。

outlook002

ここからが解決策です。問題が起こったアカウントをPCのOutlookアプリに設定してフォルダー表示にします。自分が使ったOutlook 2013では画面下の「…」から「フォルダー」を選択します。

outlook003

するとWeb画面で削除された予定表が「削除済みアイテム」フォルダーにそのまま入っていますので削除します。予定表を右クリックして「予定表の削除」を実行するか、ほかに消えて困るものがなければ削除済みアイテムを右クリックして「フォルダーを空にする」でもよいでしょう。

outlook004

すると予定表が完全に削除され、次回同期時に各アプリからも削除されます。なお削除が反映されるまでに少し時間がかかるようです。削除されないときはアカウントの再設定や(iOSやAndroidでは)設定メニューの「アカウントの更新」を試すとよいかもしれません。

outlook006

思うに、iOSやAndroid、Windows 10の各アプリでは予定表が削除済みアイテムに入っても削除と解釈されず見えてしまう不具合があるのでしょう。一方でWeb画面からカレンダーを削除したときに内部的に削除済みアイテムに残る仕様も、それはそれでどうかと思います(Web画面で追加と削除を繰り返せば削除済みアイテムがどんどん増えることになります)。

Outlook.comはWebアプリ画面の改造を最近行ったようなので、そのあたりで外部画面と内部処理、アプリとの連携の不整合が起こっているのでしょう。Microsoftには根本解決を図ってほしいところですが、とりあえず困っている人はこの方法をお試しいただければと存じます。