タグ別アーカイブ: MVNO

イオンモバイルのカタログをもらってきた


2/26からイオン自身がMVNOとなってサービスを開始した「イオンモバイル」。今日(2/28)イオン札幌苗穂店でカタログをもらってきました。

表紙はこんな感じ。内容も機種や料金プラン、申し込みに必要な書類の説明など、全体にMNOを強く意識したデザインレイアウトになっており、イオンに来店したお客様にとってのMNOのような存在になろうというイオンの強い意志を感じます。

aeonmobile_001

カタログ内容の詳細は以下をご覧ください。

aeonmobile_001aeonmobile_010

aeonmobile_002aeonmobile_003

aeonmobile_004aeonmobile_005

aeonmobile_006aeonmobile_007

aeonmobile_008aeonmobile_009

イオンモバイルの他MVNOに対する強みとして、イオン実店舗で申し込み受付が可能なことが挙げられますが、自分が行ったときにはシステムトラブルで申し込みができない旨張り紙がありました。

Webページでも以下のようなお知らせが。

イオンモバイル システムメンテナンスのお知らせ (イオンデジタルワールド)

申し込んでみようかという気持ちもちょっとだけあったので、出鼻をくじかれた感じで残念。

【買った】SIMつきデジモノステーション


20151228_105548638_iOS

so-netの500MB/月までならば月額0円というMVNO SIMが付録の雑誌「デジモノステーション」。先に発売された地域では入手困難になっているようですが、札幌では12/28に発売開始された様子で、札幌駅近くのコンビニに2冊あったのを1冊捕獲してきました。

特に問題になるようなこともなく、普通にアクティベーションを完了。とりあえずサブ機となったXperia Z SO-02Eに入れてLTE通信を確認しました。ほとんどカーナビ専用になっているので使うデータ量はたかだか知れており、500MBまで0円というサービス仕様がぴったりはまります。もう少し評価しますが、問題なければ今までのMVNO SIMを1枚減らせるかもしれません。

雑誌本体はこれから読みます。

【S-MAX・記事掲載報告】年末企画:2015年まとめ


【年末企画】MVNOとSIMフリースマホ大躍進の裏で、故障などの「異常系」対応への課題を実体験した2015年(アプリ開発エンジニア・えど編) (S-MAX)

2015summary_0012015summary_index

毎年年末恒例の2015年まとめ、トップバッターを務めさせていただきました。自分の2015年まとめといえばやはりSIMフリースマホ修理体験2件(ZenFone 2arrows M02)をおいて他にないでしょう。SIMフリースマホが普及するのはいいのですが、もうそろそろ端末故障対応を考えたほうがよい時期に来ていると思うんですよね。故障上等、スペアはいくらでもあるというユーザーばかりではないのですから。

それにしても今年の購入スマホはSIMフリーばかりでした。2年間割引とか機種変更手続きとか面倒なことを考えなくてよいのでついつい衝動買いしちゃうんですよねw。来年はau(GALAXY S5)とSoftBank(iPhone 6)が買い替え年なのですが、それ以外にSIMフリースマホも積極的に買っていくことになりそうです。

【祝対応】ついに収束へ! IIJmioでDNSがタイムアウトして通信が詰まる事象


最初に事象に気づいたのは2015/10/29でした。それ以来IIJmioのサポートTwitterとやり取りしたり、自分で別MVNOのSIMを調達して切り分けを試みたり、2週間ほど色々とやってきました。

【調査中】Nexus 5X + IIJmioで通信が遅い(詰まる)事象について (2015/10/29)

【検証】IIJmioの通信が遅い(詰まる)問題はDNSが原因? (2015/11/1)

【調査してみたが結論は出ず】IIJmioのDNSがタイムアウトする事象 (2015/11/7)

で、ついに、IIJmio様で何らかの対応をしていただけたようです。

確かにこの対応が行われた11/10以降、IIJmioの通信が目に見えて安定しました。DNSの名前解決に失敗しなくなった結果、通信の詰まりが感じられなくなりました。Twitterで同じ事象が発生していると情報をいただいた方の状況も改善されたようです。

一度事象が解決してしまえば、IIJmioは非常に安定して使えています。もちろん平日12時台のような高トラヒック時間帯では速度が落ちますが、MVNOならばそれは多少仕方ないでしょう。個人的には及第点かと。

本件はこれで一応解決かなと思いますが、望むらくはIIJmio様には今回の事象の原因と対応方法を概要だけでも紹介してほしいと思います。技術寄りになって難しいならばIIJmio meetingのネタにするのはどうでしょうか。

※本件についてはIIJmio様より以下のコメントを頂いております。

また今後も通信の安定を継続して確保していただけるよう、IIJmio様には引き続きよろしくお願いいたしたく存じます。

【調査してみたが結論は出ず】IIJmioのDNSがタイムアウトする事象


Nexus 5XでIIJmioの通信が「詰まる」事象(記事1記事2)で、改めてIIJmioにおけるDNS関連の挙動をいろいろ調べてみました。

【環境】

・IIJmio 音声SIM
・ZTE Blade Vec 4G
・アプリ「Ping & DNS
・Google Chrome 46(Android)

【事象】

Chromeブラウザでブックマークから異なる複数のWebページを次々表示させていると、あるタイミングでページを読み込まなくなります。平日12時台など混雑時に発生することが多いですが、非混雑時にも発生する場合があります。多くの場合はしばらく待つと読み込みを開始しますが「DNS PROBE_FINISHED_NO_INTERNET」エラーページが出てしまう場合もあります。

image

事象発生中、Ping & DNSアプリで任意のDNS問い合わせを試みるとタイムアウトします。

image

DNS問い合わせ時にUDPではなくTCPを利用すると事象発生中でも正常に名前解決ができます。

image

Ping & DNSアプリでDNSサーバーにGoogle Public DNS(IPアドレス:8.8.8.8)を指定しても上記状況には変化がありません。

【推論】

素人の推論ですが、以下のような印象を受けます。

  • UDPを用いたDNSクエリを複数回行うと一定時間DNSクエリのレスポンスがなくなる。TCPなら問題ない
  • Google Public DNSでも事象が変わらないことから、問題はDNSサーバーではなくそこに到達するまでのネットワークにある
  • IIJmioにはUDPの流量制御のようなものが存在して、UDPを用いたDNSクエリがそれに引っかかっている?

UDPは動画ストリーミングやVoIPといった(通信量が多い)用途に用いられることが多く、帯域単位でMNOにお金を払っているMVNOが流量制御を行っていたとしても不思議ではありません。まあ本当のところはIIJmioの中の人にしかわからないでしょうから、しょせん素人の戯言ですね。