タグ別アーカイブ: @nifty

v6プラスの通信速度が振るわない件&PPPoEに簡単に切り替える方法


自宅でJPNEが提供するIPv4 over IPv6サービス「v6プラス」を利用している(プロバイダは@nifty)のですが、何気に速度測定をしてみました。おなじみのspeedtest.netで、サーバーは東京(Alocac, Inc.)。こちらがv6プラスを利用したときの速度。

speedtest1

一方、こちらは@niftyのPPPoEを利用したときの速度。

speedtest2

v6プラスはIPv4通信をIPv6通信上で行うことによりフレッツ光ネクストの速度制限(ファミリー ハイスピードで200Mbps)を迂回し、下り最大1Gbpsを実現することが売りなのですが、少なくともspeedtest.netの測定ではv6プラスの意味があまりない状態になっていましたorz。当方札幌で測定サーバーから遠いことも影響しているかもしれません。

なおv6プラスの有効・無効は、

http://<HGWのIPアドレス>:8888/t

からアクセスできる「IPv4設定」の「高度な設定」-「IPv4 ON/OFF設定」で設定できます。ここでIPv4を無効にすると、HGWのPPPoE設定が有効になります。あらかじめHGWに有効なPPPoE設定が行われている場合は「IPv4 ON/OFF設定」の切り替えだけでv6プラスとPPPoEのIPv4を切り替えて使えます。

image

v6プラスのIPv4はアドレス共有型なのでPPTP VPNが通らないなどそれなりに癖もあるため、PPPoEに切り替えできる環境を作っておくと便利かもしれませんね。

「v6プラス」のIPv4でできること、できないこと


v6プラスを使うことで、利用できないサービスはありますか。 (@nifty)

@nifty(提供元はJPNE)のIPv4 over IPv6サービス「v6プラス」におけるIPv4は、上位ネットワークにおいてIPv4グローバルアドレスが共有されるため、一部サービスが利用できなくなります。利用できないサービスについて、具体的には以下のようにアナウンスされています。

・@niftyフォン
・固定IPサービス
・以下の条件にあてはまる場合、ご利用いただけない場合があります。
※ 特定のプロトコル(PPTP、SCTP)を利用するサービス
※ 利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス
※ IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

「IPv4グローバルアドレスを共有するネットワーク」であるため、自宅サーバー等グローバルIPv4アドレスを使用する利用方法はできないのは間違いないのですが、それ以外の実用ベースで使われることが想定されるサービスをいろいろ試してみました(ただしIPv6のおかげで正しく動いている可能性があることは留意しておく必要があります)。なお以下でiPhone/Androidを使用した場合は、特に記述のない限りモバイルデータ通信はOFFにしています(つまりv6プラスでの通信が保証される)。

—-
【1. プッシュ通知】

iPhoneのAPNS、AndroidのGCMとも正常に動作しました。なおiPhoneはFacebook メッセンジャー、Androidは拙作「札幌地下鉄Push」の開発環境で確認しました。

【2. メールのリアルタイム着信】

iPhone(Outlook.comアカウントをメールアプリに設定)、Android(Gmailアプリ)で試した限りリアルタイム着信に問題はありませんでした。

【3. VoIPアプリ】

Skype、LINE、カカオトーク、Google ハングアウトを用いて、iPhone版とAndroid版を用いて片方を携帯電話網、もう片方をv6プラスにして通信を確認しましたが、メッセージの送受信、通話(音声・ビデオ含む)の発着信・通話とも正常に動作しました。

言うまでもないことなのですが、通常のWebブラウジングやアプリのダウンロードで問題は発生していません。

【4. サーバー管理】

SSH、FTP、SFTPは問題なく通りました。
—-

まだv6プラスを使い始めて日が浅いので何とも言えないのですが、全体的にはうまくグローバルIPv4アドレス共有を意識させないようにしているなという印象です。自宅サーバーやらポート固定してのゲーム運用やらを考えると厳しいところもありますが、一般的な利用には問題がなさそうです。

ついに「v6プラス」開通! さっそくいろいろ調べてみる


@nifty光ライフ with フレッツ (@nifty)
IPv6接続サービス「v6プラス」の提供開始について (@nifty)
フレッツ 光ネクスト IPv6 IPoE対応プロバイダ (NTT東日本)

【5/27】@niftyに電話して6/1付の加入手続きを依頼

【6/5】@niftyスタートキットが届き、とりあえずIPv4(PPPoE)を@niftyに切り替え

【6/11】支払方法の登録が完了したものの料金コースが「常時接続開通待ちコース」のまま。7月まで待ち

【7/2】料金コースが「@nifty光ライフ with フレッツ」に変更されたので「v6プラス」申し込み

【7/4】NTT東日本から電話が来ていろいろ案内され、ルーター交換日とv6プラス開始日が確定

【7/4夜】自宅から「フレッツ・v6オプション」を申込

【7/6】IPv6 IPoEが使えるようになっていた

【7/9】工事が入りルーター交換

【7/10朝】v6プラスが開通していた←今ここ

昨日(7/9)v6プラス対応ルーターへの交換が終わったのですが、すぐには使えるようになりませんでした。翌朝試したところv6プラスが開通しており、PPPoEを使わずにIPv4/IPv6の通信ができるようになっていました。

さっそくいろいろ試してみました。

【IPv4のホスト名】

確認くん」で見てみたところ「v4.enabler.ne.jp」というホスト名になっていました。@niftyのサービスとはいえ、実態はJPNEが提供しているので、ホスト名もそれを反映しているのでしょう。

【速度】

一番気になるのではないでしょうか。限界速度が測定できるRadishのマルチセッション版スピードテストを試したところ、下りは670Mbps程度、上りは90Mbps程度になりました。下りのほうは売り文句通り1Gbpsを確保しているようですが、上りがなんとなく100Mbpsでリミッターがかかっている雰囲気。

v6plus_speedtest

いろいろ調べてみると、NTT東日本のフレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプでは、IPv6 IPoEでも上りは100Mbpsに制限されている様子。他社ですがこちらに詳しくまとまっています。

インターネット(IPv6 IPoE)接続について (IIJmio)

他社との競争が激しいNTT西日本エリアでは、ハイスピードタイプでも200Mbps、「スーパーハイスピードタイプ 隼」では1Gbpsになるそうです。フレッツについては本当に西高東低ですね。一般家庭での使用では上りの絶対速度はそれほど重要ではないので、とりあえずはよいことにしておきます。

【LSN】

v6プラスのIPv4は「Large Scale NAT」と呼ばれているもので、要するにプロバイダー側でもNATを用いてIPv4アドレスを節約しているためグローバルIPv4アドレスが付与されないというものです。このため自宅サーバー的な利用はできないほか、特殊なプロトコルを用いるアプリも仕様に支障が出る可能性があります。今のところ不便を感じるところはないのですが、こちらは継続的に調べてみようと思います。とりあえずLINEの無料通話とチャット、Skypeの発着信(通話はできる環境がなかったので未検証)は正常に動きました。

今のところ全体的に満足度は高いです。わざわざルーターを交換してまで乗り換えるべきかは微妙かもしれませんが、新しい物好きの人は試して損なしと思います。

「v6プラス」対応ルーターへ交換もまだv6プラスは使えるようにならず


@nifty光ライフ with フレッツ (@nifty)
IPv6接続サービス「v6プラス」の提供開始について (@nifty)
フレッツ 光ネクスト IPv6 IPoE対応プロバイダ (NTT東日本)

【5/27】@niftyに電話して6/1付の加入手続きを依頼

【6/5】@niftyスタートキットが届き、とりあえずIPv4(PPPoE)を@niftyに切り替え

【6/11】支払方法の登録が完了したものの料金コースが「常時接続開通待ちコース」のまま。7月まで待ち

【7/2】料金コースが「@nifty光ライフ with フレッツ」に変更されたので「v6プラス」申し込み

【7/4】NTT東日本から電話が来ていろいろ案内され、ルーター交換日とv6プラス開始日が確定

【7/4夜】自宅から「フレッツ・v6オプション」を申込

【7/6】IPv6 IPoEが使えるようになっていた

【7/9】工事が入りルーター交換←今ここ

本日自宅に工事が入り、ルーターが交換になりました。いままでのPR-S300SEからPR-S400KIへ。工事費用は税抜き11,100円(税込11,655円)。

PR-400KI

あとはネットワーク側だけの都合で「v6プラス」が使えるようになるはずなのですが、今のところIPv4での通信はまだできず、とりあえずPPPoEでつないでいます。v6プラスが適用されるのを首を長くして待っています。

「v6プラス」のルーター交換工事前にIPv6 IPoEだけ先に有効になった


@nifty光ライフ with フレッツ (@nifty)
IPv6接続サービス「v6プラス」の提供開始について (@nifty)
フレッツ 光ネクスト IPv6 IPoE対応プロバイダ (NTT東日本)

【5/27】@niftyに電話して6/1付の加入手続きを依頼

【6/5】@niftyスタートキットが届き、とりあえずIPv4(PPPoE)を@niftyに切り替え

【6/11】支払方法の登録が完了したものの料金コースが「常時接続開通待ちコース」のまま。7月まで待ち

【7/2】料金コースが「@nifty光ライフ with フレッツ」に変更されたので「v6プラス」申し込み

【7/4】NTT東日本から電話が来ていろいろ案内され、ルーター交換日とv6プラス開始日が確定

【7/4夜】自宅から「フレッツ・v6オプション」を申込

【7/6】IPv6 IPoEが使えるようになっていた←今ここ

@nifty(サービス提供元はJPNE)のIPv4 over IPv6サービス「v6プラス」の工事(というか対応ルーターへの交換)を控えた今日(7/6)、IPv6インターネットへの接続(IPv6 IPoE)だけ先に有効になっていました。v6プラス対応ルーターでなくてもIPv6部分だけは使えるようになるみたいですね。

というわけでしばらくぶりにKDDIのWebページで「via IPv6」が表示されるようになりました。まあ使い勝手は変わらないんですけどね。

image