タグ別アーカイブ: OLED

Androidアプリ「OLED Ageing」を更新しました


OLED Ageing (Google Play)

有機EL端末のステータスバー部分が焼き付くのを何とかしたい(何とかなるとは言ってない)アプリ「OLED Ageing」を超ひさびさにアップデートしました。今回のアップデートで画面下部ナビゲーションバーの非表示にようやく対応しました。

起動直後は以下のようにナビゲーションバー非表示で、

oled_ageing_001

画面をタップするとナビゲーションバーが出てきます。もう一度タップすると消えます。

oled_ageing_002

そのほか、高解像度端末でステータスバー高さが正しく自動設定されない事象を修正しています。また内部的な話ですが、このバージョンからバックエンドをGoogle I/O 2016で発表されたばかりのFirebaseに移行しました。AnalyticsやAdMob、Crash Reportingなどが組み込まれています。単に自分がFirebaseを評価してみたいだけなのですが、どの程度使えるのか楽しみ。

ディスプレイが曲がるとどうなる? Samsungの曲面有機EL「GALAXY Round」


Samsung、5.7インチの曲面ディスプレイ端末「GALAXY Round」発表 (ITmedia)

曲がるといっても下敷きのように自在に曲がるわけではなくて、曲率が固定の硬いディスプレイというか、とにかくリンク先を見ていただければご理解いただけるかなと思います。

公式ブログのコメントにも「曲げてどうする?」的な内容が書かれていましたが、これは何かのために曲げるのではなくとにかく曲げるという目標が先にあっての製品ですね。製品を通してディスプレイを曲げるノウハウを蓄積して、来るべき本当のニーズ(何かはわかりませんが)に備えるという。有機ELの利用シーンを拡大する試金石となる重要な製品と言えます。

単純に製品としてみた場合、動画再生などを考えてむしろ横画面で曲がる方向のほうが面白いなと(縦画面でとても使いづらそうですが)。

OLED(有機EL)搭載Android端末のステータスバー領域焼き付きを何とかしたくてアプリ作った「OLED Ageing」


OLED Ageing (Google Play)

GALAXY SII WiMAX ISW11SCを現状メイン機として運用中ですが、気になるのは有機EL特有の焼き付き現象。デモ端末ではずっと同じ絵柄を表示し続けるため、絵柄の跡がくっきり残ってしまっている端末が店頭に散見されますが、私の端末は幸いあそこまでひどいことには現状なっていません。ただ、画面上部ステータスバーは(フルスクリーンを使うアプリでない限り)常に黒い表示で、他の部分と発光時間が全く異なるため、フルスクリーン真っ白の画面を表示させた時など明らかにステータスバー領域だけ色味が違うようになってきて、若干気になっていました。

「だったら逆にステータスバー領域だけ発光させてつじつま合わせればいいじゃない?」という発想で作ったのがこのアプリ。起動するとこんな画面になります。

SC20120526-162703

普段ステータスバーが表示されるところは白、それ以外は黒という状態です。これでしばらくほうっておいて、ステータスバー部分も他の部分と同じように(ある意味)「劣化」させれば色味が合うはず。

ステータスバー高さは自動設定されますが、変態端末に備えて手動設定も可能。またメイン画面表示中にはスリープしないようになっていますが、この設定を解除することも可能です。

SC20120526-162725

100%自分のために作ったアプリで、ついでにGoogle Playに公開しただけという状態です。使ってみたいという奇特な方は、ぜひご自身の責任のもとでご利用ください。画面を表示させ続けると最悪ステータスバー領域だけが逆に劣化が進むこともありうるのでご注意を。