タグ別アーカイブ: Outlook

【不思議】Microsoft アカウントはPC版Outlookに設定したかどうかでフォルダ構成が変わる?


【暫定解決策】Outlook.comのWebアプリで削除した予定表がアプリに残った時はPCのOutlookで「削除済みアイテム」を確認という記事を書いたときに、Microsoft アカウントのうちいくつかをOutlook 2013に設定して同期させたのですが、同期させたアカウントとそうでないアカウントでフォルダ構成が違うことに気づきました。

下図はAndroid版Outlookアプリで、Outlook 2013に同期したアカウント(写真=左)としていないアカウント(写真=右)のフォルダを表示したものです。Outlook 2013に同期後は「同期の失敗」というフォルダとそのサブフォルダが増えていることが分かります。また共通するフォルダも「下書き」「迷惑メール」など日本語に変更されています。

image

使う上で大した支障はないのですが、アカウントによって表示が違うのがちょっと気になったりします。

【暫定解決策】Outlook.comのWebアプリで削除した予定表がアプリに残った時はPCのOutlookで「削除済みアイテム」を確認


【注意喚起】Outlook.comのWebアプリで予定表(カレンダー)を削除してもWindows 10のカレンダーアプリでは削除されない

という内容の記事を以前書きましたが、なんとなく暫定の解決策が見えたのでご報告。

まず事象を説明します。Outlook.comのWebアプリで予定表(カレンダー)を削除します。outlook001

Web画面上では正しく削除されますが、iOSやAndroidのOutlookアプリ、Windows 10の「カレンダー」アプリではカレンダーが削除されず残ってしまいます。

outlook002

ここからが解決策です。問題が起こったアカウントをPCのOutlookアプリに設定してフォルダー表示にします。自分が使ったOutlook 2013では画面下の「…」から「フォルダー」を選択します。

outlook003

するとWeb画面で削除された予定表が「削除済みアイテム」フォルダーにそのまま入っていますので削除します。予定表を右クリックして「予定表の削除」を実行するか、ほかに消えて困るものがなければ削除済みアイテムを右クリックして「フォルダーを空にする」でもよいでしょう。

outlook004

すると予定表が完全に削除され、次回同期時に各アプリからも削除されます。なお削除が反映されるまでに少し時間がかかるようです。削除されないときはアカウントの再設定や(iOSやAndroidでは)設定メニューの「アカウントの更新」を試すとよいかもしれません。

outlook006

思うに、iOSやAndroid、Windows 10の各アプリでは予定表が削除済みアイテムに入っても削除と解釈されず見えてしまう不具合があるのでしょう。一方でWeb画面からカレンダーを削除したときに内部的に削除済みアイテムに残る仕様も、それはそれでどうかと思います(Web画面で追加と削除を繰り返せば削除済みアイテムがどんどん増えることになります)。

Outlook.comはWebアプリ画面の改造を最近行ったようなので、そのあたりで外部画面と内部処理、アプリとの連携の不整合が起こっているのでしょう。Microsoftには根本解決を図ってほしいところですが、とりあえず困っている人はこの方法をお試しいただければと存じます。

【注意喚起】Outlook.comのWebアプリで予定表(カレンダー)を削除してもWindows 10のカレンダーアプリでは削除されない


いやもうタイトル通りなんですけどね。最近なんとなくOutlook.com(Microsoft アカウントでログインして使うWeb上のカレンダー)で「日本の休日」を削除したんですよ(下の写真には「予定表」しか残っていませんが、もともとは「日本の休日」というカレンダーがありました)。

image

ところがWindows 10の「カレンダー」アプリ上では消えないという。そのあと動作確認で追加→削除した「test」やら「test2」やらといったカレンダーも取り残されてしまいましたよorz。アプリはWebの内容を単純に同期するだけなのでアプリから削除の動作はできず、かといってWebでは上写真のように削除済みでリストに表示されないためどうにもできません。

image

iOSやAndroidのOutlookアプリでも状況は変わらず。唯一PC版Outlook(Outlook 2013)では削除済みカレンダーが表示されませんでした。おそらく叩いているAPIの種類が違うのでしょう。

なんとなくOutlook.com側の不具合が疑われるこの事象、Microsoft コミュニティに質問中です。修正されればいいなあ。直近は「余計なカレンダーの追加・削除はしない」ということに尽きるかと。

【朗報?】独自ドメインのMicrosoft アカウントがoutlook.comドメインに変更可能になっていた


Outlook.com(旧Windows Live Mail)のカスタム ドメインは2014年7月31日以降、アカウントの追加や削除ができなくなっています。じゃあどうするんだという話がありますが、すでにカスタム ドメインのアカウントは通常のアカウントと同じ扱いになっているようで、カスタム ドメインのエイリアス(メールアドレス)とは別のエイリアス(outlook.comまたはoutlook.jpのメールアドレス)を定義してそちらをプライマリにすることができるようになっています。

自分もカスタム ドメインのアカウントを1個持っていたので、通常のアカウントに転換しておきました。OneDrive(旧SkyDrive)25GB時代のアカウントなので有効利用できてありがたいところ。

【悲報】Outlook.comの独自ドメインサービスが廃止。新規ドメイン・アカウント登録が不可に。


Google Appsが無料プランを廃止して以降、独自ドメインを用いたクラウドメールサービスとしてほぼ唯一の存在と言えたMicrosoftの「Outlook.com」(旧Windows Live メール)。正直普段あまり使っていなかったのですが、久々にログインしたらこんな内容のメールが。

Windows Live アドミン センターの変更に関する重要なお知らせがあります。 2014 年 4 月 10 日以降、Outlook.com ではカスタム ドメインの新規登録がサポートされなくなりました。 このサービスをご利用いただいているお客様には、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。 このメールでは、今後の予定とお客様がご利用いただけるオプションについてご説明いたします。

以下のスケジュールでサービス停止が行われます。

2014/4/10以降:独自ドメインの新規登録を停止
2014/7/31以降:すでに登録された独自ドメインでアカウント追加・変更を停止

既に存在するアカウント・メールアドレスは引き続き使えるようですが、実質的にサービス廃止ですね。Microsoftとしては「Office 365」の利用を推奨していますが、GoogleにせよMicrosoftにせよ、これから独自ドメインでクラウドメールを使おうと思えばお金を払うのが必須と言えそうです。

詳細はこちら。

カスタム ドメインを Office 365 に移行する (Microsoft)