タグ別アーカイブ: PLANEX

【買った】ダンボーのWi-Fiルーター


PLANEX DANBOARD Wi-Fiルーター DB-WRT01 (Amazon.co.jp)
PLANEX DANBOARD 無線LAN中継機 DB-WEX01 (Amazon.co.jp)

Wi-Fiルーターは据え置き型、ホテルルーターを含めてたくさん手元のあるのですが、なんとなく買ってみました。秋葉原に立ち寄った時にユニットコムにて購入。税込3,980円。なおほぼ同じ形状/パッケージで中継器もあるので購入時は間違わないように注意。

danboard_001

I/Oは給電用のmicroUSBとWAN/LANのRJ-45コネクタ(左がWAN、右がLAN、最大100Mbps)。ボタンは押す時間によりWPS(3~10秒)、再起動(10~15秒)、初期化(15秒)と機能が変化します。ダンボーの世界観を優先してか印字が一切ないので、WANとLANを間違って接続しないように注意。

danboard_002

側面には目の光りかたを切り替えるスイッチ。消灯(スイッチ=上)、ステータス点滅(スイッチ=中)、常に点灯(スイッチ=下)を切り替えます。やはり説明の印字はありません。

danboard_003

裏面にはリボルテックダンボーの胴体と合体できる穴など。写真では黒塗りしていますが、SSIDやパスワードなどの初期設定情報はここに記載されています。

danboard_004

WEB設定画面もダンボーデザインです。主な機能はルーター/AP切り替え、Wi-Fi SSID設定、ルーター時のPPPoE設定、管理画面パスワードの設定、初期化などが可能。このルーターの性質上あまり使われないでしょうがゲスト機能(ゲスト専用のSSID/パスワードを設定、接続時のランディングページを指定可能)もあります。

danboard_005

Wi-Fi機能は802.11n(2.4GHzのみ)のスペック最大300Mbpsと、最近のルーターとしては凡庸です。まあダンボーのファンアイテムなのでこんなところでしょう。スペック的に無理をしていないせいか意外と安定しており、自宅で数時間使った限りで怪しい挙動は見せませんでした。それなりにかさばるのでホテルルーター的な運用は難しいでしょうが、そのサイズゆえに放熱は安定しており、異常に熱くなるということはありませんでした。

実用的にどう使うかは難しいところですが、これはやはりリボルテックダンボーと合体して他のフィギュアと並べつつ、スペックにこだわらない範囲でWi-Fi接続を楽しむという位置づけでしょうか。

802.11ac正式版、プラネックスもアップデートなしで対応


プラネックス製品の11ac正式対応のご案内 (PLANEX)

1/10にリリースが出ていたのを見逃していました。他社同様既存のドラフト版製品はアップデートなど必要なく、そのまま11ac正式版対応するとのこと。

これで国内販売されているWi-Fi機器メーカーで発表が出ていないのはコレガ、ASUS、NETGEARくらいですかね。

PLANEXの仮面ライダー系無線LANアダプタ再び「GW-USFang300」


GW-USFang300 (PLANEX)

PLANEXのUSB無線LANアダプタには「GW-USWExtreme」という前科がありますが(詳細はこちら)、今回の「GW-USFang300」もなかなか。

image

どこかで見かけた白と黒…\ファング!/\ジョーカー!/という感じですねw。

この調子だと赤・黄・緑の3系統のアンテナを備えて450Mbpsに対応した「GW-USOOO450」とか出しそうww

GW-USFang300

地雷爆発!PLANEXの無線LANルーター「MZK-WG300NX」でIPv6が通らず!


MZK-WG300NX (PLANEX)

当時イーサネットコンバータ経由無線LANでつながっていた自宅PCの通信速度高速化をもくろんで導入したPLANEXの「MZK-WG300NX」。複数の不具合がユーザーから報告されており、一部では「地雷」と名高い(?)この製品を、「地雷を分離しておいしいところだけ使おう」と言わんばかりにAmazonで4,980円で購入しました(その時のブログ記事はこちら)。

MZK-WG300NX

極力地雷を踏まないようにと、ルーターモードを封印し、単なる無線LANアクセスポイントとして運用して、いままでそれなりに安定していました。しかしIPv6トンネル対応アダプタMA-100を導入し自宅LANをIPv6化した結果、隠されていた地雷がついに爆発してしまいましたとさorz。

症状としては、MZK-WG300NXを起動(電源を接続)してしばらく時間が経つと、このアクセスポイントに接続した機器にグローバルIPv6アドレスが割り当てられず、結果としてIPv6通信ができなくなるというもの。ルーターモードならともかくアクセスポイントモードで、プロトコルによって信号が通らないなんてありうるだろうかとも思い、MA-100の不具合も疑いましたが、以前に使っていたBUFFALOの無線LANアクセスポイントではIPv6アドレスが割り当てられることを確認したので、不具合の原因はMZK-WG300NXにあると見て間違いないかと思います。

まあIPv6自体まだまだ普及途上の規格ですし、十分なテストが行われていなかった事情は分からなくはないですが、でもMZK-WG300NXよりはるか前に発売されているBUFFALOのアクセスポイントは問題なくIPv6が使えているわけで、やはりお粗末かなと思います。

言いっぱなしはPLANEXに対して卑怯だと思いますので、とりあえず本件についてPLANEXに報告しておきました。修正されるか、あるいは仕様として処理されるかで、会社としての誠意を試せるかなと。

IPv4オンリーであれば今まで安定して動いており、通信速度もそこそこ出ていたので、正直ちょっと残念です。このまま修正されなければ、安物買いの銭失いを地で行くことになってしまいますねorz。

Wi-Fiアンテナは置く位置が大事という話


自宅PCの無線LANをスピードアップしたくて、アクセスポイントやらUSB子機やらいろいろ買い込んでいます。

アクセスポイント:MZK-WG300NX (PLANEX)
USB子機:GW-USHyper300 (PLANEX)

両方ともPLANEXになってしまったのはたまたまです。で、最初USB子機をデスクトップPCの裏側のUSBに接続していたのですが、インターネットの通信速度で20Mbps以下になることもあるくらい(802.11nにしては)遅いのです。もしやと思い、USB延長ケーブルで子機を前側(アクセスポイントに近い側)に引き出してやると一気に速度が50~60Mbpsくらいまでアップしました。

いろいろ試行錯誤の結果、いまはここ、デスクトップPCの隅っこに鎮座しています。

DSC_0074

この状態で、BNRスピードテストで66.84Mbpsを記録。うちは光ファイバの引き出し場所とPCの利用場所が離れているので、接続には無線LANを使うしかないのですが、これで実用上十分な速度を確保できました。MZK-WG300NXはいろいろな不具合が報告されていて、一部では「地雷ルーター」とも言われていますが、うちでは何度か設定画面が反応しなくなった以外は問題なく使えています(設定画面が反応しないときは電源を一度抜けば復帰します)。4,980円(Amazon)の割にはいい働きをしてくれるアクセスポイントかと。