タグ別アーカイブ: PowerDirector

CyberLink PowerDirectorでプロジェクトファイルを移動する方法


動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector」において、動画の編集情報などは拡張子「pds」のファイルに保存されます。私はこのpdsファイルと、動画編集に使った各種素材(ムービー、画像、音楽などのファイル)を1つのフォルダに入れてワンセットで管理しているのですが、別のHDDにこのワンセットを移動させてからpdsファイルを開いてみると、素材ファイルへのリンクがことごとく壊れてしまいます。

これはpdsファイルが素材のファイルパスを全て絶対パスで管理しているためです。ちょっと困ったなと思いつつ、pdsファイルをテキストエディタで開いてみると、全ての編集情報がプレーンテキストで書いてあったので、テキストエディタで素材のファイルパスに置換をかけて移動後のパスに書き換えたところ、素材ファイルが正常にPowerDirectorに現れるようになりました。もちろん公式にサポートされる手順ではないので、もし実行される時は自己責任で。

私の使い方ですと、素材へのファイルパスはpdsファイルを起点にした相対パスで持ってもらったほうが、プロジェクトのポータビリティを確保できていいのですが、なんとかならないものでしょうか->CyberLink様。

iPhone 4のHD動画をデジイチ動画と比較


iPhone 4のHD動画 (iPhone 4 HD Movie)

iPhone 4ではHD動画(1280×720)の撮影が可能になりました。どの程度実用になるか、とりあえず手近にあった札幌大通公園の噴水を試し撮り。同一条件でデジイチ(Canon EOS Kiss X3)でも動画撮影し、編集でつなげてみました(編集:CyberLink PowerDirector 8)。個人的にはiPhone 4の動画も十分実用域にあるかと思いますがどうでしょうか。

この夏はiPhone 4以外にもHD動画を撮影できる携帯電話が複数登場しています。ケータイでHD動画を撮影して気軽に公開するというブームがちかぢか来るかもしれませんね。

CyberLink PowerDirectorの画質改善技術「TrueTheater」を試す


CyberLink様よりバックアップをいただいて、動画編集ソフト「PowerDirector 8」の使い勝手を紹介していくシリーズ記事、今回は手始めということで、PowerDirectorが持つ画像改善技術「TrueTheater Technology」を紹介します。

「TrueTheater Technology」は、動画の画質を改善するCyberLinkの技術の総称です。今回はぼやけた映像をはっきりさせる「TrueTheater HD」を試します。機能の使い方は、インポートしたクリップを選択して「補正/強調」をクリックし、「強調」の「ビデオエンハンスメント」を有効にするだけ。レベルを調整することも出来ますが、今回はデフォルト値をそのまま使いました。

image

結果は以下でごらんいただけます。 噴水の水が弾ける様子や、後ろに見える建物の鮮鋭感、右上の樹木の再現度などに注目してみると差がよくわかると思います。

CyberLink PowerDirector 8の「TrueTheater」を試す(元の動画) (YouTube)

CyberLink PowerDirector 8の「TrueTheater」を試す(アップスケールのみ) (YouTube)

CyberLink PowerDirector 8の「TrueTheater」を試す(処理済み) (YouTube)

元の動画をそのままHD解像度で拡大再生すると(プレーヤーにもよりますが)細かい粗がたくさん見えてしまい、お世辞にも画質が良いとは言えません。その点、2番目のPowerDirectorでアップスケールしたものは、HDでもそれなりに見れるようになっています。さらにTrueTheater HDを適用した動画は、コントラストと輪郭が抽出され、パッと見元気のよい、一般受けしそうな画質になりました。反面、コントラストを強調するあまり、画面右上の樹木の部分が黒つぶれしているのも事実ですね。このあたりは効果の強さを調整しながら最適値を出していく必要があるのでしょう。

今回はPowerDirector 8が持つ高画質化技術「TrueTheater Technology」のうち、ぼやけた映像をはっきりさせる「TrueTheater HD」の効果を検証しました。結果、SD解像度の動画にTrueTheater HDを適用することで輪郭やコントラストが強調されることが確認できました。ただし、最適な効果の強さは手動で調整する必要があります。初心者が簡単に使うことを考えると、「もうこの設定でバッチリよ!」的な自動調整機能が欲しいところですが、そのへんは次バージョンに期待したいところです。

【予告】バリいくつ × CyberLinkコラボ企画


私がビデオ編集ソフト「PowerDirector」を使い始めたのが縁で、CyberLink様よりご支援をいただき、私がPowerDirectorなどCyberLink製品を利用して快適な動画ライフを過ごす様子をブログで紹介する企画を立ち上げました。

すでにPowerDirectorでいくつかの動画を作成してYouTubeにアップしていますので、興味のある方はご覧になってみてください。慣れない動画編集ですが、みて具合悪くはならないと思いますのでw。

今日の気分はバリいくつ? (YouTube)

image

先日入手したiPhone 4がHD動画の撮影に対応しているということもあり、当面はiPhone 4とPowerDirectorで始める動画ライフというテーマで、いろいろとやってみようと思います。まあいつものことでコンセプトがブレまくるかもしれませんがw、ぼちぼちよろしくお願いいたします。

CyberLink PowerDirectorでHD動画デビュー


CyberLink PowerDirector (CyberLink)

私の愛機EOS Kiss X3はオマケ機能ですがHD動画が撮影出来ます。ふとHD動画をYouTubeにアップして楽しみたくなり、編集ソフトを探してみました。Super LoiLoScopeVideoStudioと各ソフトの体験版を試してみましたが、個人的にPowerDirectorが一番手についたので、CyberLinkのWebサイトでUltraを11,800円で買ってみました。

画面はこんな感じ(クリックで実物大)。まだまだ使い込んでいませんが、素材があってタイムラインがあってトランジションがあってというのが個人的に非常にオーソドックスで気に入っています。

PowerDirector

さっそくやっつけ仕事で1本アップしてみました。

Flowers~大通公園周辺にて~ (YouTube)

今後は携帯電話の実機動作動画などをぼちぼちアップできたらいいなと。