タグ別アーカイブ: Qualcomm

USB PD対応モバイルバッテリーやACアダプターは意外とPD以外の急速充電に対応している


USB PD(Power Delivery)は、USBケーブルを利用して最大100W(20V/5A)の電力を供給できる規格です。スマートフォンなど、比較的電力の小さい機器への給電に利用されることが多いUSBですが、PDを利用すれば、より電力の大きいノートパソコンなどへも給電でき、スマートフォンの充電時間が短くなることも期待できます。最近ではスマートフォンのほか、AppleのMacBookやMacBook Proなどのノートパソコンにも、PD対応機器が増えてきています。

さて、最近購入したPD対応のモバイルバッテリーやACアダプターを利用して、PD未対応のスマートフォン(HUAWEI P9)を充電すると、なぜか急速充電になりました。PDとは別の急速充電規格であるQualcomm Quick Charge対応機器でもP9が急速充電になり、ちょっとわけがわからなくなったので、自分で調べてみることにしました。

続きを読む

Qualcomm、独禁法違反で排除命令


米通信大手、携帯特許巡り不当契約 公取委が排除命令へ (asahi.com)

第3世代携帯電話の中核技術であるCDMAの主要な特許を押さえているQualcommが、その特許をたてにしてメーカー側を不当に拘束する契約を結んでいたとして、公取委が排除命令を出すようです。

Qualcommがあまりに中核特許を握っていることからメーカー側としてはQualcommと契約を結ぶか、さもなくば携帯電話から撤退するかという選択になってしまいます。そのためメーカーの立場はどうしても弱くなり、Qualcommが特許権を侵害した疑いがあってもメーカー側から訴えを起こせない特許非係争(NAP)条項や、Qualcommがメーカー独自の特許を無償で使える無償許諾の条項が契約に含まれていたとのこと。

Qualcommの振る舞いに対しては、韓国やアメリカでも問題が指摘されており、日本がこれに続いた形になります。

アメリカではQualcommチップを搭載した携帯電話が輸入禁止になるなどしており、日本でも場合によってはQualcommチップが使えなくなるとか過激な展開もあるかもしれません。